「金属・無機材料技術」のキーワード記事検索


24件中 1~20件目

表面処理、プレコートとポストコートの考察

 表面処理を行なう場合に、現在2つの流れがあります。一つはプレコート、もう一つはポストコートです。要するに、表面処理を機械加工の前に行なうのをプレコート、...

 表面処理を行なう場合に、現在2つの流れがあります。一つはプレコート、もう一つはポストコートです。要するに、表面処理を機械加工の前に行なうのをプレコート、...

金属材料基礎講座(その23) ミラー指数

   金属のすべり面やすべり方向について議論する時に、体心立方格子や面心立方格子などの結晶構造のどの面を表示するかについてミラー指数が用いられ...

   金属のすべり面やすべり方向について議論する時に、体心立方格子や面心立方格子などの結晶構造のどの面を表示するかについてミラー指数が用いられ...

金属材料基礎講座(その22) 拡散とFickの法則

   水などの液相にインクなどの他の液相を入れると、徐々に広がっていきます。そして、広がるにつれて、インクの色も徐々に薄くなっていき、最後は全...

   水などの液相にインクなどの他の液相を入れると、徐々に広がっていきます。そして、広がるにつれて、インクの色も徐々に薄くなっていき、最後は全...

金属材料基礎講座(その21) 不純物介在物

   金属材料に問題があると、多くの場合その原因として不純物介在物が疑われます。  不純物介在物は鉄鋼・非鉄に限らずどんな金属材料におい...

   金属材料に問題があると、多くの場合その原因として不純物介在物が疑われます。  不純物介在物は鉄鋼・非鉄に限らずどんな金属材料におい...

金属材料基礎講座(その20) マクロ偏析

   マクロ偏析はミクロ偏析と金属の凝固組織を合わせたような形になります。合金の凝固において、初めに凝固した方が合金濃度が薄いです。そして金属...

   マクロ偏析はミクロ偏析と金属の凝固組織を合わせたような形になります。合金の凝固において、初めに凝固した方が合金濃度が薄いです。そして金属...

金属材料基礎講座(その19) ミクロ偏析

   合金では一つの製品の中で濃度差が出てきます。それを偏析と言います。  偏析は大きく分けてミクロ偏析とマクロ偏析があります。ミクロ偏析と...

   合金では一つの製品の中で濃度差が出てきます。それを偏析と言います。  偏析は大きく分けてミクロ偏析とマクロ偏析があります。ミクロ偏析と...

金属材料基礎講座(その18) 合金状態図-2 共晶・包晶・偏晶反応

   全率固溶型以外の状態図のタイプとして共晶反応型、包晶反応型、偏晶反応型の3種類があります。これらの典型的な状態図を下図に示します。これら...

   全率固溶型以外の状態図のタイプとして共晶反応型、包晶反応型、偏晶反応型の3種類があります。これらの典型的な状態図を下図に示します。これら...

金属材料基礎講座(その17) 合金状態図-1 全率固溶型

   2種類以上の金属を溶解して凝固する時に、例えばA金属とB金属を1対1の割合で溶解して、単純にその配合通りの合金がそのまま得られることは限...

   2種類以上の金属を溶解して凝固する時に、例えばA金属とB金属を1対1の割合で溶解して、単純にその配合通りの合金がそのまま得られることは限...

金属材料基礎講座(その16) 純金属の凝固組織

   金属を凝固する時は特殊な場合を除き鋳型などの型の中で凝固が行われます。  この時、鋳型の場所によって冷却速度に違いが生じます。最も冷却...

   金属を凝固する時は特殊な場合を除き鋳型などの型の中で凝固が行われます。  この時、鋳型の場所によって冷却速度に違いが生じます。最も冷却...

金属材料基礎講座(その15) 凝固、過冷却と核生成

  1. 金属の凝固  多くの金属製品にとって、最初の製造工程は溶融した金属を固相に固めること(凝固)から始まります。鋳物であれば、この時に...

  1. 金属の凝固  多くの金属製品にとって、最初の製造工程は溶融した金属を固相に固めること(凝固)から始まります。鋳物であれば、この時に...

金属材料基礎講座(その14) 結晶粒微細化

  ◆ 結晶粒微細化による強化:金属の強化方法のその4  金属原子は各結晶構造に従って配列していますが、一つの金属材料の全てが同じ結晶構造の...

  ◆ 結晶粒微細化による強化:金属の強化方法のその4  金属原子は各結晶構造に従って配列していますが、一つの金属材料の全てが同じ結晶構造の...

金属材料基礎講座(その13) 転位強化

  ◆ 転位強化:金属の強化方法のその3  金属材料に引張試験を行うと、降伏応力以上になると塑性変形を起こします。  この時ひずみの増加と...

  ◆ 転位強化:金属の強化方法のその3  金属材料に引張試験を行うと、降伏応力以上になると塑性変形を起こします。  この時ひずみの増加と...

金属材料基礎講座(その12) 析出強化

  ◆ 析出強化:金属の強化方法のその2  2つ目の強化方法は析出強化です。粒子分散強化という時もあります。これは材料中に硬い粒子を微細...

  ◆ 析出強化:金属の強化方法のその2  2つ目の強化方法は析出強化です。粒子分散強化という時もあります。これは材料中に硬い粒子を微細...

金属材料基礎講座(その11) 固溶強化

  ◆ 固溶強化:金属の強化方法のその1  金属材料を構造材料として使用する場合、強度や硬さは非常に重要な性質です。強度や硬さは日常的、...

  ◆ 固溶強化:金属の強化方法のその1  金属材料を構造材料として使用する場合、強度や硬さは非常に重要な性質です。強度や硬さは日常的、...

金属材料基礎講座(その10) 相律

  ◆ 相律  ギブスの相律とも言いますが、単に相律とも言います。通常、1つの系を扱う時に成分が 1つだけの時と 2種類以上の時がありま...

  ◆ 相律  ギブスの相律とも言いますが、単に相律とも言います。通常、1つの系を扱う時に成分が 1つだけの時と 2種類以上の時がありま...

金属材料基礎講座(その9) ギブスの自由エネルギー

  ◆ ギブスの自由エネルギー  金属材料に限らず水などにおいても、自然界の物質は固体、液体、気体の3つの状態があります。  熱力学的...

  ◆ ギブスの自由エネルギー  金属材料に限らず水などにおいても、自然界の物質は固体、液体、気体の3つの状態があります。  熱力学的...

金属材料基礎講座(その8) 合金構造

  ◆ 金属組織および状態図に見られる合金構造  金属材料は単一の純金属の状態で使用することもあるが、2種類以上の金属を混ぜて使用することの...

  ◆ 金属組織および状態図に見られる合金構造  金属材料は単一の純金属の状態で使用することもあるが、2種類以上の金属を混ぜて使用することの...

金属材料基礎講座(その7) 双晶変形

  ◆ 双晶変形  金属材料塑性変形にはすべり運動の他に双晶による塑性変形があります。  双晶はすべり系の少ない稠密六方格子や衝撃的な荷重...

  ◆ 双晶変形  金属材料塑性変形にはすべり運動の他に双晶による塑性変形があります。  双晶はすべり系の少ない稠密六方格子や衝撃的な荷重...

金属材料基礎講座(その6) 転位とすべり運動

  ◆ 転位とすべり運動  金属材料の塑性変形はすべり面上をその上の金属原子面がすべり方向に動くことによって起こります。  しかし、現実的...

  ◆ 転位とすべり運動  金属材料の塑性変形はすべり面上をその上の金属原子面がすべり方向に動くことによって起こります。  しかし、現実的...

金属材料基礎講座(その5) 格子欠陥と転位

  ◆ 格子欠陥と転位  金属原子は結晶構造に従って規則的に配列しているわけですが、全ての金属原子が規則的に配列しているわけではありません。...

  ◆ 格子欠陥と転位  金属原子は結晶構造に従って規則的に配列しているわけですが、全ての金属原子が規則的に配列しているわけではありません。...