「ステージゲート法」のキーワード記事検索


73件中 1~20件目

技術の目利きを考える

 時々、私が行なっているステージゲート法のセミナーで参加者の皆さんから出される質問に、テーマの選定には「技術の目利き」が必要かというものがあります。今回は...

 時々、私が行なっているステージゲート法のセミナーで参加者の皆さんから出される質問に、テーマの選定には「技術の目利き」が必要かというものがあります。今回は...

ステージゲートプロセスの活用(その3)

4.ステージゲートプロセスにおける不確実性の対処の工夫  前回のその2に続いて解説します。革新性(イノベーション)と表裏一体の関係にある不確実性にう...

4.ステージゲートプロセスにおける不確実性の対処の工夫  前回のその2に続いて解説します。革新性(イノベーション)と表裏一体の関係にある不確実性にう...

ステージゲートプロセスの活用(その2)

4.ステージゲートプロセスにおける不確実性の対処の工夫  前回のその1に続いて解説します。革新性(イノベーション)と表裏一体の関係にある不確実性にう...

4.ステージゲートプロセスにおける不確実性の対処の工夫  前回のその1に続いて解説します。革新性(イノベーション)と表裏一体の関係にある不確実性にう...

ステージゲートプロセスの活用(その1)

1.ステージゲートプロセスの目的  ステージゲートプロセスは、日本では研究開発テーマを管理する手法と理解されていますが、その理解は正しくありません。...

1.ステージゲートプロセスの目的  ステージゲートプロセスは、日本では研究開発テーマを管理する手法と理解されていますが、その理解は正しくありません。...

研究テーマの多様な情報源(その15)情報発信のマーケティング

1.情報マーケティングのSTP+4P  前回のその14に続いて、今回も、情報・知識を多様化するコンセプトとしてのオープンイノベーションを議論します。 ...

1.情報マーケティングのSTP+4P  前回のその14に続いて、今回も、情報・知識を多様化するコンセプトとしてのオープンイノベーションを議論します。 ...

研究テーマの多様な情報源(その14)まずは情報発信

1.オープンイノベーションに向けての主体的活動の限界  前回のその13 オープンイノベーションに続いて解説します。オープンイノベーションによって情報・知...

1.オープンイノベーションに向けての主体的活動の限界  前回のその13 オープンイノベーションに続いて解説します。オープンイノベーションによって情報・知...

研究テーマの多様な情報源(その13)オープンイノベーション

1.オープンイノベーションとは  前回のその12に続いて、解説します。オープンイノベーションとは、ハーバード・ビジネススクールのヘンリー・チェスブローに...

1.オープンイノベーションとは  前回のその12に続いて、解説します。オープンイノベーションとは、ハーバード・ビジネススクールのヘンリー・チェスブローに...

研究テーマの多様な情報源(その12)消費財製品にとっての顧客

1.消費財(B2C製品)にとっての「顧客の顧客」は?  前回のその11に続いて、解説します。業務効率化の活動には、「次工程を顧客と考える」という視点があ...

1.消費財(B2C製品)にとっての「顧客の顧客」は?  前回のその11に続いて、解説します。業務効率化の活動には、「次工程を顧客と考える」という視点があ...

研究テーマの多様な情報源(その11)顧客の顧客

 前回は、研究テーマの多様な情報源(その10 補完品企業)でした。今回は情報や知識を集める対象としての、「顧客の顧客」について議論をしたいと思います。 ...

 前回は、研究テーマの多様な情報源(その10 補完品企業)でした。今回は情報や知識を集める対象としての、「顧客の顧客」について議論をしたいと思います。 ...

研究テーマの多様な情報源(その10)補完品企業

1.補完品企業から情報を収集する意義  前回は、研究テーマの多様な情報源(その9 ラガード)遅れる人とは 、でした。今回は、その10 補完品企業です。補...

1.補完品企業から情報を収集する意義  前回は、研究テーマの多様な情報源(その9 ラガード)遅れる人とは 、でした。今回は、その10 補完品企業です。補...

研究テーマの多様な情報源(その9)ラガード

 ラガード(英語ではlaggard:遅れる人という意味)とは、新製品が上市された後で一番最後に購入する層の呼称です。今回はラガードから情報・知識を集める活...

 ラガード(英語ではlaggard:遅れる人という意味)とは、新製品が上市された後で一番最後に購入する層の呼称です。今回はラガードから情報・知識を集める活...

研究テーマの多様な情報源(その8)マジョリティ

 『非』重要顧客から情報・知識を集める活動において、『非重要顧客』は情報の活用の面から3つのグループ、すなわち、新製品購入時期で区分されるライトハウスカス...

 『非』重要顧客から情報・知識を集める活動において、『非重要顧客』は情報の活用の面から3つのグループ、すなわち、新製品購入時期で区分されるライトハウスカス...

研究テーマの多様な情報源(その7)非重要顧客

1.『非重要顧客』とは何か?  前回の、その6に続いて、今回は、非重要顧客についてです。営業の視点から見ると、自社製品を定常的に沢山買ってくれる顧客は『...

1.『非重要顧客』とは何か?  前回の、その6に続いて、今回は、非重要顧客についてです。営業の視点から見ると、自社製品を定常的に沢山買ってくれる顧客は『...

研究テーマの多様な情報源(その6)既存の重要顧客を分野軸で見る

 別稿で、既存の重要顧客について、時間軸を長くして見るという件を掲載しました。今回は分野軸で議論します。  既存の重要顧客といえども、営業的な視点でしか...

 別稿で、既存の重要顧客について、時間軸を長くして見るという件を掲載しました。今回は分野軸で議論します。  既存の重要顧客といえども、営業的な視点でしか...

研究テーマの多様な情報源(その5)顧客からの情報

 今回は顧客を対象として議論しましょう。情報・知識の『源』を多様化するためには、どのような顧客とコンタクトすれば良いのでしょうか?  顧客の情報を活用す...

 今回は顧客を対象として議論しましょう。情報・知識の『源』を多様化するためには、どのような顧客とコンタクトすれば良いのでしょうか?  顧客の情報を活用す...

研究テーマの多様な情報源(その4)社内の知識・情報を多様化する手段

 今回は、社内全体を対象として「情報・知識の『源』を多様化する」具体的かつ有効な手段の後半をお届けします。   4.組織横断的な横串し活動  別稿で...

 今回は、社内全体を対象として「情報・知識の『源』を多様化する」具体的かつ有効な手段の後半をお届けします。   4.組織横断的な横串し活動  別稿で...

研究テーマの多様な情報源(その3)社内の知識・情報を多様化する手段

 今回は、社内全体を対象として「情報・知識の『源』を多様化する」ための具体的な有効な手段を2回に分けて議論してみます。   1.社内他事業部門・グルー...

 今回は、社内全体を対象として「情報・知識の『源』を多様化する」ための具体的な有効な手段を2回に分けて議論してみます。   1.社内他事業部門・グルー...

研究テーマの多様な情報源(その2)社内・グループ企業の知識・情報活用

 近年、自社にない機能、技術やアイデアを社外に求めるオープンイノベーションを積極的に進める企業が増えてきています。もちろん企業経営において、その重要性を否...

 近年、自社にない機能、技術やアイデアを社外に求めるオープンイノベーションを積極的に進める企業が増えてきています。もちろん企業経営において、その重要性を否...

研究テーマの多様な情報源(その1)自部門内

 情報源に多様性を求める場合、一番身近なのが、自部門内で様々な情報を集めることです。身近にもかかわらず、意外と活用されていないのではないでしょうか?もちろ...

 情報源に多様性を求める場合、一番身近なのが、自部門内で様々な情報を集めることです。身近にもかかわらず、意外と活用されていないのではないでしょうか?もちろ...

情報収集における形式知と暗黙知、顧客を五感で理解する

 知識には形式知と暗黙知があるということは、広く知られています。形式知とは、文章や言葉として表すことができる、また既に表された知識です。レポート、書籍、講...

 知識には形式知と暗黙知があるということは、広く知られています。形式知とは、文章や言葉として表すことができる、また既に表された知識です。レポート、書籍、講...