制御システム(その11) 自動車の制御系セキュリティ

 

情報マネジメント

 自動車業界が、最優先で取り組んでいるのが、「自動運転」で、この実現に向けては、AI技術の飛躍的な向上や法令対応が必要です。現在、そうした取り組みが世界規模で行われています。そして、制御システムのセキュリティ対応の重要性、技術的・事業的な難しさの矢面に立たされているのが、この産業領域であろうと思います。

 現代の自動車はエンジン、ステアリング、ブレーキのコントロールは全てマイクロコンピュータによる電子制御で行われています。人命にかかわるものなので、機能安全の国際規格ISO 26262に基づく認証も 行われています。

 それに対して外部からのサイバー攻撃が行われると自動車の安全に危害が及ぶことになりますので、セーフティを担保しながらセキュリティ対策をどのように行うのかについて、いろいろな議論が かわされてきました。

 国連の中でWP39と呼ばれる国際検討活動があり、その中で安全とセキュリティを統合するような国際規格の制定、認証制度の在り方などが検討されていて、ISO/SAE 21434 として2020年の秋ごろにリリースされることになっています。これは自動車の企画、開発、製造から廃棄にいたるライフサイクル全般にわたるセキュリティ活動に関するプロセスを定めているものです。

 自動車はプラント設備と異なり、専門知識のない一般人が運転を行い、工場のように限定された場所ではなく公道を走行すること、自然環境から さまざまな影響を受けることなどの大きな違いがあるため、IEC 62443のような規格では対応できないという判断にたっています。

 そこで、もっと自...

 

情報マネジメント

 自動車業界が、最優先で取り組んでいるのが、「自動運転」で、この実現に向けては、AI技術の飛躍的な向上や法令対応が必要です。現在、そうした取り組みが世界規模で行われています。そして、制御システムのセキュリティ対応の重要性、技術的・事業的な難しさの矢面に立たされているのが、この産業領域であろうと思います。

 現代の自動車はエンジン、ステアリング、ブレーキのコントロールは全てマイクロコンピュータによる電子制御で行われています。人命にかかわるものなので、機能安全の国際規格ISO 26262に基づく認証も 行われています。

 それに対して外部からのサイバー攻撃が行われると自動車の安全に危害が及ぶことになりますので、セーフティを担保しながらセキュリティ対策をどのように行うのかについて、いろいろな議論が かわされてきました。

 国連の中でWP39と呼ばれる国際検討活動があり、その中で安全とセキュリティを統合するような国際規格の制定、認証制度の在り方などが検討されていて、ISO/SAE 21434 として2020年の秋ごろにリリースされることになっています。これは自動車の企画、開発、製造から廃棄にいたるライフサイクル全般にわたるセキュリティ活動に関するプロセスを定めているものです。

 自動車はプラント設備と異なり、専門知識のない一般人が運転を行い、工場のように限定された場所ではなく公道を走行すること、自然環境から さまざまな影響を受けることなどの大きな違いがあるため、IEC 62443のような規格では対応できないという判断にたっています。

 そこで、もっと自動車の事情に即したもので考えるべきだとなり、ISO/SAE 21434は機能安全規格のISO 26262と、米国自動車協会SAEが発行した自動車向けサイバーセキュリティガイドであるJ3061がベースとなって策定されています。日本も国土交通省と経済産業省が中心となって国内の法律の整備なども行われることになりますので今後の動向にも注視が必要です。

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

石田 茂

ものづくりの基本は人づくりをモットーに、技術者の持つ力を会社の組織力につなげるための仕組みづくりの伴奏支援を行います。

ものづくりの基本は人づくりをモットーに、技術者の持つ力を会社の組織力につなげるための仕組みづくりの伴奏支援を行います。


「情報マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
見積システムによるDX(その2)

  【この連載の前回:見積システムによるDX(その1)へのリンク】 ここでの「DX(デジタルトランスフォーメーション)」は、企業がデジタ...

  【この連載の前回:見積システムによるDX(その1)へのリンク】 ここでの「DX(デジタルトランスフォーメーション)」は、企業がデジタ...


インダストリー4.0とFMS

 最近インダストリー(産業革命)4.0というコンセプトが注目を集めています。インダストリー4.0はドイツが発祥といわれていますが、工場内や離れた工場にある...

 最近インダストリー(産業革命)4.0というコンセプトが注目を集めています。インダストリー4.0はドイツが発祥といわれていますが、工場内や離れた工場にある...


制御システム(その1) セキュリティ脅威と歴史

  1. 制御システムのセキュリティ脅威  個人情報の漏洩、仮想通貨の問題などが毎日のように新聞やネットで報道されて久しくなりました。 ...

  1. 制御システムのセキュリティ脅威  個人情報の漏洩、仮想通貨の問題などが毎日のように新聞やネットで報道されて久しくなりました。 ...


「情報マネジメント」の活用事例

もっと見る
生産スピード向上と品質管理

 電子メールやインターネットの普及により、ビジネスのグローバル化が大きく進みましたが、IT技術の進歩は、品質管理の方法も進歩させました。20数年前は製造条...

 電子メールやインターネットの普及により、ビジネスのグローバル化が大きく進みましたが、IT技術の進歩は、品質管理の方法も進歩させました。20数年前は製造条...


現場のExcel依存に注意しよう

 マイクロソフトの「Excel」は企業の業務遂行にとって欠かせないツールになりました。数字の集計、グラフの作成にとどまらず、作業伝票の発行、作業の管理、資...

 マイクロソフトの「Excel」は企業の業務遂行にとって欠かせないツールになりました。数字の集計、グラフの作成にとどまらず、作業伝票の発行、作業の管理、資...


人的資源マネジメント:データ指向ものづくりがもたらす高い生産性

 今、ものづくりの現場が目指すべきは「データ指向ものづくり」だと思います。 今回は、インダストリー4.0のような次世代ものづくりの大波への備えともなる 「...

 今、ものづくりの現場が目指すべきは「データ指向ものづくり」だと思います。 今回は、インダストリー4.0のような次世代ものづくりの大波への備えともなる 「...