在庫を利用して購入コストを下げるには(その3)

 前回のその2に続いて解説します。
 

1.負荷調整によってスループットを稼ぐ

 スループットを稼ぐには、下図のように生産を前倒しにすることによりフル稼働状態を実現し、外部経費や残業代の発生を抑えることが重要です。(トヨタの平準化生産
 
     
SCM
 

マイナンバー制度導入運用の手引書-従業員50人以下の小規模企業の対応法―

ものづくり革新セミナーシリーズDVD

6,000円 (税抜 5,556円) 8点在庫あり

2.ブルウィップ効果が部品会社の負荷調整の邪魔をする

 部品会社の事業運営は、下図のようにブルウィップ効果の増幅幅に大きく左右されます。すなわち、次の4点です。
 
 (1)サプライチェーンの上流ほど増幅幅が大きくなるため、適切な数量計画が立てにくい
 (2)サプライチェーンの上流ほど計画の自由度が低く、在庫対応を余儀なくされる
 (3)材料会社や部品会社は製造設備能力が変動に対応しにくくボトルネック工程となりやすい
 (4)部品会社が変動対応のために安易に外注会社を使えばその分がコストアップになる
 
      
SCM
 

3.VMI倉庫を用いた平準化対策は下請けいじめではない

 VMI倉庫は部品会社に対する製品会社の実行支援がないと効果がでません。
 
 
SCM
 
 次回は、「在庫品と受注品を組み合わせて変動調整する」から、解説を進めます。
 

この記事の著者

本間 峰一

高額投資したにもかかわらず効果の上がっていない生産管理システムを利益に貢献するシステムに再生させます!

現在お使いの生産管理システムは貴社の業績向上に役立っていますでしょうか。生産管理システムを導入するときのベンダ提案には「リードタイム短縮」「在庫削減」「コストダウン」といった様々な導入効果が並んでます。 ところが、そんな提案を信じて高額…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「財務マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「本間 峰一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!