「サプライチェーンマネジメント」のキーワード記事検索


111件中 1~20件目

面積原価(その1)

 SCMの生産性を計るKPIとして、『面積原価』の概念とそれに基づくSCMのPDCAサイクルを実現する手法『面積原価管理』について解説します。    ...

 SCMの生産性を計るKPIとして、『面積原価』の概念とそれに基づくSCMのPDCAサイクルを実現する手法『面積原価管理』について解説します。    ...

サプライチェーンマネジメントと情報共有

       1. サプライチェーンマネジメント   サプライチェーンというキーワードが出回り始めたのは1990年代中頃からだったと思います。...

       1. サプライチェーンマネジメント   サプライチェーンというキーワードが出回り始めたのは1990年代中頃からだったと思います。...

第3のSCM:【精査】戦略と挙動をつなげる手法 

   前回の第3のSCM: 社会変革共創を前提とした唯一の戦略に続いて、解説します。   1. TOCの限界  SCM:サプライチェーンマネジ...

   前回の第3のSCM: 社会変革共創を前提とした唯一の戦略に続いて、解説します。   1. TOCの限界  SCM:サプライチェーンマネジ...

第3のSCM: 社会変革共創を前提とした唯一の戦略 

           1. 既存と異なるSCMを考える  前回の「第3のSCM: 複雑系・安定・利益」では、需要か制約と同期させる既存以外のSCM...

           1. 既存と異なるSCMを考える  前回の「第3のSCM: 複雑系・安定・利益」では、需要か制約と同期させる既存以外のSCM...

第3のSCM: 複雑系・安定・利益

1. 既存のSCMと第3のSCM  既存のSCM:サプライチェーンマネジメントでは資金最大化をねらい、調達を、需要や制約、つまり販売と同期させて在庫...

1. 既存のSCMと第3のSCM  既存のSCM:サプライチェーンマネジメントでは資金最大化をねらい、調達を、需要や制約、つまり販売と同期させて在庫...

クロスドッキングとは

1. クロスドッキングの趣旨  物流センターにはDC(もしくはSC)、TC(もしくはDP)という呼び名があります。DCやSCは在庫があるセンターで、...

1. クロスドッキングの趣旨  物流センターにはDC(もしくはSC)、TC(もしくはDP)という呼び名があります。DCやSCは在庫があるセンターで、...

SCM最前線 (その16) SCM効率を評価するKPIの新提案:最終回

   前回のその15に続いて解説します。   5. 面積原価によるSCM改革・改善の方針  これまで、面積原価によって多くの製造業の問題が解決...

   前回のその15に続いて解説します。   5. 面積原価によるSCM改革・改善の方針  これまで、面積原価によって多くの製造業の問題が解決...

SCM最前線 (その15) SCM効率を評価するKPIの新提案

 前回のその14に続いて解説します。   4. 面積原価を導入すると何が変わるか (1) 資源効率視点での製品の正しい利益評価  これまで...

 前回のその14に続いて解説します。   4. 面積原価を導入すると何が変わるか (1) 資源効率視点での製品の正しい利益評価  これまで...

SCM最前線 (その14) SCM効率を評価するKPIの新提案

 前回のその13に続いて解説します。   1. SCMの改善・改革  前回までの連載では、現在SCMには効率を適切に評価する指標がなく、そのため...

 前回のその13に続いて解説します。   1. SCMの改善・改革  前回までの連載では、現在SCMには効率を適切に評価する指標がなく、そのため...

SCM最前線 (その13) SCMの適切な評価指標

 前回のその12に続いて解説します。   4. 適切なSCM評価指標がないことで発生する製造業の問題  適切なSCM指標がないことによって発生し...

 前回のその12に続いて解説します。   4. 適切なSCM評価指標がないことで発生する製造業の問題  適切なSCM指標がないことによって発生し...

SCM最前線 (その12) SCMの適切な評価指標

 前回のその11に続いて解説します。   3. よく使われているSCM指標の評価   下記は、一般的にSCMで使われている代表的なSCM評価指標...

 前回のその11に続いて解説します。   3. よく使われているSCM指標の評価   下記は、一般的にSCMで使われている代表的なSCM評価指標...

SCM最前線 (その11) SCMの適切な評価指標

1. SCMには適切な評価指標がない  自社のSCMがどのレベルにあるのかは、興味深い問題でしょう。競合する企業のSCMレベルが自社に対してどのレベ...

1. SCMには適切な評価指標がない  自社のSCMがどのレベルにあるのかは、興味深い問題でしょう。競合する企業のSCMレベルが自社に対してどのレベ...

SCM最前線 (その10) 精度確保のキー『ブルウィップの克服』

 前回のその9に続いて解説します。   5. ブルウィップ克服の組織:SCMセンターについて  日本でSCMの導入が本格化した2000年前後、ブ...

 前回のその9に続いて解説します。   5. ブルウィップ克服の組織:SCMセンターについて  日本でSCMの導入が本格化した2000年前後、ブ...

SCM最前線 (その9) 精度確保のキー『ブルウィップの克服』

 前回のその8に続いて解説します。   3. ブルウィップ克服の方向性  それでは、ブルウィップを克服するためにはどうすれば良いのでしょうか...

 前回のその8に続いて解説します。   3. ブルウィップ克服の方向性  それでは、ブルウィップを克服するためにはどうすれば良いのでしょうか...

SCM最前線 (その8) 精度確保のキー『ブルウィップの克服』

1. ブルウィップ効果を取りあげる理由  前回の連載『最先端のSCMテーマS&OP』では、その実現のためには「SCMオペレーションの精度向上...

1. ブルウィップ効果を取りあげる理由  前回の連載『最先端のSCMテーマS&OP』では、その実現のためには「SCMオペレーションの精度向上...

SCM最前線 (その7) 最先端のSCMテーマ、S&OP

 前回のその6に続いて解説します。   4. 事業目標管理におけるS&OPの対象領域  これまで、S&OPの機能概要を述べてきま...

 前回のその6に続いて解説します。   4. 事業目標管理におけるS&OPの対象領域  これまで、S&OPの機能概要を述べてきま...

SCM最前線 (その6) 最先端のSCMテーマ、S&OP

 前回のその5に続いて解説します。   3. S&OPで実現される業務  現在行われているS&OPではどのように「数量」と「カネ...

 前回のその5に続いて解説します。   3. S&OPで実現される業務  現在行われているS&OPではどのように「数量」と「カネ...

SCM最前線 (その5) 最先端のSCMテーマ、S&OP

1. S&OPとは  今日の最先端SCMテーマといえば、一番に上げられるのは、S&OP(Sales & Operations...

1. S&OPとは  今日の最先端SCMテーマといえば、一番に上げられるのは、S&OP(Sales & Operations...

SCM最前線 (その4) SCM構築の必要性・目的を明確にすることの重要性

 前回のその3に続いて解説します。    3. SCM構築が進まない最大の理由:SCM構築の必要性と目的が曖昧  SCMを確立することは、サ...

 前回のその3に続いて解説します。    3. SCM構築が進まない最大の理由:SCM構築の必要性と目的が曖昧  SCMを確立することは、サ...

SCM最前線 (その3) SCM構築の必要性・目的を明確にすることの重要性

1. SCM構築の必要性・目的を明確化する重要性を取り上げる意味   読者の皆様にとって、「SCM構築の必要性・目的を明確化の重要性」など当たり前で...

1. SCM構築の必要性・目的を明確化する重要性を取り上げる意味   読者の皆様にとって、「SCM構築の必要性・目的を明確化の重要性」など当たり前で...