「安全工学」のキーワード記事検索


30件中 1~20件目

機能安全(その2)日本における安全設計

        前回のその1に続いて解説します。   4. 日本における安全設計  ...

        前回のその1に続いて解説します。   4. 日本における安全設計  ...

静電気事故防止対策 ~ 人体除電の基礎

♦ 過信禁物!~ 基礎から学ぶ人体除電    人体除電の基礎は靴と床です。つまり、 静電気帯電防止の作業靴(J...

♦ 過信禁物!~ 基礎から学ぶ人体除電    人体除電の基礎は靴と床です。つまり、 静電気帯電防止の作業靴(J...

リスクマネジメントにおける「リスク」の評価について

 ISOマネジメントシステム規格では、ISO13485(医療機器品質マネジメントシステム規格)や、ISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム規...

 ISOマネジメントシステム規格では、ISO13485(医療機器品質マネジメントシステム規格)や、ISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム規...

機能安全(その5) 最終回

   前回のその4に続いて解説します。   11. 機能安全に対するさまざまな反応  最近こういう声をよく聞きます。   「IEC61...

   前回のその4に続いて解説します。   11. 機能安全に対するさまざまな反応  最近こういう声をよく聞きます。   「IEC61...

機能安全(その4)アメリカの安全規制

        前回のその3に続いて解説します。   8. アメリカの安全規制  ...

        前回のその3に続いて解説します。   8. アメリカの安全規制  ...

機能安全(その3)ソフトウェアの安全性・信頼性

        前回のその2に続いて解説します。   6. ソフトウェアの安全性・信頼性 &...

        前回のその2に続いて解説します。   6. ソフトウェアの安全性・信頼性 &...

機能安全(その1)機能安全とは何か

  1. 機能安全とは何か    機能安全(Functional Safety)とは「監視装置や防護装置などの付加機能による リ...

  1. 機能安全とは何か    機能安全(Functional Safety)とは「監視装置や防護装置などの付加機能による リ...

製品安全の重要性と実現方法

  1. 製品安全の歴史  製品安全に対する社会要求は環境マネジメントと似ている点があり、昔はある意味大らかだったのですが、時代が変化していくにつ...

  1. 製品安全の歴史  製品安全に対する社会要求は環境マネジメントと似ている点があり、昔はある意味大らかだったのですが、時代が変化していくにつ...

安全設計手法 (その9)プラスチック製品設計における安全率設定の考え方

1. 安全率設定の重要性  安全率という言葉は設計現場で毎日のように使われています。しかし、その考え方は実はあいまいです。プラスチックはその特性上、...

1. 安全率設定の重要性  安全率という言葉は設計現場で毎日のように使われています。しかし、その考え方は実はあいまいです。プラスチックはその特性上、...

安全設計手法 (その8)プラスチックのひずみ

 プラスチックを上手に使いこなすためには、プラスチックの性質をよく理解することが重要です。その中でも応力とひずみの関係は、最も基本的かつ重要な性質の一つで...

 プラスチックを上手に使いこなすためには、プラスチックの性質をよく理解することが重要です。その中でも応力とひずみの関係は、最も基本的かつ重要な性質の一つで...

安全設計手法 (その7)プラスチックの応力

 プラスチックを上手に使いこなすためには、プラスチックの性質をよく理解することが重要です。その中でも応力とひずみの関係は、最も基本的かつ重要な性質の一つで...

 プラスチックを上手に使いこなすためには、プラスチックの性質をよく理解することが重要です。その中でも応力とひずみの関係は、最も基本的かつ重要な性質の一つで...

安全設計手法 (その6) プラスチックの応力緩和2

 クリープと同じく、プラスチックの粘弾性特性に起因する現象として応力緩和があります。プラスチック材料に意図的にひずみ(変形)を与えて、発生した反力を利用す...

 クリープと同じく、プラスチックの粘弾性特性に起因する現象として応力緩和があります。プラスチック材料に意図的にひずみ(変形)を与えて、発生した反力を利用す...

安全設計手法 (その5) プラスチックの応力緩和1

 前回解説したクリープと同じく、プラスチックの粘弾性特性に起因する現象として応力緩和があります。プラスチック材料に意図的にひずみ(変形)を与えて、発生した...

 前回解説したクリープと同じく、プラスチックの粘弾性特性に起因する現象として応力緩和があります。プラスチック材料に意図的にひずみ(変形)を与えて、発生した...

安全設計手法 (その4)プラスチックのクリープ特性2

 プラスチック製品を設計する場合、材料の特性を十分に把握することが必要不可欠です。クリープはその特性の中でも、最も対応が難しいものの一つです。今回は、前回...

 プラスチック製品を設計する場合、材料の特性を十分に把握することが必要不可欠です。クリープはその特性の中でも、最も対応が難しいものの一つです。今回は、前回...

安全設計手法 (その3)プラスチックのクリープ特性1

1. プラスチックのクリープ  プラスチック製品を設計する場合、材料の特性を十分に把握することが必要不可欠です。クリープはその特性の中でも、最も対応が難...

1. プラスチックのクリープ  プラスチック製品を設計する場合、材料の特性を十分に把握することが必要不可欠です。クリープはその特性の中でも、最も対応が難...

リスクアセスメント(その10)リスクのチェック・レビュー

 今回はリスクアセスメント実施のポイントの最後、「ポイント④リスクのチェック・レビュー・承認をいつ誰が行うかを明確にする」について解説します。   1...

 今回はリスクアセスメント実施のポイントの最後、「ポイント④リスクのチェック・レビュー・承認をいつ誰が行うかを明確にする」について解説します。   1...

リスクアセスメント(その9)設計者の意識

 今回は4つのポイントのうちの3つ目、「ポイント③ 設計者の意識を高く保つ取組みを継続的に実施する」について解説します。    1.なぜ設計者の意識を...

 今回は4つのポイントのうちの3つ目、「ポイント③ 設計者の意識を高く保つ取組みを継続的に実施する」について解説します。    1.なぜ設計者の意識を...

リスクアセスメント(その8)メリハリをつける

 前回のその7で、実務におけるリスクアセスメントのポイントの1つ目、「設計プロセスの中に組み込む」について解説しました。    <リスクアセスメント実...

 前回のその7で、実務におけるリスクアセスメントのポイントの1つ目、「設計プロセスの中に組み込む」について解説しました。    <リスクアセスメント実...

リスクアセスメント(その7)設計プロセスの中に組み込む

 前回のその6に続いて解説します。リスクアセスメントを設計プロセスに組み込むことについて解説します。   1.リスクアセスメントを設計プロセスに組み込...

 前回のその6に続いて解説します。リスクアセスメントを設計プロセスに組み込むことについて解説します。   1.リスクアセスメントを設計プロセスに組み込...

リスクアセスメント(その6)設計プロセスの中に組み込む

 前回のその5に続いて解説します。今回からは実務においてリスクアセスメントを進める際のポイントを解説します。リスクアセスメントを形骸化させずに、いかに効果...

 前回のその5に続いて解説します。今回からは実務においてリスクアセスメントを進める際のポイントを解説します。リスクアセスメントを形骸化させずに、いかに効果...