MTシステム超入門(その21)

1.パターン認識とは

 今回はMTシステムと密接な関係にあるパターン認識について考えてみます。グリム童話に、「狼と七匹の子山羊」がありますが、これが典型的なパターン認識の例です。 留守番をしていた子山羊たちを食べようとやってきた狼が、「お母さんですよ」と言うのですが、声が違うと見破られます。狼は声をやさしく変えてやってきますが、足が違うと見破られます。足を小麦粉で白く見せて、子山羊たちはとうとうドアを開けてしまします。 「優しい声」「白い足」という二つの情報を示すことで、お母さん山羊と信じこませたのです。

 年老いた母親に電話をかけ、息子になりすましてお金をだまし取るオレオレ詐欺は、子山羊に対する狼の手口と全く同じです。 「母さん、オレだよ」から始まり、「声がおかしい」と言われると「風邪をひいた」と言い、その次には警察官を名乗る別の人間が電話に出て信じ込ませます。グリム童話と驚くほどそっくりです。

 悪事のたくらみほど脳はよく働くようで、いろいろな手口が発明されます。指紋の偽造では、他人の指紋の型をとり、シリコンで凹凸をコピーして自分の指先に貼り付けるのです。 そんな手口を回避するために、静脈認証という方法も開発されました。しかし、静脈認証すらも破る“技術”が開発されるかもしれません。三次元プリンタがどのような悪事に使われるか、善良な私たちも考えておく必要があるでしょう。

 

セミナー「マハラノビス・タグチ(MT)システム入門コース」

9:25 ~ 17:00 

東京・日科技連 本部

69,120円

2.認証技術のこれから

 先日の日経新聞に「歩く姿をコンピュータは識別できる」という記事が出ていました。 大阪大学の八木康史教授らが開発した技術の紹介です。防犯カメラに映った歩く姿から、歩幅・姿勢・腕の振りの幅と速さ・左右の対称性などの特徴を取り出し、異なる2つの映像の人物が同じかどうかを94%の精度で判定するそうです。 街のあちこちに防犯カメラがありますが、将来は「この歩き方をする人間をリストアップする」というところまで開発が進むでしょう。

 さらには、個人認証技術の進歩に関する記事も掲載されていました。技術の進歩は良いのですが、「頼みもしないのに、自分がいつどこに居たかが分かってしまう」ことへの不安もあります。 歩き方と顔認証によって、カメラ映像だけで個人をほぼ特定できるそうですから、プライバシーが心配になります。日経記事のまとめは「利便性との折り合いをどうつけるか、合意形成に向けて丁寧な議論が必要」となっています。技術者は一生懸命技術の開発に務めますが、合意形成を担当する当事者でもあります。


この記事の著者

手島 昌一

画像検査、振動検査などの自動化を進めませんか。MTシステムで低コストに確実に実現できます。

画像検査、音響などの波形検査は、人間(検査員)への依存度が高く、コスト低減のボトルネックの一つです。MTシステムというパターン認識理論を使うと、処理できる場合がほとんどです。世界中の企業が注目しており、また「付加価値」の必要性を感じる国内…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「MTシステム」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「手島 昌一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。