国際プラスチックフェアー(IPF JAPAN 2017)展示会レポート(その2)

 前回のその1に続いて解説します。
 

4.発泡成形の1

 日本製鋼所は、MuCellとヒート&クールの併用の成形実演を行っていました。部品はPC/ABSのセンターパネルであり、パナソニックのヒート&クール(ヒーター加熱)を用いて80~160℃の昇温・降温を繰り返していました。160℃まで昇温しても軽量化率を5%程度まで下げないと表面が完全にきれいにならない点が課題として残されています。図4にパネル、図5に成形品の写真を示します。
 
プラスチックフェアー
図4. 日本製鋼所ブースのMuCel+ヒート&クールに関するパネル
 
プラスチックフェアー
図5. 日本製鋼所、MuCell+ヒート&クールのサンプル(下)と比較のMuCellのみのもの(上)
 
 日本製鋼所はまた、マクセルが開発した物理発泡成形技術(RIC-Foam)のパネル展示も行っていました(図6)。
 
プラスチックフェアー
図6. 日本製鋼所ブースのRIC-Foam説明パネル
 
 東芝機械は、マクセルが開発した技術(ボンベから窒素ガスをバレルに導入する方式)をプリプラ式成形機に適用して、コアバック発泡成形を行っていました(図7)。コアバックにおいては、イジェクタの機構を用いて部分的に発泡させないようにしていました(図8)。
 
プラスチックフェアー
図7. 東芝機械ブースにおける物理発泡成形の説明図
 
プラスチックフェアー
図8. 東芝機械ブースの部分コアバックに関する説明の図
 
 次回は、発泡成形の2からはじめます。
 
【出典】
 PLASTICS JAPAN.com 展示会レポート IPF JAPAN 2017より、筆者のご承諾により、連載。
  

この記事の著者

秋元 英郎

中小企業のための町医者です。早め早めに相談・診断を受けてみませんか。結局安くて早くてうまくいくんです。

★「技術士」と聞くと、年輩で・企業時代の技術にしがみついて・偉そうで・出口(販売)の話になるとケツをまくって逃げるといった印象を持っていませんか?もしそうだとしたら、私はその真逆です。まだ若いです。生活がかかっています。真剣です。孫の小遣…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「生産工学」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「秋元 英郎」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン