ホーム > 技法解説 > 直交表 > 直交表問答集

直交表」の技法解説記事



直交表問答集

 直交表に関して皆さんからいただいた相談、質問の中からいくつかを公開します。

Q1:直交表で不良率を評価するにはサンプルがたくさん必要ではないでしょうか?

A1:不良対策などで1%以下の不良率を評価しようとすると、直交表の各組合せを数百サンプルずつ作ることになり、現実的ではありません。そこで、以下のいずれかの方法で、少ないサンプル評価を実現して下さい。

方法1:水準を決めるに際して、通常条件より不良が出にくい方向に振ると、全て良品になる可能性が高くなる。まず直交表の多くの要因で結果が悪くなる方向に水準を振り、影響の大きい要因を見極めてから悪くなる水準と反対方向に対策をとり、不良率を評価する。

方法2:例えば直交表L12で評価する時に、不良有無の2段階だと非常に荒い分析になるので、発生した不良をランク別に3~10段階で解析する。

方法3:不良を悪化させる明確な条件がある場合、それを誤差因子として通常条件と悪化条件で2通り直交表実験を行う。つまり「タグチメソッド静特性」実験として実施する。

 いずれにしても各実験で不良がゼロだと、得られる知見がない結果になってしまいますので、知恵を絞ってある程度の不良を出すことが肝要です。
 また、不良率はいわゆる目的機能で加算性のない特性ですので、本来の技術を開発するには、基本機能を評価するのが早道です。
  

Q2:直交表で評価する特性が複数ある時はどうしますか?

A2:ある特性を改善したい時に別の特性とトレードオフの関係になることがよくあります。理想的には品質工学でいう「基本機能」を見つけ、これひとつで最適解を追求できると良いのですが、慣れるまでは容易でなく、現実的には各サンプルについて、もともと評価しようとした特性だけでなく、影響しそうな他の特性についても測定し、それぞれについて要因効果図を作成してすべての特性を満足する因子水準の組み合わせを検討することになります。
 この時実験に組み込んだ因子が少ないと、やはりトレードオフ関係が解消されない危険性が高くなります。複数の評価特性それぞれに効果が期待できる別々の因子を多数同時に評価することで、いずれの特性も満足できる最適解が得られる確率が高まります。
  

Q3:結果が数値として出てこない直交表実験ではどのように計算しますか?

A3:キズのひどさ、汚れの程度などの官能的特性ですね。例えばキズについては表面粗さ、汚れについては反射率など、計測可能な数値評価による解析を強く推奨しますが、時として感覚による5段階評価点などで解析することもあります。 
 ただしOK/NGの2段階評価はほとんど機能しません。非常に単純な要因効果図になってしまいます。
  

Q4:直交表での因子の割付けは工程の順序と関係しますか? 割り付ける列を変えると、結果に差が出ますか?


A4:非常に良い質問です。基本的には割付けする列に悩む必要はなく、適当な列に割り付けて構いません。ただし直交表によっては、ある特定の2列の交互作用が別の特定の列に混じってしまう(交絡するという)ことがありやや注意が必要です。

  

品質問題の未然防止と品質工学(裏)
品質問題の未然防止と品質工学
品質工学を最もやさしく解説するセミナーDVD好評発売中! 
「品質問題の未然防止は難しくない!-品質工学の基本的な考え方-」

https://www.monodukuri.com/dvd_library/dt/6


直交表」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「熊坂 治」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(くまさか おさむ)  / 専門家A / 株式会社産業革新研究所

ものづくり革新技法のナレッジを広く共有、活用する場を提供し、製造業の生産性を向上します。
企業ごとに最適なツールを組み合わせてプロセスに適用し、生産性を向上させつつ技術者の方に実地指導して自律実行を可能にします。必要なフォーマットを提供しますので、最小限の理解で自主的に活用する事ができます。 品質工学会評議員、山梨県品質工学研究会幹事、日本技術士会広報委員、山梨県技術士会幹事、日本品… 続きを読む

直交表」の他の技法解説記事
  • 主な直交表の種類と特徴

     主な直交表とそれによって評価できる因子の水準数を下表1に示します。  表1.主要な直交表と評価できる水準数  2水準/3水準とその混合系が一般的に利用されます。5水準系や、完全には直交していない殆直交表などもありますが、あまり使われているのを…

  • 効率的な実験手順を考える(その4)直交表実験の準備と実行

    1.実験の準備  直交表を使った実験で因子と水準を割り付けたら、各行の水準組合せを確認して実施不可能な組合せを確認し、あれば因子や水準を変更します。ただし組合せによって機能しないサンプルが幾つかできたり、明らかに性能の悪いサンプルが予想されても問…

  • 効率的な実験手順を考える(その5)直交表実験の解析と確認

    1.実験データの解析  実験が終了したら、データを解析ソフトに測定データを入力して評価結果を出力します。ご自分でエクセルで分散分析表を組んでもさほど難しくありませんが、便利で安価なソフトが市販されていますから、使わない手はないでしょう。  当サ…

  • 効率的な実験手順を考える(その3)因子のリストアップと選定

    1.実験因子の抽出  実験手順の中で、ある意味ここが一番重要なステップです。目的とする効果に対して有効な制御因子が実験に含まれていないと、どんなにうまく実験、分析しても芳しい結果は得られません。このステップだけは手法の問題ではなく技術者の知識、経…

ものづくりスマートサーチ
直交表」の活用事例
  • 統計手法利用の改善事例:直交表、分散分析表

     インターネットを媒介とした契約商品を販売しているE社は積極的に売上の改善に取り組んでいました。様々なアイデアを社員から募集し、採用したものは契約率への効果を評価していました。 一つのアクションを一定期間実行し、少しでも契約率が上がればそのアクショ…


オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら