ホーム > 技法解説 > 直交表 > 直交表で水準数が余る時、足りない時の対処法

直交表」の技法解説記事



直交表で水準数が余る時、足りない時の対処法

1.水準が余る時

 L9やL27などの3水準系直交表やL18の3水準列を使う場合、どうしても2つしか水準がない因子があります。例えば「表と裏」「カバーありとなし」などです。 この場合「ダミー法」と呼ばれる方法を使い、(1,2,3)の代わりに、2水準を(1,2,2)あるいは(1,1,2)と割り付けます。下の表の左は通常のL9で、右はD列の第3水準に第1水準を当てた例です。

 3水準中の2水準を割り付けるのは、より詳しく調べたい方の水準です。 つまり表と裏で表がより良い結果が期待でき、他の因子との組合せをより正確に知りたいならば、3水準に(表、表、裏)と割り付けます。

 市販の解析ソフトではダミー法を標準的に解析してくれますから、深い知識がなくとも簡単に使うことができます。 ただし本来3水準を評価できるところを2水準しか使わない訳ですから、実験効率は下がります。カバーの例で言えば、「カバーなし、カバーA、カバーB」あるいは「カバー全開、半開、全閉」などと3水準で使うことを優先して考えてください。

 

2.より多い水準で実験したい時

 L8,L16,L32…など2のべき乗の2水準系直交表では、3列を統合して4水準を割り付けることが可能です。下図は通常のL8と4水準因子を一つ組み込んだL8の例です。

 

 

 

 

 

 

 ご覧のように4水準因子ひとつのために3列を使用します。どの3列でも良いわけではなく、任意の2列とその2列の交互作用列を使う必要があり、特に問題がなければ覚えやすく隣り合っている1,2,3列を使うべきでしょう。 L8ではこの関係が成り立つ2組の3列は存在しないので、4水準因子は一つしか割り付けることができません。

 2水準系の直交表に3水準を割り付けるには、3列を使って一旦4水準をつくり、そのうちの3水準を第一項で説明したダミー法で使います。 

 L16以上であれば7列を使った8水準も作れますが、それって多くの因子効果を知るという直交表の使い方としては、かなり特殊なものでしょう。

 またL18の2水準列と3水準の1列を組み合わせて、下表のように6水準要因を一つ割り付けることが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはもともとL18の自由度が二つ余っていることで可能になるものです。

このようにして本来以外の水準数で実験する事が可能ですが、特定の因子だけむやみに水準数を増やすことは実験のバランスを崩しますので、ほどほどにして使いましょう。

 

特典資料(会員限定)
L18 基本ファイル(※xlsファイル)

品質問題の未然防止と品質工学(裏)
品質問題の未然防止と品質工学


品質工学をやさしく解説するセミナーDVD好評発売中! 
「品質問題の未然防止は難しくない!-品質工学の基本的な考え方-」

https://www.monodukuri.com/dvd_library/dt/6


直交表」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「熊坂 治」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



企業ごとに最適なツールを組み合わせてプロセスに適用し、生産性を向上させつつ技術者の方に実地指導して自律実行を可能にします。必要なフォーマットを提供しますので、最小限の理解で自主的に活用する事ができます。 品質工学会評議員、山梨県品質工学研究会幹事、日本技術士会広報委員、山梨県技術士会幹事、日本品… 続きを読む

直交表」の他の技法解説記事
  • 交互作用と相互作用の違い

     統計学で交互作用という言葉が良く出てきます。主には実験計画法(DOE)で頻出しますが、DOEに限らず統計学では一般的によく用います。 交互作用に似た用語に相互作用がありますが、意味が異なるのでしょうか、また、相乗効果、相加効果、相殺効果と言った類…

  • 効率的な実験手順を考える(その5)直交表実験の解析と確認

    1.実験データの解析  実験が終了したら、データを解析ソフトに測定データを入力して評価結果を出力します。ご自分でエクセルで分散分析表を組んでもさほど難しくありませんが、便利で安価なソフトが市販されていますから、使わない手はないでしょう。  当サ…

  • 効率的な実験手順を考える(その3)因子のリストアップと選定

    1.実験因子の抽出  実験手順の中で、ある意味ここが一番重要なステップです。目的とする効果に対して有効な制御因子が実験に含まれていないと、どんなにうまく実験、分析しても芳しい結果は得られません。このステップだけは手法の問題ではなく技術者の知識、経…

  • 直交表実験の一部でデータが取れなかった時の対応 (欠測値と逐次近似法)

     実際の実験ではサンプルの損傷や仕様違いのサンプル作成等により、どうしても欠測値が発生します。そこで実験の精度、信頼性を上げるために同一条件のサンプルを2つ以上作成する場合がよくあります。もしサンプル作成を1つ失敗してももう1つでデータが取れますし…

ものづくりスマートサーチ
直交表」の活用事例
  • 統計手法利用の改善事例:直交表、分散分析表

     インターネットを媒介とした契約商品を販売しているE社は積極的に売上の改善に取り組んでいました。様々なアイデアを社員から募集し、採用したものは契約率への効果を評価していました。 一つのアクションを一定期間実行し、少しでも契約率が上がればそのアクショ…


オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら