品質を作り込むとは 【連載記事紹介】 

QC

 

品質とはの連載記事が、無料でお読みいただけます!

【特集】連載記事紹介の一覧へ戻る

 

◆品質を考える:品質を作り込むとは

会社が生き残るには、利益を出すことと利益を出し続ける体質に変えていくことです。特に、利益を出し続けていくには、目先のことではなく、5年10年といった長いスパンで、物事を見据えてじっくり考える必要があります。そして一番の基本であり最も大切なことは、高い品質を確保することです。

 

品質不良は損失そのものであり、品質が良いということは安く生産できることになります。その工程で発見される不良の原因は、実は半分だけなのです。そのため、いくら頑張って不良削減に取り組んでも半分しか不良は減りません。あとの半分は前工程の悪さによるものです。前工程からのワークの不良、そして設計の不良によるものです。ですから自分の工程をしっかりと管理することも当然ですが、前工程からの協力がなければ不良ゼロを達成できません。

 

下記の連載は、固定観念を打ち崩しながら現場改善にとどまらず、経営革新まで範囲を広げ、品質とは何か、品質を作り込むとは何かを具体的に解説しています。

 

◆品質を考える 連載記事一覧

品質を考えるは、ものづくりドットコム 登録専門家の松田 龍太郎氏が長年の実践と検証から構築した連載解説記事です。

 

1. 流すことよりも止めること

2. 最も大切なことは、高い品質を確保すること

3. 不良の原因は自工程だけではない

4. 段取り替え時間短縮で在庫削減

5. 品質は工程でつくり込む

6. ポカヨケと不良

7. 検査は付加価値を生まない作業

8. 多能工化も定期的に点検しよう

9. 不良をさらけ出す勇気を持とう

 

<<この連載を利用の際のお願い>>

ここで紹介する連載の転載は固くお断りします。少人数での個人的な勉強会での使用のみに限定してください。

 


「品質マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
品質保証概論(その2)品質を保証するということ

  品質は、「お客様の事前期待を上回ること」であり、品質・価格・供給の3要素が重要であることがわかりました。では、その品質をお客様にどうや...

  品質は、「お客様の事前期待を上回ること」であり、品質・価格・供給の3要素が重要であることがわかりました。では、その品質をお客様にどうや...


【快年童子の豆鉄砲】(その35)品質保証度評価法とは(8)

  ◆各構成因子に対する係数値の求め方(その3) 9.客先における検出難易度係数“β”の 求め方 こ...

  ◆各構成因子に対する係数値の求め方(その3) 9.客先における検出難易度係数“β”の 求め方 こ...


KI法(ケイアイ法)、結果が悪いのは工程が悪い・作業が悪い!

 品質問題の解決について以前説明した“ポカヨケと源流検査”は品質不良を起している原因(問題作業)が分っている場合に効果的ですが、新...

 品質問題の解決について以前説明した“ポカヨケと源流検査”は品質不良を起している原因(問題作業)が分っている場合に効果的ですが、新...


「品質マネジメント」の活用事例

もっと見る
中国企業の壁(その50) 把握している問題点をどのように改善するのか

        日本品質を目指している中国企業A社は、いろいろな取り組みをしているものの工程内不良や顧客クレームが継続して発生しています。特に昨年は...

        日本品質を目指している中国企業A社は、いろいろな取り組みをしているものの工程内不良や顧客クレームが継続して発生しています。特に昨年は...


中国企業の壁(その52) 取引先評価とコスト優先

       1. 外注業者の評価    日本品質を目指している中国企業A社では、外注業者の品質改善を最重要課題として取組みました。その施策の1...

       1. 外注業者の評価    日本品質を目指している中国企業A社では、外注業者の品質改善を最重要課題として取組みました。その施策の1...


品質管理の和洋折衷とは

1.平均値の盲信  複数データの代表値として平均値を用いる事が多々あると思います。平均貯蓄額、平均余命、平均点、平均給与、平均単価など、事例をあげる...

1.平均値の盲信  複数データの代表値として平均値を用いる事が多々あると思います。平均貯蓄額、平均余命、平均点、平均給与、平均単価など、事例をあげる...