「ステージゲート法」のキーワード記事検索


74件中 21~40件目

情報収集における形式知と暗黙知、顧客を五感で理解する

 知識には形式知と暗黙知があるということは、広く知られています。形式知とは、文章や言葉として表すことができる、また既に表された知識です。レポート、書籍、講...

 知識には形式知と暗黙知があるということは、広く知られています。形式知とは、文章や言葉として表すことができる、また既に表された知識です。レポート、書籍、講...

情報・知識を集める『源』を多様化する

1.多様な情報を収集して組み合わせる  イノベーションは、異なった既に存在する知識や情報を『意外な組み合わせ』で組み合わせることから生まれることは、イノ...

1.多様な情報を収集して組み合わせる  イノベーションは、異なった既に存在する知識や情報を『意外な組み合わせ』で組み合わせることから生まれることは、イノ...

多様なソースから情報・知識を集めるための3つの視点

1.研究活動になぜ「多様性」が必要か?  最近日本においても、女性や外国人の活用という視点から、「多様性」が企業経営のキーワードとしてよく議論されるよう...

1.研究活動になぜ「多様性」が必要か?  最近日本においても、女性や外国人の活用という視点から、「多様性」が企業経営のキーワードとしてよく議論されるよう...

革新的テーマ創出のための環境「失敗を罰しない」(後編)

 前回の、失敗を罰しないの前編に続いて後編です。革新的創出に向けた環境として「失敗を罰する」意味について議論を続けます。   3.失敗をどうマネジメン...

 前回の、失敗を罰しないの前編に続いて後編です。革新的創出に向けた環境として「失敗を罰する」意味について議論を続けます。   3.失敗をどうマネジメン...

革新的テーマ創出のための環境「失敗を罰しない」(前編)

 革新的創出に向けた環境の用意としては、研究開発担当者がテーマを継続的に創出しないと困る状況を創出する「ネガティブ要因」と、研究開発担当者が積極的に革新的...

 革新的創出に向けた環境の用意としては、研究開発担当者がテーマを継続的に創出しないと困る状況を創出する「ネガティブ要因」と、研究開発担当者が積極的に革新的...

革新的テーマを継続的に創出するための「中立要因」(後)

 革新的テーマを生み出し事業化するための「中立要因」を2回に分けて議論していますが、今回は後編として、組織のあり方についてお話します。   2.革新的...

 革新的テーマを生み出し事業化するための「中立要因」を2回に分けて議論していますが、今回は後編として、組織のあり方についてお話します。   2.革新的...

革新的テーマを継続的に創出するための「中立要因」(前)

 革新的テーマを生み出し事業化する過程では、通常業務の合間を縫って、数多くの革新的なテーマを継続的に創出していかねばなりません。そのため、研究開発担当者へ...

 革新的テーマを生み出し事業化する過程では、通常業務の合間を縫って、数多くの革新的なテーマを継続的に創出していかねばなりません。そのため、研究開発担当者へ...

革新的テーマを継続的に創出するための外発的動機付け

 動機づけには「内発的」なものと「外発的なもの」があるわけですが、一般的に「内発的動機づけ」は「内発的」であるがゆえに、モチベーションを故意に作り出すマネ...

 動機づけには「内発的」なものと「外発的なもの」があるわけですが、一般的に「内発的動機づけ」は「内発的」であるがゆえに、モチベーションを故意に作り出すマネ...

革新的テーマを継続的に創出するための内発的動機付け

 研究開発担当者の心理的な面に働きかけ革新的なテーマ創出を促す「ポジティブ要因」(強制的ではなく主体的に取組ませる要因)にも様々な種類がありますが。今回は...

 研究開発担当者の心理的な面に働きかけ革新的なテーマ創出を促す「ポジティブ要因」(強制的ではなく主体的に取組ませる要因)にも様々な種類がありますが。今回は...

革新的テーマを継続的に創出するための環境要件

1.革新的テーマを生む「ハード」と「ソフト」の仕組み  ステージゲート法など、テーマ事業化のプロセスである「ハードの仕組み」の導入と並行して必要なのが、...

1.革新的テーマを生む「ハード」と「ソフト」の仕組み  ステージゲート法など、テーマ事業化のプロセスである「ハードの仕組み」の導入と並行して必要なのが、...

革新的テーマを生むための4つの要件

 前回は、革新的テーマ発見のために自社の強みを抽出することを解説しました。今回は、革新的テーマを生むための4つの要件です。ここまで、スパーク(化学変化、新...

 前回は、革新的テーマ発見のために自社の強みを抽出することを解説しました。今回は、革新的テーマを生むための4つの要件です。ここまで、スパーク(化学変化、新...

革新的テーマ発見のために自社の強みを抽出する

 前回は、革新的テーマ発見のための自社の強み、コア技術を解説しました。今回は、革新的テーマ発見のために自社の強みを抽出するです。スパーク(化学変化)により...

 前回は、革新的テーマ発見のための自社の強み、コア技術を解説しました。今回は、革新的テーマ発見のために自社の強みを抽出するです。スパーク(化学変化)により...

革新的テーマ発見のための自社の強み、コア技術

 市場でニーズを見つけ、そのニーズに向けて製品を実現するための技術があれば、製品・サービスを生み出せます。しかし、そこから自社が確実に収益を上げるには、潜...

 市場でニーズを見つけ、そのニーズに向けて製品を実現するための技術があれば、製品・サービスを生み出せます。しかし、そこから自社が確実に収益を上げるには、潜...

自社の技術知識を強化・拡大するための『TCAS』モデルとは

 革新的テーマのスパーク(新結合)には「市場知識」「技術知識」「自社の強み」の3つの原料が必要とされます。  研究開発に携わる人たちにとっては、「技術知...

 革新的テーマのスパーク(新結合)には「市場知識」「技術知識」「自社の強み」の3つの原料が必要とされます。  研究開発に携わる人たちにとっては、「技術知...

革新的テーマを創出するために 「自社技術を市場にアピールする」

1.オープンイノベーション時代の自社技術・他社技術  オープンイノベーションは単なる流行ではなく、既に企業のコアコンセプトとして確固たる地位を確立してい...

1.オープンイノベーション時代の自社技術・他社技術  オープンイノベーションは単なる流行ではなく、既に企業のコアコンセプトとして確固たる地位を確立してい...

自社製品を利用した顧客情報の入手(民生品の場合)

 今回も前回に引き続き、自社製品を利用して利用者情報を入手する方法を、設備機器以外の製品について考えてみます。 1.顧客からのアクションを誘引する  ...

 今回も前回に引き続き、自社製品を利用して利用者情報を入手する方法を、設備機器以外の製品について考えてみます。 1.顧客からのアクションを誘引する  ...

顧客の現場にある自社製品は、『トロイの木馬』

1.自社にとっての既存顧客の価値とは  マーケティングの言葉にLTV(顧客生涯価値)という言葉があります。これは、ある顧客がその生涯において自社にいくら...

1.自社にとっての既存顧客の価値とは  マーケティングの言葉にLTV(顧客生涯価値)という言葉があります。これは、ある顧客がその生涯において自社にいくら...

顧客と共同開発することで、技術動向や課題を深く知る

1.顧客と共同開発する意味  顧客との共同開発は、ある具体的な製品や技術で一つの成果を決めて、その成果に向けて取り組むものです。しかし、ここでは顧客を深...

1.顧客と共同開発する意味  顧客との共同開発は、ある具体的な製品や技術で一つの成果を決めて、その成果に向けて取り組むものです。しかし、ここでは顧客を深...

顧客コンサルティング、五感で定量的に顧客を理解する!

1.顧客へのコンサルティグの有効性  だいぶ前から、単に製品を売るだけでなく、その顧客特有の課題に合わせた解決策を提供するために、コンサルティングを提供...

1.顧客へのコンサルティグの有効性  だいぶ前から、単に製品を売るだけでなく、その顧客特有の課題に合わせた解決策を提供するために、コンサルティングを提供...

市場と自社との共鳴

1.顧客はニーズを認識していない  製品開発テーマを設定する時に、顧客ニーズに基づく製品開発が重要です。しかし実際の顧客は、自社のニーズを認識していない...

1.顧客はニーズを認識していない  製品開発テーマを設定する時に、顧客ニーズに基づく製品開発が重要です。しかし実際の顧客は、自社のニーズを認識していない...