「人的資源マネジメント」のキーワード記事検索


32件中 1~20件目

社員のモチベーションの維持はどうすればいいのか

   本稿では、社員のモチベーションをいかに維持していくかについて、解説します。施策及び仕組み、モチベーション理論の視点で整理すると、次のようになります。こ…

   本稿では、社員のモチベーションをいかに維持していくかについて、解説します。施策及び仕組み、モチベーション理論の視点で整理すると、次のようになります。こ…

「作業」から「仕事」へ 勤勉な国民性を正しく生かし生産性向上を

 日本センターの招請で2週間ほどロシアに出張しました。日本センターは外務省の後援するNPO組織で、ロシアで我が国のカルチャーやビジネスの広報活動を行っています…

 日本センターの招請で2週間ほどロシアに出張しました。日本センターは外務省の後援するNPO組織で、ロシアで我が国のカルチャーやビジネスの広報活動を行っています…

人件費の適正水準とは

 人件費は、どんな企業でも「常に悩ませる課題」の一つです。人件費の適正水準とはなんでしょうか。今回は、人件費の適正水準を判断する指標として、なにがあるのかを考…

 人件費は、どんな企業でも「常に悩ませる課題」の一つです。人件費の適正水準とはなんでしょうか。今回は、人件費の適正水準を判断する指標として、なにがあるのかを考…

日本的人事が強い会社を創る(その1)

1.グローバル化時代の人事制度  グローバル化が進むからこそ、日本の良さを前面に押し出した人事制度を創るべきです。なんでもかんでも欧米に見習えというのでは、…

1.グローバル化時代の人事制度  グローバル化が進むからこそ、日本の良さを前面に押し出した人事制度を創るべきです。なんでもかんでも欧米に見習えというのでは、…

中国工場のレベルを高める第1歩とは

 中国工場の品質管理体制の構築、品質改善の支援・指導について解説します。今回は、従業員教育についてです。従業員教育の始めは、現場の管理者や検査員を対象とします…

 中国工場の品質管理体制の構築、品質改善の支援・指導について解説します。今回は、従業員教育についてです。従業員教育の始めは、現場の管理者や検査員を対象とします…

日本的人事が強い会社を創る(その2)

4.シンプルな人事制度が重要  前回の前編に続いて後編です。人事制度はとにかくわかりやすく、簡単にすることが大切です。組織のベクトルを合わせるためにそれぞれ…

4.シンプルな人事制度が重要  前回の前編に続いて後編です。人事制度はとにかくわかりやすく、簡単にすることが大切です。組織のベクトルを合わせるためにそれぞれ…

レジリエンスを高める技術(その1)

 レジリエンスを高める技術を、これより分割して解説します。今回が、第1回です。   1.ポジティブ心理学  ポジティブ心理学は、1998年…

 レジリエンスを高める技術を、これより分割して解説します。今回が、第1回です。   1.ポジティブ心理学  ポジティブ心理学は、1998年…

レジリエンスを高める技術(その2)

 レジリエンスを高める技術を、分割して解説しています。今回が、第2回で、自己認識(Self-awareness)についてです。   1.ABCモ…

 レジリエンスを高める技術を、分割して解説しています。今回が、第2回で、自己認識(Self-awareness)についてです。   1.ABCモ…

現場リーダーが作業から離れてみると見えることとは

1.現場リーダーと作業効率  数名の部下を持つ「現場リーダー」(主任、班長、など呼び方は会社によって様々)が、現場の作業に入っている工場は少なくありません。…

1.現場リーダーと作業効率  数名の部下を持つ「現場リーダー」(主任、班長、など呼び方は会社によって様々)が、現場の作業に入っている工場は少なくありません。…

成果主義を成功させる評価基準設定と運用のポイント

1.納得感を得られない成果主義、その理由は  何らかの形で成果主義を採用する企業が増えていますが、社員から納得感を得られず、士気を低下させている例がよく…

1.納得感を得られない成果主義、その理由は  何らかの形で成果主義を採用する企業が増えていますが、社員から納得感を得られず、士気を低下させている例がよく…

レジリエンスを高める技術(その3)

 レジリエンスを高める技術を、分割して解説しています。前回のその2に続いて解説します。今回が、第3回で、セルフコントロール(Self-regulation)に…

 レジリエンスを高める技術を、分割して解説しています。前回のその2に続いて解説します。今回が、第3回で、セルフコントロール(Self-regulation)に…

「ポジティブな感情が明日を開く」とは

◆風土と結果のバラつき減  製造現場で先の見えない激しい競争が続いています。競争に勝ち残るためには、活力に溢れ、知恵を活かし、主体的に行動する社員とチー…

◆風土と結果のバラつき減  製造現場で先の見えない激しい競争が続いています。競争に勝ち残るためには、活力に溢れ、知恵を活かし、主体的に行動する社員とチー…

レジリエンスを高める技術(その7) 人とのつながり

 レジリエンスを高める技術、前回の徳性の強みに続いて、今回は、人とのつながり(Connection)です。   1.人との良好なつながりを構築す…

 レジリエンスを高める技術、前回の徳性の強みに続いて、今回は、人とのつながり(Connection)です。   1.人との良好なつながりを構築す…

ワーク・エンゲージメントとは

◆「やる気」の数値化、グラフ化で効果を定量把握  企画から設計、製造、販売、そして保守という広い意味でのものづくりにおける生産性は、かかわっている人によ…

◆「やる気」の数値化、グラフ化で効果を定量把握  企画から設計、製造、販売、そして保守という広い意味でのものづくりにおける生産性は、かかわっている人によ…

レジリエンスを高める技術(その4)

 レジリエンスを高める技術、前回のセルフコントロールに続いて、今回は、楽観性(Optimism)です。   1.楽観性  落ち込んだ状態や…

 レジリエンスを高める技術、前回のセルフコントロールに続いて、今回は、楽観性(Optimism)です。   1.楽観性  落ち込んだ状態や…

管理職が学べき面談技術とは (その1)

 毎年、新年度になると、年度方針や年度計画の話が、全社、事業部、部、課、チームといった組織の各階層で行われているのではないでしょうか。年度の初めに合わせて新し…

 毎年、新年度になると、年度方針や年度計画の話が、全社、事業部、部、課、チームといった組織の各階層で行われているのではないでしょうか。年度の初めに合わせて新し…

管理職が学べき面談技術とは (その2)

 前回のその1に続いて解説します。    共通ゾーンを意識することができたら、次に考えることは、実際にパーソナル・アジェンダをどうやって引き出すかです。そ…

 前回のその1に続いて解説します。    共通ゾーンを意識することができたら、次に考えることは、実際にパーソナル・アジェンダをどうやって引き出すかです。そ…

レジリエンスを高める技術(その5)

レジリエンスを高める技術、前回の楽観性に続いて、今回は、心理的柔軟性(Mental Agility)です。   1.思考のクセを知る  気…

レジリエンスを高める技術、前回の楽観性に続いて、今回は、心理的柔軟性(Mental Agility)です。   1.思考のクセを知る  気…

職種転換の進め方とは

        今回は、次のような想定から、職種転換の進め方について解説します。   1. 職種転換による営業強化  試作金型工場で…

        今回は、次のような想定から、職種転換の進め方について解説します。   1. 職種転換による営業強化  試作金型工場で…

教育予算の費用対効果を上げるには

1.日本企業の教育研修の現状  日本能率協会やプレジデント社などが行ってきたアンケート調査で、共通している課題が気になっています。それは、企業が人材…

1.日本企業の教育研修の現状  日本能率協会やプレジデント社などが行ってきたアンケート調査で、共通している課題が気になっています。それは、企業が人材…

< 1 2