「シックスシグマ」のキーワード記事検索


18件中 1~18件目

シックスシグマ (その3) 問題・課題解決型サイクル DMAIC

1.DMAICサイクルの概要  前回のその2に続いて解説します。DMAICはDefine、Measure、Analysis、Improve、Controlの…

1.DMAICサイクルの概要  前回のその2に続いて解説します。DMAICはDefine、Measure、Analysis、Improve、Controlの…

改善の限界を超える新プロセスを構築するDFSS(Design For Six Sigma)

 リーン・シックスシグマのアプローチは、DMAIC(Define/ Measure/ Analyze/ Improve/ Control)が世界標準のアプロー…

 リーン・シックスシグマのアプローチは、DMAIC(Define/ Measure/ Analyze/ Improve/ Control)が世界標準のアプロー…

進化を続けるシックスシグマとは

 シックスシグマは、1980年代にアメリカで生まれた経営手法です。  日本で当時、広く活用されていた、TQCを手法開発のお手本とされていたため、日本では製造…

 シックスシグマは、1980年代にアメリカで生まれた経営手法です。  日本で当時、広く活用されていた、TQCを手法開発のお手本とされていたため、日本では製造…

シックスシグマの統計的な側面

シックスシグマの統計的定義  シックスシグマは、「平均値と近接する規格限界値の間に標準偏差が6つ収まること」と定義されます。 3シグマと比較した下図で示すと…

シックスシグマの統計的定義  シックスシグマは、「平均値と近接する規格限界値の間に標準偏差が6つ収まること」と定義されます。 3シグマと比較した下図で示すと…

シックスシグマのQ&A

シックスシグマの状況と活用事例の紹介  2015年12月、シックスシグマに関する規格ISO18404が発行されました。これまでのISO13053は手…

シックスシグマの状況と活用事例の紹介  2015年12月、シックスシグマに関する規格ISO18404が発行されました。これまでのISO13053は手…

学んだ教訓をまとめる(その1)

   いくつかのサブ・プロジェクトから構成される大きなブログラムが終了しました。そこでいつものようにレッスンズ・ラーンド(Lessons-Learned: …

   いくつかのサブ・プロジェクトから構成される大きなブログラムが終了しました。そこでいつものようにレッスンズ・ラーンド(Lessons-Learned: …

学んだ教訓をまとめる(その2)

   いくつかのサブ・プロジェクトから構成される大きなブログラムが終了しました。そこでいつものようにレッスンズ・ラーンド(Lessons-Learned: …

   いくつかのサブ・プロジェクトから構成される大きなブログラムが終了しました。そこでいつものようにレッスンズ・ラーンド(Lessons-Learned: …

DFSS(Design for Six Sigma)の考え方とは

   電気エンジニアから「直列に接続した抵抗の誤差(tolerance)」についての質問を受けました。なんでもその電子回路は重要なフィードバック回路で、高い…

   電気エンジニアから「直列に接続した抵抗の誤差(tolerance)」についての質問を受けました。なんでもその電子回路は重要なフィードバック回路で、高い…

DFSSの典型的な型(設計フェーズと確認フェーズのみ抜粋)

   リーンシックスシグマ(DMAIC)や DFSS (DMADV)は問題解決のためのフレームワークです。そのフレームワークの中で様々なツールを順序良く使っ…

   リーンシックスシグマ(DMAIC)や DFSS (DMADV)は問題解決のためのフレームワークです。そのフレームワークの中で様々なツールを順序良く使っ…

累積公差分析(スタックアップ分析)の事例: 筐体設計 DFSS プロジェクト

   製品設計の現場では DFSS(Design For Six Sigma) がよく使われます。今回は筐体設計(または機械設計)では典型的とも言える累積公…

   製品設計の現場では DFSS(Design For Six Sigma) がよく使われます。今回は筐体設計(または機械設計)では典型的とも言える累積公…

シックスシグマ (その1) シックスシグマの概要

 シックスシグマとは品質管理面での対日本戦略として生み出され、顧客に対し、ほぼ欠陥の無いサービスを提供するというビジョンに基づいた経営管理体系です。シグマ(=…

 シックスシグマとは品質管理面での対日本戦略として生み出され、顧客に対し、ほぼ欠陥の無いサービスを提供するというビジョンに基づいた経営管理体系です。シグマ(=…

シックスシグマ (その2) シックスシグマの教育体系

1.プロジェクトメンバーの役割と責任  シックスシグマはプロジェクト体制で行う為、メンバーの役割が明確に定義されており、役割に応じた教育が行われます。QCサ…

1.プロジェクトメンバーの役割と責任  シックスシグマはプロジェクト体制で行う為、メンバーの役割が明確に定義されており、役割に応じた教育が行われます。QCサ…

シックスシグマ (その4) Defineフェイズの目的

 前回のその3に続いて解説します。シックスシグマでは、顧客主義に基づいてVOC(顧客の声:Voice of Customer)で始まり、顧客の声で終わると言わ…

 前回のその3に続いて解説します。シックスシグマでは、顧客主義に基づいてVOC(顧客の声:Voice of Customer)で始まり、顧客の声で終わると言わ…

シックスシグマ (その5) Measureフェイズの目的

 前回のその4に続いて解説します。MeasureフェイズはDefineフェイズと共にプロジェクト成功を左右する重要なフェイズです。問題の定義と、問題の本質を理…

 前回のその4に続いて解説します。MeasureフェイズはDefineフェイズと共にプロジェクト成功を左右する重要なフェイズです。問題の定義と、問題の本質を理…

シックスシグマ (その6) Analyzeフェイズの目的

 前回のその5に続いて解説します。Analyzeフェイズでは収集したデータを分析し、特性Yのばらつきに影響を与えている因子を推測します。さらに問題の原因を上手…

 前回のその5に続いて解説します。Analyzeフェイズでは収集したデータを分析し、特性Yのばらつきに影響を与えている因子を推測します。さらに問題の原因を上手…

シックスシグマ (その7) Improveフェイズの目的

 前回のその6に続いて解説します。Improveフェイズでは、特性Yと、Analyzeフェイズの最後で抽出した影響力の大きい要因Xとの関係を伝達関数とします。…

 前回のその6に続いて解説します。Improveフェイズでは、特性Yと、Analyzeフェイズの最後で抽出した影響力の大きい要因Xとの関係を伝達関数とします。…

リーン・シックスシグマとは

リーンとシックスシグマの背景と関係性  リーンは、トヨタ生産システムの「カイゼン(改善)」が起源になっています。トヨタでは「カイゼン」によって生産工程でのム…

リーンとシックスシグマの背景と関係性  リーンは、トヨタ生産システムの「カイゼン(改善)」が起源になっています。トヨタでは「カイゼン」によって生産工程でのム…

シックスシグマ (その8) Controlフェイズの目的

 前回のその7に続いて解説します。Controlフェイズは、前フェイズまでに確立した対策効果の確認と、効果を持続させるためのアクションを行います。新しく見出し…

 前回のその7に続いて解説します。Controlフェイズは、前フェイズまでに確立した対策効果の確認と、効果を持続させるためのアクションを行います。新しく見出し…