ステージゲートプロセスの活用(その1)

1.ステージゲートプロセスの目的

 ステージゲートプロセスは、日本では研究開発テーマを管理する手法と理解されていますが、その理解は正しくありません。ステージゲートプロセスの目的は、イノベーションを継続して起こすためのマネジメント体系です。本稿では、ステージゲートプロセスでどうイノベーションを実現するのかを、解説していきます。
 

2.ステージゲートプロセスとは

 ステージゲートプロセスとは1980年代にカナダのマクマスター大学のロバート・クーパー教授が創った、研究開発などのテーマをマネジメントし、事業の成功に結び付けるためのマネジメント体系です。開発から30年を経た現在までに世界中で広く利用され、北米の製造業では8割の企業が同法を使用していると言われ、テーマ・マネジメントの世界標準となっています。
 
 ステージゲートプロセスは、テーマの創出から、製品の市場投入、更にはその先までのプロセスを複数の活動、すなわち「ステージ」に分け、各ステージの間には評価の関門である「ゲート」を設け、そこでそのテーマを次のステージに進めるかどうかを評価し意思決定するというプロセスです。図1のように、テーマが市場投入するには複数の関門(「ゲート」)をくぐりぬけることが求められます。
 
          
ステージゲート
                 図1.製品開発のステージゲートプロセス
 

セミナー「基礎から学ぶ!「研究開発テーマ」の評価法」

10:30 ~ 16:30 

[東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO) 6階 F会議室

46,440円

3.ステージゲートプロセスに組み込まれたイノベーションのための2つの仕組み

 ステージゲートプロセスには、2つのイノベーションの仕組みが組み込まれています。
 
 まず1つ目の仕組みですが、革新的テーマ(イノベーション)は、他社が手掛けていないテーマですから、その不確実性は当然高くなります。つまり革新性と不確実性はコインの裏表の関係にあると言えます(図2)。したがって、この不確実性をうまくマネジメントできないと、革新的テーマの創出とその事業での成功を実現することはできません。図2のように、ステージゲートプロセスは、この不確実性をうまくマネジメントし、革新的なテーマを選び事業の成功、すなわちイノベーションを実現するためのシステムです。
 
        
ステージゲート
                    図2.革新性と不確実性との関係
 
 もう1つですが、ステージゲートプロセスには、研究者の「自由」と「管理」のメリハリのついたバランスを実現し、研究者のイノベーションを促進する仕組みが組み込まれています。次回のステージゲートプロセスの活用(その2)では、この2つの仕組みについて解説します。
 

この記事の著者

浪江 一公

プロフェッショナリズムと豊富な経験をベースに、革新的な製品やサービスを創出するプロセスの構築のお手伝いをいたします。

今多くの日本企業は「技術で勝って、事業で負ける」という問題を抱えています。ステージゲート法はこの問題を解決する極めて有効は方法論です。米国では製造業の6割が利用し、日本においても100社以上で活用されている手法で、最近では富士フイルムが本…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「ステージゲート法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「浪江 一公」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン