効率的な実験手順とは 【連載記事紹介】

SQC

 

効率的な実験手順を考えるの連載記事が、無料でお読みいただけます!

【特集】連載記事紹介の一覧へ戻る

◆実験とは

実験とは「仮説」をたてて、それを「試してみる」「評価する」「確認する」ことです。 一般的には後半の「確認」に労力を取られますが、「仮説」が間違っていると多大な労力を費やしたにもかかわらず良い結果は出ません。もっと仮説そのものや、解決のためのアイデアを考えるところに努力すべきです。ここが最も創造的=クリエーティブな作業であり、コンピュータやロボットが発達しても、ここは最後まで人間の仕事として残るでしょう。

 

一方、仮説の評価、検証は「省力化、効率化」が可能な分野です。「直交表/タグチメソッド」などの効果的なツールを使うことで、圧倒的に短い時間、少ない労力で同じ結果が得られます。

効率的な実験の手順
図.効率的な実験手順(連載1.全体の流れ 参照)

 

【効率的な実験手順を考える 連載記事一覧】

効率的な実験手順を考えるは、ものづくりドットコム 登録専門家の熊坂 治氏が長年の実践と検証から構築した連載解説記事です。

 

1. 全体の流れ

2. 実験の目的と評価項目、方法、目標を設定する

3. 因子のリストアップと選定

4. 直交表実験の準備と実行

5. 直交表実験の解析と確認

 

【関連解説記事の紹介】

◆ 直交表のリスキリング 【厳選記事紹介】

 

<<この連載を利用の際のお願い>>

ここで紹介する連載の転載は固くお断りします。少人数での個人的な勉強会での使用のみに限定してください。

 

 

「直交表」の他のキーワード解説記事

もっと見る
相互作用、交互作用とは

     統計学で交互作用という言葉が良く出てきます。主には実験計画法(DOE)で頻出しますが、DOEに限らず統計学では一般的...

     統計学で交互作用という言葉が良く出てきます。主には実験計画法(DOE)で頻出しますが、DOEに限らず統計学では一般的...


直交表の線点図とその使い方

 直交表は多くの因子を効率的に評価できる優れた実験計画ツールです。特に主効果のみを割り付けて実験するとその効率は極めて高くなりますが、どうしても因子間の交...

 直交表は多くの因子を効率的に評価できる優れた実験計画ツールです。特に主効果のみを割り付けて実験するとその効率は極めて高くなりますが、どうしても因子間の交...


効率的な実験手順を考える(その3)因子のリストアップと選定

1.実験因子の抽出  実験手順の中で、ある意味ここが一番重要なステップです。目的とする効果に対して有効な制御因子が実験に含まれていないと、どんなにうまく...

1.実験因子の抽出  実験手順の中で、ある意味ここが一番重要なステップです。目的とする効果に対して有効な制御因子が実験に含まれていないと、どんなにうまく...


「直交表」の活用事例

もっと見る
統計手法利用の改善事例:直交表、分散分析表

 インターネットを媒介とした契約商品を販売しているE社は積極的に売上の改善に取り組んでいました。様々なアイデアを社員から募集し、採用したものは契約率への効...

 インターネットを媒介とした契約商品を販売しているE社は積極的に売上の改善に取り組んでいました。様々なアイデアを社員から募集し、採用したものは契約率への効...


直交表における交互作用の評価について

        今回は、直交表における交互作用の評価について、次のようなQ&A形式で事例により解説します。   Q1. 現在3つの因子A...

        今回は、直交表における交互作用の評価について、次のようなQ&A形式で事例により解説します。   Q1. 現在3つの因子A...