印刷する

ホーム > 技法解説 > 直交表 > 主な直交表の種類と特徴

直交表」の技法解説記事



主な直交表の種類と特徴

 主な直交表を右の表1に示します。           表1.主要な直交表と評価できる水準数

 2水準/3水準とその混合系が一般です。5水準系や完全には直交していない殆直交表などもありますが、あまり使われているのを見る事はありません。

 リアル(現物)実験では、30サンプル程度の実験が限界ですが、条件設定変更が容易なシミュレーション実験ではL54やL108という大きなサイズの直交表も使われます。

   

 それでは主な直交表に関して、特徴と用途を挙げてみます。

    

   

1.2水準系直交表

(1) L4直交表

長所:とにかく小さいので、手軽に使える
短所:繰り返し数が少ないために、結果の信頼性が低い

    

(2) L8直交表

長所:サイズが小さすぎず大きすぎず使いやすい。要因が7個評価できる。
反復数も十分で信頼性がある。
交互作用を一つ評価することが可能。

短所:思わぬ交互作用があると変な結果になる

    

(3) L12直交表

長所:サイズ、繰り返し数が適当。
交互作用が一つの列に集中しないので大きな失敗が少ない。
実験効率がそこそこ大きい(211/12=171倍)

短所:交互作用が評価できない。
3水準、4水準が一切組めない。

   

    

(4) L16直交表

長所:実験効率が高い(215/16=2048倍!)
繰り返し数8で信頼性充分、欠測値があっても結構精度が確保できる。
4水準を組んでも多くの因子を評価できる。 

 短所:大きなシステムでは16回の実験実行に苦労する。
 特に15因子をフルに使うと、複雑な水準の設定を間違えそう。
 かなり気合を入れて、注意深くする必要あり。 
            

2.3水準系直交表

(1) L9直交表

長所:3水準では最小の直交表
 水準繰り返しも3回あってまずまず。

短所:4つの因子しか評価できない。
 実験効率小さい(34/9=9倍)   

   
   

(2) L27直交表

長所:実験効率が高い(313/27=59049倍!)
繰り返し数9で信頼性ばっちり、しかも3水準。

短所:3水準13因子フルに使う実験はあまりない。
27サンプルを別仕様で作るのはかなりの労力を要する。

   

   

     

   

  

  

  
    
  
   

3.混合系直交表

(1) L18直交表

長所:サイズ、水準繰り返し数が適当。
 交互作用が一つの列に集中しないので、誤った結論に至りにくい。
 6水準が1因子組み込める。
 実験効率がそこそこ(21×37/18=243倍)。

短所:交互作用が評価できない。
 大きなシステム実験では18回の実験やサンプル作りが若干大変。

    

     

  以上のように各直交表ごとに特性があるため、使い分けて使用します。

 よく「直行表」と間違えて表記されているのを見ますが、「直交表」ですので注意してください。

 

 下にL18の直交表および品質工学SN比計算式が設定されたエクセルワークシートをご提供します。ページ右上のバナーから会員登録の上ダウンロードしてください。

特典資料(会員限定)
L18 基本ファイル(※xlsファイル)

 計算式にロックをかけていませんので、少し勉強すれば他のサイズの直交表向けに自分で作りかえることも可能です。

 もしこのワークシートや、直交表に関して不明の点があれば、当サイトの「Q&A」(ページ上部メニューバナー)や下の著者プロフィールページの「問い合わせ」機能を使って質問してください。

  

品質問題の未然防止と品質工学(裏)品質問題の未然防止と品質工学


品質工学をやさしく解説するセミナーDVD好評発売中! 
「品質問題の未然防止は難しくない!-品質工学の基本的な考え方-」

https://www.monodukuri.com/dvd_library/dt/6


直交表」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「熊坂 治」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



企業ごとに最適なツールを組み合わせてプロセスに適用し、生産性を向上させつつ技術者の方に実地指導して自律実行を可能にします。必要なフォーマットを提供しますので、最小限の理解で自主的に活用する事ができます。 品質工学会評議員、山梨県品質工学研究会幹事、日本技術士会広報委員、山梨県技術士会幹事、日本品… 続きを読む

SQC(統計的品質管理)」の質問

検定と推定を行う手順 (2016-12-27 16:04:31)
実験計画法について (2016-11-16 22:16:15)
…続きを見る

直交表」の他の技法解説記事

効率的な実験手順を考える(その1)全体の流れ (2015-03-24)
直交表の数理的解説 (2015-03-10)
直交表で水準数が余る時、足りない時の対処法 (2012-07-04)
直交表実験の一部でデータが取れなかった時の対応 (欠測値と逐次近似法) (2014-06-09)
効率的な実験手順を考える(その5)直交表実験の解析と確認 (2015-05-21)
直交表選定の考え方 (2012-07-02)
直交表での水準間隔の設定 (2014-05-17)
効率的な実験手順を考える(その2)実験の目的と評価項目、方法、目標を設定する (2015-04-04)
直交表の特徴と仕組み (2012-07-01)
交互作用と相互作用の違い (2015-11-24)

直交表」の活用事例

統計手法利用の改善事例:直交表、分散分析表 (2016-02-24)


オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)

MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス

月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。