ホーム > 技法解説 > サプライチェーンマネジメント > SCM最前線 (その4) SCM構築の必要性・目的を明確にすることの重要性

サプライチェーンマネジメント」の技法解説記事


SCM最前線 (その4) SCM構築の必要性・目的を明確にすることの重要性

SCM
 前回のその3に続いて解説します。
  

3. SCM構築が進まない最大の理由:SCM構築の必要性と目的が曖昧

 SCMを確立することは、サプライチェーン全体に渡る意思決定とオペレーション・プロセスの再構築を意味します。当然、その実現には膨大なヒト・モノ・カネと時間、および全社員の永続的なエネルギーが必要です。そのためには、企業内部の強い動機付けが必須です。その動機の源泉となるのが、「SCM構築の目的」と背景にある「SCM構築の必要性」です。つまり、「SCM構築の必要性と目的」が曖昧なことは、SCM構築のエネルギーを大幅に削ぐことになります。これが明確にすることができない限り、あなたはトップにSCM構築の必要性を説明することすらできず、その取り組みを開始するはできないでしょう。ところで、筆者はなぜ、「SCM構築の必要性と目的が明確になっていない」 と考えるのでしょうか、その理由は、次の2点です。
 
理由1:SCM目的が不明確なプロジェクトの散見
理由2:本質的な意味においてSCMの目的とは何かが曖昧
 

4. SCM目的が不明確な多くのプロジェクト

 SCM構築の必要性と目的が明確になっていないと考える最初の理由は、目的が曖昧な多くのプロジェクトを私自身が現実に見てきたからです。もちろん、すべてのSCMプロジェクトの統計を取ったわけではないので、データの裏付けが有る訳ではありませんが、私の見たSCM構築のプロジェクトでは、その目的が不明確なものが大多数でした。それでは、どのような基準を満たせば、「SCMプロジェクトの目的」が明確であると言えるのでしょうか。私は、次の3つの基準を満たすことだと考えています。
 
●SCM構築の必要性の明確化
 解決すべき経営レベルのSCM課題が明確、つまり構築の背景が明確であること
  
●上記のSCM課題のどの部分をプロジェクト目的とするかの明確なスコープの設定
 優先順位の高いSCM課題に狙いを絞ったSCM目的設定が行われていること
  
●数値目標の明確化
 プロジェクト実行の結果得られる効果が具体的なKPI項目とその数値目標が明確化されていること
 
 上記は、何もSCMプロジェクトでなくとも、一般のプロジェクトでも当たり前のことです。特にこれを強調するのは、SCMプロジェクトではその取り組みの影響が全社に及び、また経営のあり方そのものにも影響を及ぼすため、その目的を明確化と全社的合意形成のハードルが高いためです。また現実には、かなりのSCMプロジェクトが、「情報システムの老朽化更新」を契機に始まることが、目的を明確にできない大きな理由の一つでもあります。 結局SCM改革を推進する人たちが、あるべきSCMのイメージを描ききれないことが、SCMプロジェクトの必要性と目的を明確にできない大きな理由です。これを打ち破るには、自社のSCMのあるべき姿を明確にイメージできる社内リーダーの存在とそのリーダーシップが、極めて重要です。この役割は、社外の人間には肩代わりする事ができません。その意味でもこの連載では、少しでも社内リーダーのお役に立てる情報をご提供することを目的としています。
 

5. そもそも本質的な意味においてSCMの目的とは何か

 そもそも、SCMとは何でしょうか。Webで調べてみるといくつかの定義を見つけることができます。 それらは、だいたい以下のように集約する事ができます。
 
 
SCM
 
 確かにその通りなのですが茫漠としており、これらの定義からはどのようなSCMを目指すべきなのか、具体的な判断基準とするには不十分であると言わざるを得ません。また、明確な「SCMの目的」に直接言及したものは、見つける事ができませんでした。このことが、一般の製造業において、そもそもSCMの目的・目標の定義を困難にしている根本的理由なのです。この連載の最終回で、本質的な意味におけるSCMの目的と評価指標についての提案を行います。
  
SCM
  

6. SCM、日本の課題

 今回は、「SCM構築の必要性・目的を明確にすることの重要性」を取り上げました。それは、まず、日本は欧米に比べてSCM全体の効率が劣っており、特にSCMに取り組む必要性が強いということを、皆様にお伝えしたかったためです。さらに、SCMの必要性と目的を明確にすることがSCMを進める上で最も重要だが、現実にはできていません。したがって、今後の連載では、次の点を掲載テーマとして盛り込んで行きたいと考えています。
 
●SCMの目的・目標設定を容易にするため、あるべきSCMの姿:業界最先端のSCMを明らかにする
 
●一般論として、そもそもSCMの目的が明確でないので、その本来の目的と評価指標を提案する
 
 次回は、「目指すべきSCMの姿」について解説します。
 

サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「小山 太一」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(コヤマ タイチ) / 専門家A / コヒーレント・コンサルティング

SCMの効率を新しいKPIで見える化し、問題点を明らかにします。 新しいKPI 『面積原価』は、評価に時間軸を含めることで、リードタイム・在庫・原価のトレードオフを解決します。
 低迷する日本製造業のほとんどの企業に当てはまる最大の課題は、資本効率の悪さです。 つまり、サプライチェーンに投入した資本を効率よく活用し利益を生み出すことができていません。 実際、あなたの会社も含めたほとんど全ての日本製造業の資本効率は、グローバルでは最低レベルです。  アベノミクスの第三の矢… 続きを読む


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら