「人的資源マネジメント」のキーワード記事検索


32件中 1~20件目

管理職が学べき面談技術とは (その1)

 毎年、新年度になると、年度方針や年度計画の話が、全社、事業部、部、課、チームといった組織の各階層で行われているのではないでしょうか。年度の初めに合わせて...

 毎年、新年度になると、年度方針や年度計画の話が、全社、事業部、部、課、チームといった組織の各階層で行われているのではないでしょうか。年度の初めに合わせて...

工場での個人目標管理制度とは

        工場での個人目標管理を徹底したところ、極端な状況では、社員が自分のことしか考えなくなり、結果だけを求めプロセスを気にかけなくなるなど...

        工場での個人目標管理を徹底したところ、極端な状況では、社員が自分のことしか考えなくなり、結果だけを求めプロセスを気にかけなくなるなど...

人材育成、階層別教育とは

1. 人材育成の必要性  今の時代、商品で他社と大きな差別化を図るのは非常に難しいことです。商品で差をつけることができなければ、「人で差別化を図...

1. 人材育成の必要性  今の時代、商品で他社と大きな差別化を図るのは非常に難しいことです。商品で差をつけることができなければ、「人で差別化を図...

職種転換の進め方とは

        今回は、次のような想定から、職種転換の進め方について解説します。   1. 職種転換による営業強化  試作金型工場で、従業...

        今回は、次のような想定から、職種転換の進め方について解説します。   1. 職種転換による営業強化  試作金型工場で、従業...

社員のモチベーションの維持はどうすればいいのか

   本稿では、社員のモチベーションをいかに維持していくかについて、解説します。施策及び仕組み、モチベーション理論の視点で整理すると、次のようになります...

   本稿では、社員のモチベーションをいかに維持していくかについて、解説します。施策及び仕組み、モチベーション理論の視点で整理すると、次のようになります...

人件費の適正水準とは

 人件費は、どんな企業でも「常に悩ませる課題」の一つです。人件費の適正水準とはなんでしょうか。今回は、人件費の適正水準を判断する指標として、なにがあるのか...

 人件費は、どんな企業でも「常に悩ませる課題」の一つです。人件費の適正水準とはなんでしょうか。今回は、人件費の適正水準を判断する指標として、なにがあるのか...

管理職が学べき面談技術とは (その2)

 前回のその1に続いて解説します。    共通ゾーンを意識することができたら、次に考えることは、実際にパーソナル・アジェンダをどうやって引き出すかです...

 前回のその1に続いて解説します。    共通ゾーンを意識することができたら、次に考えることは、実際にパーソナル・アジェンダをどうやって引き出すかです...

教育システムの設計:多能工・技能工人材の育成(その8)

 前回のその7に続いて解説します。今回は、人材マップの作成方法についてです。    「人材マップ」とは、ある分野・領域において、どのような人材がいるの...

 前回のその7に続いて解説します。今回は、人材マップの作成方法についてです。    「人材マップ」とは、ある分野・領域において、どのような人材がいるの...

教育システムの設計:多能工・技能工人材の育成(その7)

 間接業務、直接業務を問わず、生産性向上の方策として「多能工化」が求められています。特に間接業務では、図1のように出来る人が業務をすべて抱え込むのではなく...

 間接業務、直接業務を問わず、生産性向上の方策として「多能工化」が求められています。特に間接業務では、図1のように出来る人が業務をすべて抱え込むのではなく...

教育システムの設計:多能工・技能工人材の育成(その6)

 品質教育の必要性を感じつつも、実際にどのような教育を実施したらよいのかを悩んでいるものづくり企業の経営者も多いと思います。今回は、品質教育をテーマに解説...

 品質教育の必要性を感じつつも、実際にどのような教育を実施したらよいのかを悩んでいるものづくり企業の経営者も多いと思います。今回は、品質教育をテーマに解説...

教育システムの設計:多能工・技能工人材の育成(その5)

 前回のその4に続いて解説します。近年は、中小ものづくり企業にとって、より高度な技術や多品種少量生産・変種変量生産に耐えうる企業体質への変革が求められてい...

 前回のその4に続いて解説します。近年は、中小ものづくり企業にとって、より高度な技術や多品種少量生産・変種変量生産に耐えうる企業体質への変革が求められてい...

教育システムの設計:多能工・技能工人材の育成(その4)

 前回のその3に続いて解説します。新入社員は、新人研修、OJTによる現場指導など、教育訓練を実施して、早く即戦力として仕事を任せられるようにしなければなり...

 前回のその3に続いて解説します。新入社員は、新人研修、OJTによる現場指導など、教育訓練を実施して、早く即戦力として仕事を任せられるようにしなければなり...

教育システムの設計:多能工・技能工人材の育成(その3)

 その会社の人事制度を見れば、従業員を大事にしている会社かどうかが分かります。従業員を「人材」として大事に扱っている会社は伸びています。逆に、従業員を「あ...

 その会社の人事制度を見れば、従業員を大事にしている会社かどうかが分かります。従業員を「人材」として大事に扱っている会社は伸びています。逆に、従業員を「あ...

教育システムの設計:多能工・技能工人材の育成(その2)

 信賞必罰とは、企業にとって利益に貢献した者には必ず賞を与え企業にとって不利益となる行為を犯した者は必ず罰することです。これぞ正しく平等と言えます。これが...

 信賞必罰とは、企業にとって利益に貢献した者には必ず賞を与え企業にとって不利益となる行為を犯した者は必ず罰することです。これぞ正しく平等と言えます。これが...

教育システムの設計:多能工・技能工人材の育成(その1)

 どの会社も中身はどうであれ、教育制度はあります。大手企業なら、新人教育をはじめ、専門教育、幹部教育など至れり尽くせりの教育メニューが整備されています。と...

 どの会社も中身はどうであれ、教育制度はあります。大手企業なら、新人教育をはじめ、専門教育、幹部教育など至れり尽くせりの教育メニューが整備されています。と...

レジリエンスを高める技術(その7) 人とのつながり

 レジリエンスを高める技術、前回の徳性の強みに続いて、今回は、人とのつながり(Connection)です。   1.人との良好なつながりを構築する技術...

 レジリエンスを高める技術、前回の徳性の強みに続いて、今回は、人とのつながり(Connection)です。   1.人との良好なつながりを構築する技術...

中国工場のレベルを高める第1歩とは

 中国工場の品質管理体制の構築、品質改善の支援・指導について解説します。今回は、従業員教育についてです。従業員教育の始めは、現場の管理者や検査員を対象とし...

 中国工場の品質管理体制の構築、品質改善の支援・指導について解説します。今回は、従業員教育についてです。従業員教育の始めは、現場の管理者や検査員を対象とし...

レジリエンスを高める技術(その6)

 レジリエンスを高める技術、前回の心理的柔軟性に続いて、今回は、徳性の強み(Character Strengths)です。   1.徳性の強み ...

 レジリエンスを高める技術、前回の心理的柔軟性に続いて、今回は、徳性の強み(Character Strengths)です。   1.徳性の強み ...

ヒューマンエラー防止の考え方

 「ヒューマンエラーを防ぐ」ということは「労働災害を防ぐ」といった「安全」についてということだけではなく、「ヒューマンエラーによる不良などの品質問題を防ぐ...

 「ヒューマンエラーを防ぐ」ということは「労働災害を防ぐ」といった「安全」についてということだけではなく、「ヒューマンエラーによる不良などの品質問題を防ぐ...

レジリエンスを高める技術(その5)

レジリエンスを高める技術、前回の楽観性に続いて、今回は、心理的柔軟性(Mental Agility)です。   1.思考のクセを知る  気持ちが...

レジリエンスを高める技術、前回の楽観性に続いて、今回は、心理的柔軟性(Mental Agility)です。   1.思考のクセを知る  気持ちが...