「直交表」のキーワード記事検索


18件中 1~18件目

直交配列表による分割実験

        今回は、直交配列表による分割実験について、直交表の内部だけで分割する場合の解説です。    直交表の大きさと分割実験の成否との関...

        今回は、直交配列表による分割実験について、直交表の内部だけで分割する場合の解説です。    直交表の大きさと分割実験の成否との関...

L12直交表の交互作用の評価について

        今回は、L12直交表の交互作用の評価について解説します。   1.「L12直交表では交互作用を評価できない」となっていますが、A...

        今回は、L12直交表の交互作用の評価について解説します。   1.「L12直交表では交互作用を評価できない」となっていますが、A...

交互作用と相互作用の違い

 統計学で交互作用という言葉が良く出てきます。主には実験計画法(DOE)で頻出しますが、DOEに限らず統計学では一般的によく用います。 交互作用に似た用語...

 統計学で交互作用という言葉が良く出てきます。主には実験計画法(DOE)で頻出しますが、DOEに限らず統計学では一般的によく用います。 交互作用に似た用語...

効率的な実験手順を考える(その5)直交表実験の解析と確認

1.実験データの解析  実験が終了したら、データを解析ソフトに測定データを入力して評価結果を出力します。ご自分でエクセルで分散分析表を組んでもさほど難し...

1.実験データの解析  実験が終了したら、データを解析ソフトに測定データを入力して評価結果を出力します。ご自分でエクセルで分散分析表を組んでもさほど難し...

効率的な実験手順を考える(その4)直交表実験の準備と実行

1.実験の準備  直交表を使った実験で因子と水準を割り付けたら、各行の水準組合せを確認して実施不可能な組合せを確認し、あれば因子や水準を変更します。ただ...

1.実験の準備  直交表を使った実験で因子と水準を割り付けたら、各行の水準組合せを確認して実施不可能な組合せを確認し、あれば因子や水準を変更します。ただ...

効率的な実験手順を考える(その3)因子のリストアップと選定

1.実験因子の抽出  実験手順の中で、ある意味ここが一番重要なステップです。目的とする効果に対して有効な制御因子が実験に含まれていないと、どんなにうまく...

1.実験因子の抽出  実験手順の中で、ある意味ここが一番重要なステップです。目的とする効果に対して有効な制御因子が実験に含まれていないと、どんなにうまく...

効率的な実験手順を考える(その2)実験の目的と評価項目、方法、目標を設定する

 何の活動を始めるにしても目的、目標の設定が最初です。  主たる目的を達成するための評価項目は明確でも、隠れた目的がある場合も多いので注意しましょう。例...

 何の活動を始めるにしても目的、目標の設定が最初です。  主たる目的を達成するための評価項目は明確でも、隠れた目的がある場合も多いので注意しましょう。例...

効率的な実験手順を考える(その1)全体の流れ

 実験とは「仮説」をたてて、それを「試してみる」「評価する」「確認する」ことです。 一般的には後半の「確認」に労力を取られますが、「仮説」が間違っていると...

 実験とは「仮説」をたてて、それを「試してみる」「評価する」「確認する」ことです。 一般的には後半の「確認」に労力を取られますが、「仮説」が間違っていると...

直交表の概要と効果

 一昔前とは異なり昨今の工業製品は構成が複雑化しており、性能を向上させるのに2つや3つの因子を修正しただけでは目標が達成できなくなっています。高度な製品の...

 一昔前とは異なり昨今の工業製品は構成が複雑化しており、性能を向上させるのに2つや3つの因子を修正しただけでは目標が達成できなくなっています。高度な製品の...

直交表の数理的解説

 直交表で各因子水準のデータを平均するだけで要因効      表1.L8直交表の配列果が算出できることを、L8(27)を使ってやや数理的に解説してみましょ...

 直交表で各因子水準のデータを平均するだけで要因効      表1.L8直交表の配列果が算出できることを、L8(27)を使ってやや数理的に解説してみましょ...

直交表問答集

 直交表に関して皆さんからいただいた相談、質問の中からいくつかを公開します。 Q1:直交表で不良率を評価するにはサンプルがたくさん必要ではないでしょうか...

 直交表に関して皆さんからいただいた相談、質問の中からいくつかを公開します。 Q1:直交表で不良率を評価するにはサンプルがたくさん必要ではないでしょうか...

直交表実験の一部でデータが取れなかった時の対応 (欠測値と逐次近似法)

 実際の実験ではサンプルの損傷や仕様違いのサンプル作成等により、どうしても欠測値が発生します。そこで実験の精度、信頼性を上げるために同一条件のサンプルを2...

 実際の実験ではサンプルの損傷や仕様違いのサンプル作成等により、どうしても欠測値が発生します。そこで実験の精度、信頼性を上げるために同一条件のサンプルを2...

直交表での水準間隔の設定

 直交表を選定して水準数が決まったら、次に水準値を決めることになりますが、通常直交表を使うと2水準か3水準のため、水準どおしの間隔が悩ましいところです。間...

 直交表を選定して水準数が決まったら、次に水準値を決めることになりますが、通常直交表を使うと2水準か3水準のため、水準どおしの間隔が悩ましいところです。間...

直交表の交互作用について

 因子Aの水準が因子Bの水準効果に影響を与える時、AとBの間に交互作用があると言います。  直交表では2因子の交互作用効果が特定列の結果に現れます。よっ...

 因子Aの水準が因子Bの水準効果に影響を与える時、AとBの間に交互作用があると言います。  直交表では2因子の交互作用効果が特定列の結果に現れます。よっ...

直交表で水準数が余る時、足りない時の対処法

1.水準が余る時  L9やL27などの3水準系直交表やL18の3水準列を使う場合、どうしても2つしか水準がない因子があります。例えば「表と裏」「カバーあ...

1.水準が余る時  L9やL27などの3水準系直交表やL18の3水準列を使う場合、どうしても2つしか水準がない因子があります。例えば「表と裏」「カバーあ...

主な直交表の種類と特徴

 直交表には実に多くの種類がありますが、主な直交表とそれによって評価できる因子水準の種類と数を下表1に示します。  表1.主要な直交表と評価できる水準 ...

 直交表には実に多くの種類がありますが、主な直交表とそれによって評価できる因子水準の種類と数を下表1に示します。  表1.主要な直交表と評価できる水準 ...

直交表選定の考え方

1.2水準系と3水準系どちらの直交表を使うか?  主な直交表には因子の水準数により2水準系と3水準系があり、それ以外もあるもののあまり一般的ではありませ...

1.2水準系と3水準系どちらの直交表を使うか?  主な直交表には因子の水準数により2水準系と3水準系があり、それ以外もあるもののあまり一般的ではありませ...

直交表の特徴と仕組み

 直交表とは、与えらえた複数因子の全水準を組み合わせなくても、各因子の効果が独立して評価できる組み合わせの表です。  一昔前とは異なり昨今の工業製品は複...

 直交表とは、与えらえた複数因子の全水準を組み合わせなくても、各因子の効果が独立して評価できる組み合わせの表です。  一昔前とは異なり昨今の工業製品は複...