ホーム > 技法解説 > 直交表 > 効率的な実験手順を考える(その2)実験の目的と評価項目、方法、目標を設定する

直交表」の技法解説記事


効率的な実験手順を考える(その2)実験の目的と評価項目、方法、目標を設定する

 何の活動を始めるにしても目的、目標の設定が最初です。

 主たる目的を達成するための評価項目は明確でも、隠れた目的がある場合も多いので注意しましょう。例えば、出力の向上をメインの目的として種々のパラメータを実験するとしても、そのパラメータを変化させることで発生するノイズ、材料の扱いやすさ、温度特性、寿命なども合わせて評価が必要であることが一般的です。

 コストについては実験するまでもなく分かることなので、あまりに現実離れした価格のものについては、実験の候補から外す事も検討すべきでしょう。

 一般には実験前に目標値を設定することも多いのですが、これには反論もあります。つまり「目標に到達しなかったら採用しないのか?」ということです。たとえ目標値に到達しなくても、現状に対する性能が明らかに向上するのであれば、原則新技術は採用するはずです。

 逆に目標値に到達すればそれ以上を追求しないということもなく、社会的な価値を大きくするためには、現時点で得られるあらゆる知識、情報を駆使して最適な組み合わせを短期間に見出すことが重要です。

 ということで目的は明確にしなくてはいけませんが、目標値の設定に必要以上の労力を費やすことは生産的とは言えません。

品質問題の未然防止と品質工学(裏)
品質問題の未然防止と品質工学


品質工学をやさしく解説するセミナーDVD好評発売中! 
「品質問題の未然防止は難しくない!-品質工学の基本的な考え方-」

https://www.monodukuri.com/dvd_library/dt/6

直交表」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「熊坂 治」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(くまさか おさむ)  / 専門家A / 株式会社産業革新研究所

ものづくり革新技法のナレッジを広く共有、活用する場を提供し、製造業の生産性を向上します。
企業ごとに最適なツールを組み合わせてプロセスに適用し、生産性を向上させつつ技術者の方に実地指導して自律実行を可能にします。必要なフォーマットを提供しますので、最小限の理解で自主的に活用する事ができます。 品質工学会評議員、山梨県品質工学研究会幹事、日本技術士会広報委員、山梨県技術士会幹事、日本品… 続きを読む


MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら