ファブレス小売業の品質保証(その3)~工場評価のポイント~

品質マネジメント

【この連載の前回:ファブレス小売業の品質保証(その2)へのリンク】

特定分野を長期間に渡って学び・経験された方は多いと思います。しかし、同じ製造業でも業界が異なると、慣習や考え方の基準は変ります。ましてや作り手(製造業)と売り手(小売業)では視点やスタンスが大きく異なってきます。「業務委託先がなかなか思うように動いてくれない」と感じたことはありませんか。 電気製品、家具、アパレル、バッグ、スニーカー、食品など様々な工場で品質改善・業務改善に取り組む中で、その工場が知らない、他業界のちょっとした「コツ」や「ヒント」が問題を一気に解決することがあります。ファブレス小売業の品質保証について、今回は、第3回です。

 

◆工場評価のポイント

第3回は、具体的に工場評価のポイントを見ていきます。ここでは評価ポイントを、「1.マネジメント」、「2.コンプライアンス」、「3.技術・開発力」、「4.品質管理」、「5.製造管理」、「6.コスト対応と供給能力」の6つに分けています。

 

【目次】
1. マネジメント
2. コンプライアンス
3. 技術・開発力

 

1. マネジメント

これまでの実績や経営者との対話を通じて情報収集を行います。

 

①トップの意欲や積極性
・ 工場の経営は意欲的で新規取引にも積極的である。

②財務内容の健全性
・ 債務超過に陥っていない。流動比率や資金繰りも適正で問題ない。

③モノづくりに関する知見や姿勢
・ 金儲けではなくモノづくりに熱心で、知識、技術、ノウハウを有する。

④後継者や人材の育成
・ 人材の育成に積極的に取り組んでいる。

⑤社員への福利厚生
・ 賃金水準、住居や食堂などの福利厚生、安全対策など従業員を大事にしている。また、離職率も低く抑えられている。

 

2. コンプライアンス

基本的には工場が立地する地域の現地法規を遵守していることが必要です。

 

①労働管理・安全衛生管理
・ 児童労働・強制労働の禁止、休日や就業時間、作業安全確保。

②有害物質管理
・ REACH規制など有害化学物質の不使用を厳格に管理している。

③環境対応
・ 排水、ガス等を廃棄する前に、法的要件に従って処理を行っている。

④関連法規制の順守
・ 消防法、下請け法など、各種法規制を遵守している。

⑤調達トレース管理
・ 合法木材などの特定原料は、トレース管理が行われている。

 

3. 技術・開発力

これまでの開発実績から判断します。実績のない商品分野の開発・製造委託は基本的にハイリスクですので避けるのが良いでしょう。

 

①開発技術力
・ 製品や部品の開発、設計、試作、試験に関してノウハウを有し、高い技術力がある。

②製造技術力
・ 安定した品...

品質マネジメント

【この連載の前回:ファブレス小売業の品質保証(その2)へのリンク】

特定分野を長期間に渡って学び・経験された方は多いと思います。しかし、同じ製造業でも業界が異なると、慣習や考え方の基準は変ります。ましてや作り手(製造業)と売り手(小売業)では視点やスタンスが大きく異なってきます。「業務委託先がなかなか思うように動いてくれない」と感じたことはありませんか。 電気製品、家具、アパレル、バッグ、スニーカー、食品など様々な工場で品質改善・業務改善に取り組む中で、その工場が知らない、他業界のちょっとした「コツ」や「ヒント」が問題を一気に解決することがあります。ファブレス小売業の品質保証について、今回は、第3回です。

 

◆工場評価のポイント

第3回は、具体的に工場評価のポイントを見ていきます。ここでは評価ポイントを、「1.マネジメント」、「2.コンプライアンス」、「3.技術・開発力」、「4.品質管理」、「5.製造管理」、「6.コスト対応と供給能力」の6つに分けています。

 

【目次】
1. マネジメント
2. コンプライアンス
3. 技術・開発力

 

1. マネジメント

これまでの実績や経営者との対話を通じて情報収集を行います。

 

①トップの意欲や積極性
・ 工場の経営は意欲的で新規取引にも積極的である。

②財務内容の健全性
・ 債務超過に陥っていない。流動比率や資金繰りも適正で問題ない。

③モノづくりに関する知見や姿勢
・ 金儲けではなくモノづくりに熱心で、知識、技術、ノウハウを有する。

④後継者や人材の育成
・ 人材の育成に積極的に取り組んでいる。

⑤社員への福利厚生
・ 賃金水準、住居や食堂などの福利厚生、安全対策など従業員を大事にしている。また、離職率も低く抑えられている。

 

2. コンプライアンス

基本的には工場が立地する地域の現地法規を遵守していることが必要です。

 

①労働管理・安全衛生管理
・ 児童労働・強制労働の禁止、休日や就業時間、作業安全確保。

②有害物質管理
・ REACH規制など有害化学物質の不使用を厳格に管理している。

③環境対応
・ 排水、ガス等を廃棄する前に、法的要件に従って処理を行っている。

④関連法規制の順守
・ 消防法、下請け法など、各種法規制を遵守している。

⑤調達トレース管理
・ 合法木材などの特定原料は、トレース管理が行われている。

 

3. 技術・開発力

これまでの開発実績から判断します。実績のない商品分野の開発・製造委託は基本的にハイリスクですので避けるのが良いでしょう。

 

①開発技術力
・ 製品や部品の開発、設計、試作、試験に関してノウハウを有し、高い技術力がある。

②製造技術力
・ 安定した品質で効率よくモノを作るために、設備や作業者の最適化、継続的な改善努力を行っている。

③図面運用管理
・ 図面、仕様書類は台帳管理され、更新も適切に行われ、最新版管理ができている。配布先も明確で、差し替えも確実に行っている。

④設計業務の標準化
・ 設計関連業務に基準や手順があり、必要な評価を行いながら進捗管理されている。

⑤固有技術力
・ 保有する開発技術力や製造技術力に基づき、企画開発段階から提案、協業ができる。

 

次回に続きます。

 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

今澤 尚久

「商品を買う側(小売業)」と「商品を作る側(製造業)」の両方の業界経験をベースに実効性のある経営戦略を策定します。現場・現物・現実の三現主義で現状把握から施策立案・課題解決までの全工程を支援します。

「商品を買う側(小売業)」と「商品を作る側(製造業)」の両方の業界経験をベースに実効性のある経営戦略を策定します。現場・現物・現実の三現主義で現状把握から...


「品質マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
品質マネジメントの概要

1. 品質マネジメントとは   どうして本稿のタイトル名が「品質管理」ではなく、「品質マネジメント」なのかというと、広義での「品質管理」は品質...

1. 品質マネジメントとは   どうして本稿のタイトル名が「品質管理」ではなく、「品質マネジメント」なのかというと、広義での「品質管理」は品質...


半田付け工程の DOE(Design of Experiments)

   ある時、工場の品質改善プロジェクトを担当するブラックベルトから相談を受けました。内容は、ドミニカ共和国の工場で作っている製品に半田付け不...

   ある時、工場の品質改善プロジェクトを担当するブラックベルトから相談を受けました。内容は、ドミニカ共和国の工場で作っている製品に半田付け不...


不良ゼロ対策の手順:7つのステップとは

    「不良ゼロへの手順:7つのステップ」は、自社の置かれている現状の実力をまず客観視して、そこから実現可能な内容から、段階的に「...

    「不良ゼロへの手順:7つのステップ」は、自社の置かれている現状の実力をまず客観視して、そこから実現可能な内容から、段階的に「...


「品質マネジメント」の活用事例

もっと見る
中国企業の壁(その19)設計はしても、その良否確認する能力がない中国企業

        ある中国企業では、自社で開発設計した製品を自社工場で生産し販売しています。欧米、オーストラリアに加え日本向けにも販売しています。 ...

        ある中国企業では、自社で開発設計した製品を自社工場で生産し販売しています。欧米、オーストラリアに加え日本向けにも販売しています。 ...


抜取検査では品質保証できない事例から

   鉄製の支柱(長さ2000~4000mm)を生産している中国企業があり、その工場では支柱の加工のひとつとしてプレスで穴あけをしていまし...

   鉄製の支柱(長さ2000~4000mm)を生産している中国企業があり、その工場では支柱の加工のひとつとしてプレスで穴あけをしていまし...


中国企業の壁(その49) 自部門の問題点抽出が無理な中国企業

        日本品質を目指している中国企業A社では、全社の品質レベルを高めることが狙いで、社長の号令の元、各部門の品質に関わる役割の再認識と問題...

        日本品質を目指している中国企業A社では、全社の品質レベルを高めることが狙いで、社長の号令の元、各部門の品質に関わる役割の再認識と問題...