国際プラスチックフェアー(IPF JAPAN 2017)展示会レポート(その8)

 前回のその7に続いて解説します。
 

8. 加飾技術(その1)

(1) インクジェット加飾

 セーレンのブースでは、テクスチャーを付与した印刷(2.5D)された加飾フィルムを用いたTOM工法による加飾サンプルが展示されていた。
 
図44 セーレンブースの2.5D加飾とそれを用いた三次元加飾サンプル
 
 ローランドD.G.は試作・金型製作・加飾の流れを一貫して提供できる強みをPR(図45)しており、インクジェットでテクスチャーを表現したサンプルを印刷実演していた(図46)
 
図45 ローランドD.G.のブース外観
 
プラスチックジャパン
図46 ローランドD.G.ブースで加飾されたサンプル
 
 ミマキエンジニアリングはインクジェットによる伸びるUV硬化インクを展示していた。
 
プラスチックジャパン
図47 ミマキエンジニアリングの伸びるUVインク
 

セミナー「UV硬化/乾燥技術の最新動向と未来像」

12:30 ~ 16:30 

[東京・駒込] 滝野川会館 4階 401

41,040円

(2) 三次元加飾

 ナビタスは空気転写「NATS」の加飾サンプルを多数展示していた(図48)
 
プラスチックジャパン
図48 ナビタスブースに展示されていたNATSのサンプル
 
 浅野研究所は熱板式減圧被覆成形機による発泡シートの三次元貼り合わせサンプルを展示していた(図49)。従来の熱板加熱では片面しか加熱できなかったので、断熱性を持つ発泡シートには対応できなかったが、両面から加熱できるようにした。
 
プラスチックジャパン
図49 浅野研究所ブースに展示されていた発泡シート加飾
 
 吉田テクノワークスは、ガラスインサートインモールド(ガラスをインサートして射出するとともに金型内転写で加飾する)のサンプルとソフトタッチの転写であるベビースキン・シルキータッチインモールドのサンプルを展示していた。
 
プラスチックジャパン
図50 吉田テクノワークスブースの展示サンプル
 
 フィルムインサート成形用のインクとしては、帝国インキ製造が高粘度インクを用いた高精細インキを展示していた。スクリーン印刷の際にドットが流れないために従来は10色に分解する必要があったものを白の上に4色で表現可能になる。
 
プラスチックジャパン
図51 帝国インキの高精細インキ
 
 セイコーアドバンスは透明性がある黒インク漆黒インク「ブラックスター」を展示していた。バックライトを使ったいろいろな表現が期待できる。
 
プラスチックジャパン
図52 セイコーアドバンスの漆黒インキ説明パネル(上)と加飾サンプル(下)
 
 次回も、加飾技術の解説を続けます。
 
【出典】
 PLASTICS JAPAN.com 展示会レポート IPF JAPAN 2017より、筆者のご承諾により、連載。
     

この記事の著者

秋元 英郎

中小企業のための町医者です。早め早めに相談・診断を受けてみませんか。結局安くて早くてうまくいくんです。

★「技術士」と聞くと、年輩で・企業時代の技術にしがみついて・偉そうで・出口(販売)の話になるとケツをまくって逃げるといった印象を持っていませんか?もしそうだとしたら、私はその真逆です。まだ若いです。生活がかかっています。真剣です。孫の小遣…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「生産工学」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「秋元 英郎」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン