専門家「秋元 英郎」プロフィール

秋元 英郎

優れたものづくり技術を伝え・教え・広めることで、ものづくりの質を高め、良いものを広め、正しい使い方を教えます。それを通じて世界中の人々を幸せにします。

秋元 英郎

専門家専門家A あきもと ひでお / 千葉県 / 秋元技術士事務所

保有資格 技術士(化学)、博士(工学)、危険物取扱(甲種)
対応エリア 全国

「プラスチック博士」として知られています。プラスチックに関する情報収集、情報発信に力を入れています。

H P: https://ce-akimoto.com

対応分野

固有技術
化学技術 高分子・樹脂・有機化学

経歴

1983年大阪大学大学院理学研究科高分子学専攻(理学修士)
1983年三井石油化学工業㈱入社
 三井・デュポン ポリケミカル㈱(現 三井・ダウ ポリケミカル㈱)に配属
研究開発(接着性樹脂、樹脂改質材分野)・営業(樹脂改質分野)を経験 
(1998~2001年 姫路工業大学大学院工学研究科 博士(工学))
2000年 ㈱グランドポリマーに異動(業界再編で三井住友ポリオレフィン→三井化学)
 プラスチックの成形加工技術の開発に従事(発泡成形、ヒート&クール成形)
2004年 三井化学㈱機能材料研究所 発泡成形技術の開発
2006年 三井化学㈱機能樹脂事業グループ企画管理部
 マーケティング関係(専用Webサイトの運営、展示会の企画・指導)
2007年 小野産業㈱(現 タクセル㈱)へ出向 技術開発・知財管理
2010年 三井化学㈱を退職し、秋元技術士事務所を設立現在に至る
(2010~2012年 京都大学工学部客員研究員を兼ねる)
(2015~2016年 群馬県立群馬産業技術センター 客員研究員を兼ねる)
2015年 プラスチックス・ジャパン株式会社を設立(代表取締役社長) 現在に至る

業務実績

プラスチック発泡成形、加飾技術を中心とした雑誌・書籍への執筆及び技術セミナーにおける講演
企業のユーザー会におけるゲストスピーカー(日本企業、香港企業)
展示会の主催者セミナーにおける基調講演(幕張、大阪、韓国)
中小から大企業に対する技術指導(継続的およびスポット)は多数あり。
海外展示会視察ツアーのコーディネーター複数あり。