「ステージゲート法」のキーワード記事検索


73件中 1~20件目

ステージゲート推進の主役はプロジェクトチーム

 ステージゲート法には限りませんが、新しいプロセスの導入に研究者や技術者の協力は欠かせません。今回はこの方法を議論します。 1.ステージゲート法成功にはプロ…

 ステージゲート法には限りませんが、新しいプロセスの導入に研究者や技術者の協力は欠かせません。今回はこの方法を議論します。 1.ステージゲート法成功にはプロ…

顧客の先進部門と研究者自身による情報収集活動

1.ライトハウスカスタマーとしての研究開発部門  以前ライトハウスカスタマー(灯台顧客)を活用するという話をしました。ライトハウスカスタマーとは、市場の先に…

1.ライトハウスカスタマーとしての研究開発部門  以前ライトハウスカスタマー(灯台顧客)を活用するという話をしました。ライトハウスカスタマーとは、市場の先に…

研究テーマの多様な情報源(その5)顧客からの情報

 今回は顧客を対象として議論しましょう。情報・知識の『源』を多様化するためには、どのような顧客とコンタクトすれば良いのでしょうか?  顧客の情報を活用する場…

 今回は顧客を対象として議論しましょう。情報・知識の『源』を多様化するためには、どのような顧客とコンタクトすれば良いのでしょうか?  顧客の情報を活用する場…

研究テーマの多様な情報源(その6)既存の重要顧客を分野軸で見る

 別稿で、既存の重要顧客について、時間軸を長くして見るという件を掲載しました。今回は分野軸で議論します。  既存の重要顧客といえども、営業的な視点でしか付き…

 別稿で、既存の重要顧客について、時間軸を長くして見るという件を掲載しました。今回は分野軸で議論します。  既存の重要顧客といえども、営業的な視点でしか付き…

情報発信による情報収集とは

1.情報収集のための情報発信とは?  今回のタイトルについては、皆さん疑問に思われるかもしれません。皆さんの活動のことを聞いて、企業に問い合わせをしてくる顧…

1.情報収集のための情報発信とは?  今回のタイトルについては、皆さん疑問に思われるかもしれません。皆さんの活動のことを聞いて、企業に問い合わせをしてくる顧…

研究テーマの多様な情報源(その7)非重要顧客

1.『非重要顧客』とは何か?  前回の、その6に続いて、今回は、非重要顧客についてです。営業の視点から見ると、自社製品を定常的に沢山買ってくれる顧客は『重要…

1.『非重要顧客』とは何か?  前回の、その6に続いて、今回は、非重要顧客についてです。営業の視点から見ると、自社製品を定常的に沢山買ってくれる顧客は『重要…

市場を広く捉えて革新的テーマを手に入れる

1.「お客様第一主義」症候群  現在の顧客は企業にとって大変重要です。とにかく、直近の売上を上げるための拠り所だからです。また、中には次の製品について直接的…

1.「お客様第一主義」症候群  現在の顧客は企業にとって大変重要です。とにかく、直近の売上を上げるための拠り所だからです。また、中には次の製品について直接的…

研究開発部門が注意すべき広義の市場

 研究開発テーマを設定する際には、既存の顧客や非顧客だけでなく、広義の市場としてそれらに直接・間接に影響を与えるプレーヤーも含めて考える必要があります。B2B…

 研究開発テーマを設定する際には、既存の顧客や非顧客だけでなく、広義の市場としてそれらに直接・間接に影響を与えるプレーヤーも含めて考える必要があります。B2B…

顧客視点で製品ライフサイクルを考える、あらゆる機会に目を向け顧客価値の向上を!

1.顧客ライフサイクルの全体  顧客は自社で必要な資材や設備を購入するに当たり、様々なニーズや関連する課題を持っています。それは、購入のずっと以前から始まり…

1.顧客ライフサイクルの全体  顧客は自社で必要な資材や設備を購入するに当たり、様々なニーズや関連する課題を持っています。それは、購入のずっと以前から始まり…

ステージに分割してゲートで評価する、ステージゲート法とは何か(前篇)

1. ステージゲート法とは  ステージゲート法は研究開発テーマや商品アイデア創出に始まり、多数創出されたアイデアを対象に、研究開発や事業化・商品化活動を複数…

1. ステージゲート法とは  ステージゲート法は研究開発テーマや商品アイデア創出に始まり、多数創出されたアイデアを対象に、研究開発や事業化・商品化活動を複数…

ステージゲート法とは(後編)

4. ステージゲート法の工夫  ステージゲート法は先にも述べたように、ゲートとステージから構成されているだけで、プロセスとしては極めてシンプルです。しかし、…

4. ステージゲート法の工夫  ステージゲート法は先にも述べたように、ゲートとステージから構成されているだけで、プロセスとしては極めてシンプルです。しかし、…

不確実性が高くなる市場環境で、多くの顧客とコンタクトする重要性

1.従来からある「数多くの顧客とのコンタクト」  数年前からビッグデータの活用が、企業の間で広まっています。インターネットを初めとしたICTを利用して、数多…

1.従来からある「数多くの顧客とのコンタクト」  数年前からビッグデータの活用が、企業の間で広まっています。インターネットを初めとしたICTを利用して、数多…

エスノグラフィ、顧客を深く観察するとは

1.エスノグラフィとは  エスノグラフィとは元々は民族学の手法で、人やゴリラなどの動物をつぶさに観察する手法です。米国では10年ぐらい前から、顧客ニーズやそ…

1.エスノグラフィとは  エスノグラフィとは元々は民族学の手法で、人やゴリラなどの動物をつぶさに観察する手法です。米国では10年ぐらい前から、顧客ニーズやそ…

ステージゲートプロセスの活用(その1)

1.ステージゲートプロセスの目的  ステージゲートプロセスは、日本では研究開発テーマを管理する手法と理解されていますが、その理解は正しくありません。ステ…

1.ステージゲートプロセスの目的  ステージゲートプロセスは、日本では研究開発テーマを管理する手法と理解されていますが、その理解は正しくありません。ステ…

ステージゲートプロセスの活用(その2)

4.ステージゲートプロセスにおける不確実性の対処の工夫  前回のその1に続いて解説します。革新性(イノベーション)と表裏一体の関係にある不確実性にうまく…

4.ステージゲートプロセスにおける不確実性の対処の工夫  前回のその1に続いて解説します。革新性(イノベーション)と表裏一体の関係にある不確実性にうまく…

ステージゲートプロセスの活用(その3)

4.ステージゲートプロセスにおける不確実性の対処の工夫  前回のその2に続いて解説します。革新性(イノベーション)と表裏一体の関係にある不確実性にうまく…

4.ステージゲートプロセスにおける不確実性の対処の工夫  前回のその2に続いて解説します。革新性(イノベーション)と表裏一体の関係にある不確実性にうまく…

市場と自社との共鳴

1.顧客はニーズを認識していない  製品開発テーマを設定する時に、顧客ニーズに基づく製品開発が重要です。しかし実際の顧客は、自社のニーズを認識していないこと…

1.顧客はニーズを認識していない  製品開発テーマを設定する時に、顧客ニーズに基づく製品開発が重要です。しかし実際の顧客は、自社のニーズを認識していないこと…

顧客コンサルティング、五感で定量的に顧客を理解する!

1.顧客へのコンサルティグの有効性  だいぶ前から、単に製品を売るだけでなく、その顧客特有の課題に合わせた解決策を提供するために、コンサルティングを提供する…

1.顧客へのコンサルティグの有効性  だいぶ前から、単に製品を売るだけでなく、その顧客特有の課題に合わせた解決策を提供するために、コンサルティングを提供する…

研究テーマの多様な情報源(その8)マジョリティ

 『非』重要顧客から情報・知識を集める活動において、『非重要顧客』は情報の活用の面から3つのグループ、すなわち、新製品購入時期で区分されるライトハウスカスタマ…

 『非』重要顧客から情報・知識を集める活動において、『非重要顧客』は情報の活用の面から3つのグループ、すなわち、新製品購入時期で区分されるライトハウスカスタマ…

顧客と共同開発することで、技術動向や課題を深く知る

1.顧客と共同開発する意味  顧客との共同開発は、ある具体的な製品や技術で一つの成果を決めて、その成果に向けて取り組むものです。しかし、ここでは顧客を深く理…

1.顧客と共同開発する意味  顧客との共同開発は、ある具体的な製品や技術で一つの成果を決めて、その成果に向けて取り組むものです。しかし、ここでは顧客を深く理…

< 1 2 3 4