「TOC(制約理論):DBR」のキーワード記事検索


9件中 1~9件目

TOCによる生産性改善とS-DBR

1. モノづくり現場の混乱  受注生産型の企業において、「納期を守ること」は絶対であると言って良いでしょう。お客様に約束をした納入日に対して遅れを出すこ...

1. モノづくり現場の混乱  受注生産型の企業において、「納期を守ること」は絶対であると言って良いでしょう。お客様に約束をした納入日に対して遅れを出すこ...

受注生産工場のスループット会計管理とは

 従来からの考え方では、生産工程内にあるどこか一部の工程だけの生産効率を向上させれば、工場全体の利益につながると考えていました。しかし、実際のキャッシュ(...

 従来からの考え方では、生産工程内にあるどこか一部の工程だけの生産効率を向上させれば、工場全体の利益につながると考えていました。しかし、実際のキャッシュ(...

小説「ザ・ゴール」で制約理論(TOC)を学ぶ

1.制約理論(TOC:Theory of Constraints)とは  なんだか難しそうな理論ですね。でも要点はシンプルで、「すべてをボトルネック(制...

1.制約理論(TOC:Theory of Constraints)とは  なんだか難しそうな理論ですね。でも要点はシンプルで、「すべてをボトルネック(制...

TOC思考プロセスとは

 TOC思考プロセスは、論理に基づく、問題解決のフレームワークです。ここで言う論理とは因果関係のことで、因果関係の図式化に基づく分析手法が、問題解決のステ...

 TOC思考プロセスは、論理に基づく、問題解決のフレームワークです。ここで言う論理とは因果関係のことで、因果関係の図式化に基づく分析手法が、問題解決のステ...

多品種少量生産のサプライチェーン

 段取替えの必要な多品種の製品を流す場合のサプライチェーンは、縦隊を組んだチームでのトライアスロン・レースに喩えることができます。  ゴールドラットが著...

 段取替えの必要な多品種の製品を流す場合のサプライチェーンは、縦隊を組んだチームでのトライアスロン・レースに喩えることができます。  ゴールドラットが著...

TOC理論をハイキングで比喩すると

 TOC(制約理論)は、制約中心のマネジメントとDBR(ドラム-バッファ-ロープ)という同期法の2つからなり、これはゴールドラット氏の「ザ・ゴール」の中で...

 TOC(制約理論)は、制約中心のマネジメントとDBR(ドラム-バッファ-ロープ)という同期法の2つからなり、これはゴールドラット氏の「ザ・ゴール」の中で...

TOC(制約理論)とSCM(サプライチェーンマネジメント)

 米国のSCMソフトベンダーの多くは、そのソフトウェアの理論としてE・ゴールドラット氏が唱えたTOC(制約理論)を上げています。ところが彼の著作を読んでも...

 米国のSCMソフトベンダーの多くは、そのソフトウェアの理論としてE・ゴールドラット氏が唱えたTOC(制約理論)を上げています。ところが彼の著作を読んでも...

TOC(制約理論)スループットの限界になるまで連続的な改善を!

 TOC(セオリーオブコンストレイント:制約理論)は、エリヤフ・ゴールドラットが説いた、サプライトチェーンマネジメントの理論的基盤となる考え方です。サプラ...

 TOC(セオリーオブコンストレイント:制約理論)は、エリヤフ・ゴールドラットが説いた、サプライトチェーンマネジメントの理論的基盤となる考え方です。サプラ...

DBR(ドラムバッファロープ)とは

 DBR(ドラムバッファロープ)とは、サプライチェーンの流れを理解するための喩えであり、ロープでバッファを調整し,ドラムでスピードをコントロールすることで...

 DBR(ドラムバッファロープ)とは、サプライチェーンの流れを理解するための喩えであり、ロープでバッファを調整し,ドラムでスピードをコントロールすることで...