「人的資源マネジメント」のキーワード事例記事検索


230件中 1~20件目

開発現場における本当の危機(その2)

 前回のその1に続いて解説します。   1. メンタルヘルス問題を引き起こす出来事  メンタルヘルス問題に至った出来事についても紹介しておこう。図は…

 前回のその1に続いて解説します。   1. メンタルヘルス問題を引き起こす出来事  メンタルヘルス問題に至った出来事についても紹介しておこう。図は…

人的資源マネジメント:目的(その3)

◆ 内発的動機づけのエネルギー源「自分軸」  今回は、「自分軸」についてもう少し解説したいと思います。内発的動機づけには「自律性」「熟達」「目的」という…

◆ 内発的動機づけのエネルギー源「自分軸」  今回は、「自分軸」についてもう少し解説したいと思います。内発的動機づけには「自律性」「熟達」「目的」という…

『坂の上の雲』に学ぶ先人の知恵(その8)

   『坂の上の雲』は司馬遼太郎が残した多くの作品の中で、最もビジネス関係者が愛読しているものの一つでしょう。これには企業がビジネスと言う戦場で勝利をおさめ…

   『坂の上の雲』は司馬遼太郎が残した多くの作品の中で、最もビジネス関係者が愛読しているものの一つでしょう。これには企業がビジネスと言う戦場で勝利をおさめ…

「自分軸」を知る

 「自分軸」、そして、「自分軸」から導き出される「目的」が明確であればあるほど、自分の中にエネルギーが満ちあふれ、「自律性」や「熟達」のための行動ができるよう…

 「自分軸」、そして、「自分軸」から導き出される「目的」が明確であればあるほど、自分の中にエネルギーが満ちあふれ、「自律性」や「熟達」のための行動ができるよう…

人的資源マネジメント:目的(その4)

2. 不遇な時代が自分を育てたことに気づいた大賀さん  言われたことはきちんとやるが、自分から動いたり、新しいことに取り組む気にはならないという大賀さん…

2. 不遇な時代が自分を育てたことに気づいた大賀さん  言われたことはきちんとやるが、自分から動いたり、新しいことに取り組む気にはならないという大賀さん…

自発的なコスト改善意識が必要な理由

 一般的に企業の最大の目的は営利です。利益から従業員の給与を含めた会社の維持費、株主への配当が割り当てられます。また利益余剰は内部留保として基本的にはさらなる…

 一般的に企業の最大の目的は営利です。利益から従業員の給与を含めた会社の維持費、株主への配当が割り当てられます。また利益余剰は内部留保として基本的にはさらなる…

『坂の上の雲』に学ぶ先人の知恵(その9)

    『坂の上の雲』は司馬遼太郎が残した多くの作品の中で、最もビジネス関係者が愛読しているものの一つでしょう。これには企業がビジネスと言う戦場で勝利をおさ…

    『坂の上の雲』は司馬遼太郎が残した多くの作品の中で、最もビジネス関係者が愛読しているものの一つでしょう。これには企業がビジネスと言う戦場で勝利をおさ…

内発的動機づけに必要な要素とは

1. 目的と目標の違い (1) 内発的動機づけに必要な要素、「目的」  内発的動機づけに必要な要素は「自律性」と「熟達」、そして「目的」です。今回…

1. 目的と目標の違い (1) 内発的動機づけに必要な要素、「目的」  内発的動機づけに必要な要素は「自律性」と「熟達」、そして「目的」です。今回…

モチベーションを取り戻す方法

 持続的なやる気、すなわち、モチベーションを維持するのは本当は難しいものです。モチベーションが下がるときは必ずあり、それを解決するのは簡単ではありませんが、そ…

 持続的なやる気、すなわち、モチベーションを維持するのは本当は難しいものです。モチベーションが下がるときは必ずあり、それを解決するのは簡単ではありませんが、そ…

人的資源マネジメント:モチベーションとは(その1)

 会社や組織レベルでいろいろな取り組みが行われ、個人の能力向上が行われています。一方で、開発現場では、一人ひとりの能力の 50% も引き出せていないのではない…

 会社や組織レベルでいろいろな取り組みが行われ、個人の能力向上が行われています。一方で、開発現場では、一人ひとりの能力の 50% も引き出せていないのではない…

どこまでも成長するためのマインドセット

 内発的動機づけにつながりやすい目標に対する考え方では、「チームの中で打率一番になる」というような明確なゴール設定をするのは「遂行目標」とよばれ、これは自分に…

 内発的動機づけにつながりやすい目標に対する考え方では、「チームの中で打率一番になる」というような明確なゴール設定をするのは「遂行目標」とよばれ、これは自分に…

『坂の上の雲』に学ぶ先人の知恵(その10)

    『坂の上の雲』は司馬遼太郎が残した多くの作品の中で、最もビジネス関係者が愛読しているものの一つでしょう。これには企業がビジネスと言う戦場で勝利をおさ…

    『坂の上の雲』は司馬遼太郎が残した多くの作品の中で、最もビジネス関係者が愛読しているものの一つでしょう。これには企業がビジネスと言う戦場で勝利をおさ…

ProblemとTaskとは

 ビジネスマンであれば問題や課題を抱えています。問題や課題の無い仕事は存在しないと言って良いでしょう。経済同友会の企業の採用と教育に関するアンケート調査で、企…

 ビジネスマンであれば問題や課題を抱えています。問題や課題の無い仕事は存在しないと言って良いでしょう。経済同友会の企業の採用と教育に関するアンケート調査で、企…

限界を決めないマインドセットを手に入れる

1. マインドセットの分析  前回は「固定的知能観」と「拡張的知能観」のどちらの傾向があるのかを調べるチェックシットを紹介しました。今回はその分析方法を…

1. マインドセットの分析  前回は「固定的知能観」と「拡張的知能観」のどちらの傾向があるのかを調べるチェックシットを紹介しました。今回はその分析方法を…

人的資源マネジメント:モチベーションとは(その2)

   会社や組織レベルでいろいろな取り組みが行われ、個人の能力向上が行われています。一方で、開発現場では、一人ひとりの能力の 50% も引き出せていないので…

   会社や組織レベルでいろいろな取り組みが行われ、個人の能力向上が行われています。一方で、開発現場では、一人ひとりの能力の 50% も引き出せていないので…

信頼と信用の違い

 福島正伸というカリスマ・コンサルタントがいます。福島氏には数々の名言があるのですが、たまたま触れた次の言葉が心に残りました。    『1回で変…

 福島正伸というカリスマ・コンサルタントがいます。福島氏には数々の名言があるのですが、たまたま触れた次の言葉が心に残りました。    『1回で変…

コストを明確にして、評価できる人材を育成する(その2)

 コストを明確にして、評価できる人材を育成する過程を、二回に分けて解説していますが、その1に続いて解説します。今回は、その2です。   1.アウ…

 コストを明確にして、評価できる人材を育成する過程を、二回に分けて解説していますが、その1に続いて解説します。今回は、その2です。   1.アウ…

問題はモチベーション

 今年は、今年度は、今期は、絶対に   「ランニングして体重を落とす」「部屋の整理整頓を忘れずにやる」「月に2冊は本を読む」「毎週ブログを書く」「会議では…

 今年は、今年度は、今期は、絶対に   「ランニングして体重を落とす」「部屋の整理整頓を忘れずにやる」「月に2冊は本を読む」「毎週ブログを書く」「会議では…

3ムの中の第三番目とは

◆3ムの中の第三番目の『ムリ』とは何でしょうか  工程能力や製造能力の許容を越えた行動や、定められた決まりや手順から故意に逸脱する状態を指します。例を上…

◆3ムの中の第三番目の『ムリ』とは何でしょうか  工程能力や製造能力の許容を越えた行動や、定められた決まりや手順から故意に逸脱する状態を指します。例を上…

人的資源マネジメント:モチベーションとは (その3)

 モチベーションとは (その2)に続いて、解説します。   4. やれないのはモチベーションのせいか  今回は、実行のエネルギーの強さについて考…

 モチベーションとは (その2)に続いて、解説します。   4. やれないのはモチベーションのせいか  今回は、実行のエネルギーの強さについて考…

< 1 2 3 4 5 6...12