製品データ管理の導入 (その8) データ指向、IT要員育成が製品開発基盤構築のカギ

 前回の第6回は、顧客要求の柔軟な対応や効率化のための作業改善が業務で使う管理台帳やマスターデータの派生を増やし、その結果、開発業務の滞留を引き起こすことを解説しました。今回はこのような問題を解決するために、PDM/PLM を利用した製品開発業務の IT 化をどのように考え、進めるのがよいのかを解説します。
 

1.全体最適となるデータを設計する

 前回は、顧客要求への対応や作業の効率化、トラブル対応などに開発現場で個別に対処していると、その都度、個別対応のための派生の管理台帳が増えていってデータのやりとりや管理の手間が増えていき業務効率低下を招くことを解説しました。実際、開発現場で扱う、部品や部品表、図面に関するデータは相互に関連しているので、図1に示すように様々な問題を引き起こします。
 
                
PDM
                 図1.管理台帳が増えいることが引き起こすトラブルや滞留
 
 登録してある部品型式などの不一致や記載ミスがあった、製品コードなどの必要なデータがどこの台帳にあるのかわからない、登録してある図面番号が古いままだった、マクロで自動化してある台帳更新をマクロ作成者が異動したので修正できない、というようなトラブルが発生し、その対応に時間をとられることで全体の業務効率を下げてしまうのです。現場で個別に対応していて管理台帳を変更したり増やしたりしている限り、このような状況になるのを避けるのは困難です。
 
 Excel などの慣れ親しんだツールを使ってデータを管理するというのは開発業務の IT 化の第一歩です。しかし、製品開発の上流から下流までを視野に入れた全体最適となる業務やデータの設計を行わなければ、IT 化による効果は非常に限定的なものになるばかりか、かえって非効率なことになってしまいます。十分な注意が必要です。
 
 また、ISO などの影響かもしれませんが、業務フローばかりに注意を向けて規定化することが全体最適と考えている開発現場も少なくないようです。PDM/PLM 導入など IT 化を成功させるために大切なのは、業務に注目して効率化をするというよりも、個々の業務で必要となるデータに注目して全体最適となるデータとその流れを設計するということです。図2のように、この連載で解説している設計・製造リンクのような考え方が必要不可欠なのです。
 
                 
PDM
               図2.設計・製造リンクはデータ視点による開発業務の全体最適化
 
 設計・製造リンクは、受注からはじまって、設計や手配、製造といった一連の業務(開発工程)に必要なデータを適宜提供し、データによってそれぞれの業務をスムーズにつなげる開発のプラットフォームです。データ視点で開発全体の最適化を行うことで、進化する技術や部品への追従、新規顧客や新規領域の開拓、厳しい顧客要求への対応、技術者のさらなるレベルアップなどの外部や内部の環境の変化にすばやく柔軟に対応することができるのです。
 
 次回は、PDM(製品データ管理)導入を成功させるカギ 第7回:データ指向、IT要員育成が製品開発基盤構築のカギ(その2)です。
 

この記事の著者

石橋 良造

組織のしくみと個人の意識を同時に改革・改善することで、パフォーマンス・エクセレンスを追求し、実現する開発組織に変えます!

社会や生活を変える「ものづくり」と、そんな製品やサービスを開発する「ひとづくり」を行う組織づくりのために、日科技連石川賞を受賞した仕組み改革の実績や、オリンピック金メダルを生んだコーチング技術を活用した意識改革の実績など、持っているリソー…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「PDM(製品データ管理)」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「石橋 良造」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン