制御システム(その5) 組織内のセキュリティ問題対策

 

情報マネジメント

 CSIRT(Computer Security Incident Response Team)というのは組織内のセキュリティ問題を専門的に扱う、インシデント対応チームです。自社製品のセキュリティを専門的に扱う組織として、PSIRTというものもあります。今回は、CSIRTについて解説します。

 最近、サーバの個人情報が漏洩して大騒ぎになることがあります。これまでは、そうした事件(インシデント)が発生すると、社内は蜂の巣をつついたような騒ぎになって、急遽対策チームが編成され情報把握したり、原因究明をしたりとなるのですがが、どうしても後手に回るということになりがちでした。 CSIRTはそういうインシデントが発生することを見越して、その場合の対応を行う体制をあらかじめ社内に構築するというものです。

 それでも、いつ発生するかわからないセキュリィティ攻撃のために、それだけ行う専任者を常時配置しておけるかというと、大企業でもできるところは限られますから、多くの場合は兼任で対処することになるでしょう。PSIRTでは製品に関係するセキュリティですから、そんなことをできる人は製品を設計した人、部門が中心にならないとできないでしょう

 次に考えなくてはならないのは、インシデントが発生したら、だれが何をどうするのかということ。セキュリティインシデントはたいていの場合、何かおかしいというのはわかるが、本当におかしいのか、何をみたら判断できるのかが簡単にはわかりません。そこでできるなら、予行練習のようなことをやって訓練しておくということになります。いわば、防災訓練ですね。

 しかし、これも真に迫ったシナリオでないと形だけやることになりがちですから、工夫する必要があります。また、いつ、どの職制・職位にある人がどこまで判断するのかは容易ではあ...

 

情報マネジメント

 CSIRT(Computer Security Incident Response Team)というのは組織内のセキュリティ問題を専門的に扱う、インシデント対応チームです。自社製品のセキュリティを専門的に扱う組織として、PSIRTというものもあります。今回は、CSIRTについて解説します。

 最近、サーバの個人情報が漏洩して大騒ぎになることがあります。これまでは、そうした事件(インシデント)が発生すると、社内は蜂の巣をつついたような騒ぎになって、急遽対策チームが編成され情報把握したり、原因究明をしたりとなるのですがが、どうしても後手に回るということになりがちでした。 CSIRTはそういうインシデントが発生することを見越して、その場合の対応を行う体制をあらかじめ社内に構築するというものです。

 それでも、いつ発生するかわからないセキュリィティ攻撃のために、それだけ行う専任者を常時配置しておけるかというと、大企業でもできるところは限られますから、多くの場合は兼任で対処することになるでしょう。PSIRTでは製品に関係するセキュリティですから、そんなことをできる人は製品を設計した人、部門が中心にならないとできないでしょう

 次に考えなくてはならないのは、インシデントが発生したら、だれが何をどうするのかということ。セキュリティインシデントはたいていの場合、何かおかしいというのはわかるが、本当におかしいのか、何をみたら判断できるのかが簡単にはわかりません。そこでできるなら、予行練習のようなことをやって訓練しておくということになります。いわば、防災訓練ですね。

 しかし、これも真に迫ったシナリオでないと形だけやることになりがちですから、工夫する必要があります。また、いつ、どの職制・職位にある人がどこまで判断するのかは容易ではありません。工程ライン、工場の操業を止めるという判断は現場だけでできるでしょうか。普通そんなことはできないでしょう。だからといって、細かい情報を得られた順に次から次へと経営層に報告したらいいというかと、そんなことをしたらきっと大パニックになります。ですから、ありそうなインシデントシナリオを自社設備、組織用に作成し真に迫った訓練をして、緊急事態の際の行動原則などを定めておくことが重要です。

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

石田 茂

ものづくりの基本は人づくりをモットーに、技術者の持つ力を会社の組織力につなげるための仕組みづくりの伴奏支援を行います。

ものづくりの基本は人づくりをモットーに、技術者の持つ力を会社の組織力につなげるための仕組みづくりの伴奏支援を行います。


「情報マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
データ分析講座(その204)機械学習ABテスト

    最もシンプルなデータ活用の1つがABテストです。A案とB案のどちらがいいのかをデータで判断する、という感じのデータ分析・活...

    最もシンプルなデータ活用の1つがABテストです。A案とB案のどちらがいいのかをデータで判断する、という感じのデータ分析・活...


データ分析講座(その31) 目的変数、説明変数とは

◆ データで売上拡大を目指すなら、「目的変数」と「説明変数」を意識することが何よりも重要です。  データ分析では、「目的変数」と「説明変数」という用...

◆ データで売上拡大を目指すなら、「目的変数」と「説明変数」を意識することが何よりも重要です。  データ分析では、「目的変数」と「説明変数」という用...


データ分析講座(その210)点予測と区間予測

  よくデータサイエンスや機械学習などの技術を使い予測モデルを構築するケースも増えています。その中でよく目にするのが点予測です。点予測とは...

  よくデータサイエンスや機械学習などの技術を使い予測モデルを構築するケースも増えています。その中でよく目にするのが点予測です。点予測とは...


「情報マネジメント」の活用事例

もっと見る
生産スピード向上と品質管理

 電子メールやインターネットの普及により、ビジネスのグローバル化が大きく進みましたが、IT技術の進歩は、品質管理の方法も進歩させました。20数年前は製造条...

 電子メールやインターネットの普及により、ビジネスのグローバル化が大きく進みましたが、IT技術の進歩は、品質管理の方法も進歩させました。20数年前は製造条...


デジタルデータの保存とは

        今回は、地震災害等を想定して、デジタルデータの保存に焦点を当てて、主なバックアップ方法と長所短所を解説します。   1. 主なバ...

        今回は、地震災害等を想定して、デジタルデータの保存に焦点を当てて、主なバックアップ方法と長所短所を解説します。   1. 主なバ...


ソフトウェア特許とは(その2)

4.ソフトウェア特許のとり方    前回のその1に続いて解説します。    ソフトウェア特許の取得方法にはノウハウがあります。特許のことを知らない...

4.ソフトウェア特許のとり方    前回のその1に続いて解説します。    ソフトウェア特許の取得方法にはノウハウがあります。特許のことを知らない...