専門家「石橋 良造」プロフィール

石橋 良造

組織のしくみと個人の意識を同時に改革・改善することで、パフォーマンス・エクセレンスを追求し、実現する開発組織に変えます!

石橋 良造

専門家専門家A いしばし りょうぞう / 東京都 / 株式会社 RDPi

対応エリア 全国

社会や生活を変える「ものづくり」と、そんな製品やサービスを開発する「ひとづくり」を行う組織づくりのために、日科技連石川賞を受賞した仕組み改革の実績や、オリンピック金メダルを生んだコーチング技術を活用した意識改革の実績など、持っているリソースのすべてを注ぎます。

H P: http://www.rdpi.jp/

対応分野

技術マネジメント
ステージゲート法
新QC7つ道具
親和図法(KJ法) アローダイヤグラム法(PERT)
アイデア発想法
シナリオプランニング法
品質工学(タグチメソッド)
ソフトウェアテスト
情報マネジメント
情報マネジメント PDM(製品データ管理) 共有データサーバ
プロジェクトマネジメント
プロジェクトマネジメント PMBOK P2M WBS PERT/CPM EVM
人的資源マネジメント
人的資源マネジメント 組織開発 人財教育

経歴

日本ヒューレット・パッカード (HP) に入社し、R&D 部門で半導体計測システムの開発に従事した後、開発プロセス改革プロジェクトに参加。ここで、HP 全社を巻き込んだ PLM システムの開発や、石川賞を受賞した製品開発の仕組み作りを行い、その経験をもとに 80 社以上に対して開発プロセス革新やプロジェクト管理のコンサルティングを実施。
独立して株式会社 RDPi を設立した後、より良い改革のためには個人の意識改革も必要と、北京オリンピックで石井慧を金メダルに導いたピークパフォーマンスのコーチ養成コース、および、一般社団法人 日本ポジティブ心理学協会の公式プラクティショナー・コースを修了し、個人のやる気やモチベーションを引き出す技術の開発と、開発プロセスやプロジェクト管理の仕組み改革との融合を続けている。

業務実績

電子機器、通信機器、自動車部品、半導体、映像音響機器、ソフトウェアなどの 90 社以上の開発組織に対して、CMM/CMMI, ISO15504 などによる開発プロセス改善、モデルベース開発プロセスの構築、PMBOK, P2M などによるプロジェクト管理の仕組み構築、メトリクスによる開発の見える化、PLM などの開発情報管理システムの構築などを実施した。
日本プロジェクト協会 PM シンポジウム、マイクロソフト プロジェクトカンファレンス、日本科学技術連盟 ソフトウェア品質管理研究会など多数の講演実績がある。
著書に「デザインプロセスイノベーション」「ザ・チェンジ」(いずれも日経BP社)がある。