設計機能(その1)機能とは

1.機能の定義

 TRIZでアイデアを出したり、VEでコストダウンをしたりする場合に、「機能」は、非常に重要な概念となります。これを正しく理解できれば、設計開発支援ツールの活用効果は大きくなります。大辞林によれば、機能は、「ある物が本来備えている働き。全体を構成する個々の部分が果たしている固有の役割。」とされています。
 
 また、VEでは、「最低の総コストで、必要な機能を確実に達成するため、組織的に、製品または、サービスの機能の研究を行う方法」と定義しています。そして、「V(価値)=F(機能)/C(費用)」の式を基に、モノやサービスの機能とコストのバランスを改善することによって価値の向上を図ります。そのためには、そのモノが果たしている働きを、機能として定義する必要があります。
 

2.機能の具体例

 機能は、そのものが持っている目的や、働きです。例えば、電線は“電流を伝える”ものであり、ネジは“部品を固定する”というように、名詞と動詞の2語で表現します。一般的に、働きを説明するときは、“100Aの電流を伝える”とか、“振動に耐えて固定する”のように、名詞や動詞の他に、形容詞や、副詞などの修飾語も用いられます。これらは、その働きの程度を表わすもので、VEでは、制約条件として、機能とは区別されています。
 
 機能表現に使用する名詞は、できる限り、測定可能な用語を使用します。力、熱、電力、光、音などのエネルギーや、時間、重量などの測定可能な名詞が用いられます。また、動詞は、アイデアが出やすいように、普遍的な用語を選びます。あまり論理的な表現をせず、平易に表現し、特に、否定的な表現は避けます。また、機能と性能は混同されないように、きちんと使い分けるべき重要な概念となります。「機能」は、性質や役割であって、直接数値化できないものです。また、「性能」は、具体的な指標として数値化できるものなのです。
 

セミナー「製品開発力強化と製品QCDをコントロールするプロジェクトマネジメント」

10:30 ~ 16:30 

江東区産業会館 第5展示室

49,980円

3.開発・設計段階での機能の設定と表現方法

 開発・設計段階では、ただ単に機能を定義すればよいわけではありません。具体的に深掘りしなければ、差別化できる製品とはなりません。顧客の顕在ニーズだけを深堀りして性能を向上させても、最終的には、価格競争になってしまいます。次のような方法で機能をブレークダウンします。まず、製品の本来の目的を「~を~する。」のように名詞+動詞の形に定義します。
 
 例えば、図1のように、扇風機の目的は、「涼を提供する。」となります。つまり、これが顧客の要求する働きとしての最上位機能になります。次に、設計仕様を形成するための基本機能を「風を作る。」と定義します。そして、基本機能に付帯する補助機能を、「~を可能にする。」、「~を美しくする。」と設定します。
 

<機能のブレークダウン法>

  ① 顧客が要求する働きとしての最上位機能:涼を提供する。(扇風機の目的)
  ② それを達成する基本機能:風を作る。
  ③ 基本機能を構成する補助機能(二次的機能):風の向きを変えられる。風量を増やす。外観を美
    しくする。
 
            
機能
図1.扇風機の機能とは
 

この記事の著者

粕谷 茂

「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のため、差別化技術力、自律人財創出を支援します。

「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のため、差別化技術力、自律人財創出を支援します。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「技術マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「粕谷 茂」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。