「技術マネジメント」のキーワード事例記事検索


133件中 101~120件目

擦り合わせ能力を活かすマネジメントとは(その1)

  前回は、「擦り合わせ型開発」と「組み合わせ型開発」のモデルを使って、開発体制について考察しました。擦り合わせ型開発と組み合わせ型開発それぞれの特徴を説明し…

  前回は、「擦り合わせ型開発」と「組み合わせ型開発」のモデルを使って、開発体制について考察しました。擦り合わせ型開発と組み合わせ型開発それぞれの特徴を説明し…

追求するのは擦り合わせ能力を活かすマネジメント(その2)

 前回のその1に続いて解説します。それでは、まず「調整」の仕組みについて考えたいと思います。最初に質問です。調整の仕組みが欠如した製品開発はどのような状態なの…

 前回のその1に続いて解説します。それでは、まず「調整」の仕組みについて考えたいと思います。最初に質問です。調整の仕組みが欠如した製品開発はどのような状態なの…

追求するのは擦り合わせ能力を活かすマネジメント(その3)

 前回のその2に続いて解説します。図15は製品開発(設計)における調整の仕組みを詳細化したものです。「可視化」「分析」「視点切り替え」3つの要素から成り立って…

 前回のその2に続いて解説します。図15は製品開発(設計)における調整の仕組みを詳細化したものです。「可視化」「分析」「視点切り替え」3つの要素から成り立って…

仕組み見直しとグローバル化(その1)

◆「気づき」能力向上のカギは製品開発経験の活用  前回は、日本の多くの開発現場で「組み合わせ型」アーキテクチャの製品を「擦り合わせ型」の仕組み(組織能力…

◆「気づき」能力向上のカギは製品開発経験の活用  前回は、日本の多くの開発現場で「組み合わせ型」アーキテクチャの製品を「擦り合わせ型」の仕組み(組織能力…

仕組み見直しとグローバル化(その2)

◆「気づき」能力向上のカギは製品開発経験の活用  前回のその1に続いて解説します。「気づき」能力は、擦り合わせ型開発を行う上で技術者が備えるべき基本的な…

◆「気づき」能力向上のカギは製品開発経験の活用  前回のその1に続いて解説します。「気づき」能力は、擦り合わせ型開発を行う上で技術者が備えるべき基本的な…

仕組み見直しとグローバル化(その3)

 前回のその2に続いて解説します。設計のカギを握っているリーダーの振る舞いは、開発のパフォーマンスやメンバー育成に大きな影響を及ぼします。したがって、リーダー…

 前回のその2に続いて解説します。設計のカギを握っているリーダーの振る舞いは、開発のパフォーマンスやメンバー育成に大きな影響を及ぼします。したがって、リーダー…

設計部門の仕組み改革(その1)

 前回まで、「擦り合わせ型」と「組み合わせ型」の視点から開発体制や開発マネジメントについて解説してきました。今回からは、システムやツールの導入を伴う設計部門の…

 前回まで、「擦り合わせ型」と「組み合わせ型」の視点から開発体制や開発マネジメントについて解説してきました。今回からは、システムやツールの導入を伴う設計部門の…

コアコンピタンスを生かした開発と販売の発展とは

        今回は、次のような想定企業の状況で、自社の独自技術を生かした製品開発と販売方法について解説します。   1. 想定企業の経…

        今回は、次のような想定企業の状況で、自社の独自技術を生かした製品開発と販売方法について解説します。   1. 想定企業の経…

設計部門の仕組み改革(その2)

 前回のその1に続いて解説します。システムやツールの導入を伴う設計部門の仕組み改革について、事例を使って解説します。仕組み構築を計画している場合、ゴール設定は…

 前回のその1に続いて解説します。システムやツールの導入を伴う設計部門の仕組み改革について、事例を使って解説します。仕組み構築を計画している場合、ゴール設定は…

設計部門の仕組み改革(その3)

 前回のその2に続いて解説します。理想追求型アプローチは、本質的にリスクを抱えています。それは、システムベンダーなどが紹介する事例や成果が、自分の組織に合うか…

 前回のその2に続いて解説します。理想追求型アプローチは、本質的にリスクを抱えています。それは、システムベンダーなどが紹介する事例や成果が、自分の組織に合うか…

テンプレート方式・データベース方式の図面管理とは

     今回は、金型メーカー・機械装置製造メーカーなど、社内で継続的に図面を更新していく場合の管理方法について解説します。ターゲットとしているのは、機械装…

     今回は、金型メーカー・機械装置製造メーカーなど、社内で継続的に図面を更新していく場合の管理方法について解説します。ターゲットとしているのは、機械装…

設計部門の課題と原因分析(その1)

 前回、『設計部門における仕組み構築の道のりは、ゴールに向かう一本道ではなく、いくつものルートがある山登りと同じである』と解説しました。これは、製品、技術、設…

 前回、『設計部門における仕組み構築の道のりは、ゴールに向かう一本道ではなく、いくつものルートがある山登りと同じである』と解説しました。これは、製品、技術、設…

設計部門の課題と原因分析(その2)

 前回のその1に続いて解説します。工数分析により大きく4つの課題を抱えていることを把握できたので、この設計部門の現状が明確になりました。次のステップは、このよ…

 前回のその1に続いて解説します。工数分析により大きく4つの課題を抱えていることを把握できたので、この設計部門の現状が明確になりました。次のステップは、このよ…

設計部門の課題と原因分析(その3)

 前回のその2に続いて解説します。前回の分析で進捗上の問題であることが明確になったので、次にその原因を分析しましょう。もしかすると、単純に進捗の問題にしてしま…

 前回のその2に続いて解説します。前回の分析で進捗上の問題であることが明確になったので、次にその原因を分析しましょう。もしかすると、単純に進捗の問題にしてしま…

設計部門の仕組み構築(その1)

 私は、設計部門における仕組み構築は下表のように山登りだと考えています。前回は、現状分析をもとに課題を整理し、その原因を分析することを通じて、現状課題が設計部…

 私は、設計部門における仕組み構築は下表のように山登りだと考えています。前回は、現状分析をもとに課題を整理し、その原因を分析することを通じて、現状課題が設計部…

設計部門の仕組み構築(その2)

 前回のその1に続いて解説します。  繰り返しになりますが、事例としてあげている設計部門では、現状の課題を次のように整理できています。 (1)繰り返し実施…

 前回のその1に続いて解説します。  繰り返しになりますが、事例としてあげている設計部門では、現状の課題を次のように整理できています。 (1)繰り返し実施…

設計部門の仕組み構築(その3)

 前回のその2に続いて解説します。    前回までで、解決すべき根本原因の全容が明らかになりました。次にやることは、これらの根本原因を解消することができる…

 前回のその2に続いて解説します。    前回までで、解決すべき根本原因の全容が明らかになりました。次にやることは、これらの根本原因を解消することができる…

設計部門と組織政治の影響(その1)

 これまで数回にわたって、設計部門における仕組み構築の考え方や手順を解説してきました。仕組み構築のためのシステム化計画作成は、頂上を目指す登山ルートを設計する…

 これまで数回にわたって、設計部門における仕組み構築の考え方や手順を解説してきました。仕組み構築のためのシステム化計画作成は、頂上を目指す登山ルートを設計する…

設計部門と組織政治の影響(その2)

 前回のその1に続いて解説します。   1. 政治的要因のリストアップ  設計部門と組織政治の影響を考察する際に、最初にやるべきことは政治的要因のリ…

 前回のその1に続いて解説します。   1. 政治的要因のリストアップ  設計部門と組織政治の影響を考察する際に、最初にやるべきことは政治的要因のリ…

海外と積極コミュニケートを!

 ものづくりの世界において、大企業の製品はもちろんのこと、海外Makersの新製品情報も早々に目に入ってくるようになりました。KickStarter等のクラウ…

 ものづくりの世界において、大企業の製品はもちろんのこと、海外Makersの新製品情報も早々に目に入ってくるようになりました。KickStarter等のクラウ…

1 2 3 4 5 6 7