「機能性評価」のキーワード記事検索


12件中 1~12件目

信頼性テストは卒業試験 -品質工学の考え方-

 新製品開発の際に行われる信頼性テストは、ちょうど卒業試験のようなものです。日本の大学は「入学は難しいが、卒業は易しい」のでピンと来ないかもしれませんが、米国…

 新製品開発の際に行われる信頼性テストは、ちょうど卒業試験のようなものです。日本の大学は「入学は難しいが、卒業は易しい」のでピンと来ないかもしれませんが、米国…

超実践 品質工学  (その1) 未来の品質

 未来の品質の見える化のための方法論として、品質工学の「機能性評価(機能の安定性評価)」があります。今回の連載では、難しいと思われがちな機能性評価の概要と、実…

 未来の品質の見える化のための方法論として、品質工学の「機能性評価(機能の安定性評価)」があります。今回の連載では、難しいと思われがちな機能性評価の概要と、実…

超実践 品質工学  (その2) 機能性評価

 前回のその1:未来の品質に続いて解説します。   3.「機能性評価」で「より早く、より速く」品質の評価を  対象(製品、部品)に備わっている働きを…

 前回のその1:未来の品質に続いて解説します。   3.「機能性評価」で「より早く、より速く」品質の評価を  対象(製品、部品)に備わっている働きを…

超実践 品質工学  (その3) 機能定義

 前回のその2:機能性評価に続いて解説します。   1. 機能定義  機能とは対象に備わっている「働き」や「お客様のニーズ」と考えればよいのでしょう…

 前回のその2:機能性評価に続いて解説します。   1. 機能定義  機能とは対象に備わっている「働き」や「お客様のニーズ」と考えればよいのでしょう…

超実践 品質工学  (その4) ばらつき要因、ノイズ因子

 前回のその3:機能定義に続いて解説します。   1. 外乱と内乱という区別  機能性評価の手順②のばらつき要因を考える際に、外乱と内乱という区別を…

 前回のその3:機能定義に続いて解説します。   1. 外乱と内乱という区別  機能性評価の手順②のばらつき要因を考える際に、外乱と内乱という区別を…

超実践 品質工学  (その5) SN比について

 前回のその4:ばらつき要因、ノイズ因子に続いて、今回はSN比を解説します。    機能の安定性を測る尺度(ものさし)であるSN比について見てい…

 前回のその4:ばらつき要因、ノイズ因子に続いて、今回はSN比を解説します。    機能の安定性を測る尺度(ものさし)であるSN比について見てい…

超実践 品質工学  (その6) 機能性評価の使いどころと効果

 前回の SN比に続いて解説します。    ここまでの解説のように、機能定義・ノイズ因子設定・SN比定義を実験計画段階でしっかり実施しておくことが、評価の…

 前回の SN比に続いて解説します。    ここまでの解説のように、機能定義・ノイズ因子設定・SN比定義を実験計画段階でしっかり実施しておくことが、評価の…

「信頼性試験」と「機能性評価」の違いとは

 品質工学では、CAEを活用して「試作レス」「試験レス」「検査レス」で市場に出てからの商品の品質評価を行うことを提唱しています。 具体的には、「機能性評価(F…

 品質工学では、CAEを活用して「試作レス」「試験レス」「検査レス」で市場に出てからの商品の品質評価を行うことを提唱しています。 具体的には、「機能性評価(F…

計測真値不明で「誤差」を求める方法

 計測の世界では、誤差(精度)を求めることが必要ですが、誤差は真値―計測値で定義されているため、真値が分からなければ誤差は求められません。それにもかかわらず科…

 計測の世界では、誤差(精度)を求めることが必要ですが、誤差は真値―計測値で定義されているため、真値が分からなければ誤差は求められません。それにもかかわらず科…

「目的機能」と「基本機能」の機能性評価

 品質工学での機能性評価は、消費者の期待する「目的機能」と技術手段の「基本機能」に分けることができます。目的機能は消費者が欲しいものだけでなく、欲しくないもの…

 品質工学での機能性評価は、消費者の期待する「目的機能」と技術手段の「基本機能」に分けることができます。目的機能は消費者が欲しいものだけでなく、欲しくないもの…

機能性評価について

        今回は、機能性評価について、機能性評価で見る機能、機能の定義の事例、機能がいくつか出てきた場合には、どのように対応すれば良いかなどを解説…

        今回は、機能性評価について、機能性評価で見る機能、機能の定義の事例、機能がいくつか出てきた場合には、どのように対応すれば良いかなどを解説…

製品機能(その7)機能のモデル化

 設計上の機能を精査するためには、機能を可視化することが求められます。発想法のTRIZでは、アイデア出しを行う前の事前準備として、機能モデルを描きます。ここで…

 設計上の機能を精査するためには、機能を可視化することが求められます。発想法のTRIZでは、アイデア出しを行う前の事前準備として、機能モデルを描きます。ここで…