「全般」のキーワード記事検索


25件中 1~20件目

日本の失われた20年の原因は生産性向上の停滞が一因

円高や新興国の成長、TPPのごたごた、震災など、さまざまな要因で国内製造業には逆風が吹いています。 一橋大学林文夫教授が編集した「経済停滞の原因と制度」...

円高や新興国の成長、TPPのごたごた、震災など、さまざまな要因で国内製造業には逆風が吹いています。 一橋大学林文夫教授が編集した「経済停滞の原因と制度」...

平均値よりも中央値

 中央値という統計量についてです。我々の最も身近な統計量は、平均値では無いでしょうか、何かの程度を比べる時、とりあえず平均値で判断すると思います。   ...

 中央値という統計量についてです。我々の最も身近な統計量は、平均値では無いでしょうか、何かの程度を比べる時、とりあえず平均値で判断すると思います。   ...

モノづくりは感性を磨くこと

1. 現役で長続きする秘訣  小林弘美さんという方は、日本アマチュア女子ゴルフで、30回以上出場されています。新聞記者がインタビューで、現役で長続きでき...

1. 現役で長続きする秘訣  小林弘美さんという方は、日本アマチュア女子ゴルフで、30回以上出場されています。新聞記者がインタビューで、現役で長続きでき...

3つの目-視点 視野 視座

 問題や課題を考える上で重要な「ものごとを観る目」として次の3つがあります。    1.視点 2.視野 3.視座   1.視点とは  目の付...

 問題や課題を考える上で重要な「ものごとを観る目」として次の3つがあります。    1.視点 2.視野 3.視座   1.視点とは  目の付...

フレームワークを意識する

 問題や課題について思考を巡らす時、フレームワークを意識してみると始動がスムーズで、その後合理的に考え進めていくことが出来ます。フレームワークは論理的思考...

 問題や課題について思考を巡らす時、フレームワークを意識してみると始動がスムーズで、その後合理的に考え進めていくことが出来ます。フレームワークは論理的思考...

変化への即応性( 情報感度を磨くには )

1.情報感度を磨く必要性  時代の変化は、自己の周辺で小さな兆候となって現れ 、やがて大きな変化に発展する。目立つようになって対策を検討するのでは手遅れ...

1.情報感度を磨く必要性  時代の変化は、自己の周辺で小さな兆候となって現れ 、やがて大きな変化に発展する。目立つようになって対策を検討するのでは手遅れ...

情報の蓄積 「果報は練って待て!」

1. 起業時した友人からのアドバイス  筆者の友人に、機械装置関連のものづくり企業を約35年間続けている中小企業経営者がいます。過去には、バブル崩壊やリ...

1. 起業時した友人からのアドバイス  筆者の友人に、機械装置関連のものづくり企業を約35年間続けている中小企業経営者がいます。過去には、バブル崩壊やリ...

製造業の適者生存は業務生産性革新がカギ

 「私の会社は10年後確実に存在している」と言い切れる人は、よほど優秀か楽天家のいずれかでしょう。右図の通り、総務省統計局の調査によれば、製造業の4人以上...

 「私の会社は10年後確実に存在している」と言い切れる人は、よほど優秀か楽天家のいずれかでしょう。右図の通り、総務省統計局の調査によれば、製造業の4人以上...

業務改革を実現する問題解決技法 (その10) 会社力・組織力・現場力の向上

 前回のその9に続いて、解説します。競争環境の中で優位に立ち、業績を向上させるためには、下図1の2点が重要です。 図1 業績向上のポイント  ここで『...

 前回のその9に続いて、解説します。競争環境の中で優位に立ち、業績を向上させるためには、下図1の2点が重要です。 図1 業績向上のポイント  ここで『...

業務改革を実現する問題解決技法 (その9) 解決策の実施

1.解決策実施につなげるために  前回のその8 解決策の検討に続いて解説します。検討した解決策を実施するためには、関わる人たち全員の納得感が必要です。そ...

1.解決策実施につなげるために  前回のその8 解決策の検討に続いて解説します。検討した解決策を実施するためには、関わる人たち全員の納得感が必要です。そ...

業務改革を実現する問題解決技法 (その8) 解決策の検討

1.解決の方向性検討  前回のその7 調査結果の分析に続いて解説します。問題の根本原因が明らかになれば、その解決策を検討することになりますが、この時に注...

1.解決の方向性検討  前回のその7 調査結果の分析に続いて解説します。問題の根本原因が明らかになれば、その解決策を検討することになりますが、この時に注...

業務改革を実現する問題解決技法 (その7) 調査結果の分析

1.実態調査結果の吟味  前回のその6に続いて、解説します。「業務フロー」「業務に要している時間(長さ・量)」「情報の活用度合い」「物や情報の重要度合い...

1.実態調査結果の吟味  前回のその6に続いて、解説します。「業務フロー」「業務に要している時間(長さ・量)」「情報の活用度合い」「物や情報の重要度合い...

業務改革を実現する問題解決技法 (その6) 実態調査

 前回のその5 実態調査計画、仮説設定を行い計画化に続いて、その6です。仮説設定に基づいた実態調査計画が出来上がれば、次は実際に現場調査をする段階となりま...

 前回のその5 実態調査計画、仮説設定を行い計画化に続いて、その6です。仮説設定に基づいた実態調査計画が出来上がれば、次は実際に現場調査をする段階となりま...

業務改革を実現する問題解決技法 (その5) 実態調査計画、仮説設定を行い計画化

1.キーパーソンインタビュー  仮説設定の材料となる「キーパーソンの問題認識」を収集するために、キーパーソンインタビューを行います。既に明確にした「事業...

1.キーパーソンインタビュー  仮説設定の材料となる「キーパーソンの問題認識」を収集するために、キーパーソンインタビューを行います。既に明確にした「事業...

業務改革を実現する問題解決技法 (その4) 全体業務フロー

1.仮説設定と実態調査計画  前回のその3 事業責任者の問題認識に続いて、今回は、全体業務フローです。「事業目標と改革テーマ」の関係が明確になれば、次は...

1.仮説設定と実態調査計画  前回のその3 事業責任者の問題認識に続いて、今回は、全体業務フローです。「事業目標と改革テーマ」の関係が明確になれば、次は...

業務改革を実現する問題解決技法 (その3) 事業責任者の問題認識

1.事業責任者の問題認識把握  前回のその2、事業の概観把握に続いて、その3です。関係部門のキーパーソンが集まりチームで業務改革の検討を進めるような場合...

1.事業責任者の問題認識把握  前回のその2、事業の概観把握に続いて、その3です。関係部門のキーパーソンが集まりチームで業務改革の検討を進めるような場合...

業務改革を実現する問題解決技法 (その2) 事業の概観把握

1.対象事業の概観把握  前回のその1、全体像に続いて、今回は、事業の概観把握です。問題解決を行い業務改革を実現するためには、関連部門のキーパーソン...

1.対象事業の概観把握  前回のその1、全体像に続いて、今回は、事業の概観把握です。問題解決を行い業務改革を実現するためには、関連部門のキーパーソン...

業務改革を実現する問題解決技法 (その1) 全体像

1.はじめに  企業を取り巻く環境は絶え間なく変化を続け、事業運営上いろいろな問題が発生します。今まで問題のなかった仕事の進め方にも環境変化と共に手直し...

1.はじめに  企業を取り巻く環境は絶え間なく変化を続け、事業運営上いろいろな問題が発生します。今まで問題のなかった仕事の進め方にも環境変化と共に手直し...

問題解決における分析、調査の有効性

 問題解決における分析、調査の有効性ですが、ここでいう分析とは例えばSEM、TEM観察、EDX、蛍光X線分析、X線回折、オージェ、ESCAなどの組成、構造...

 問題解決における分析、調査の有効性ですが、ここでいう分析とは例えばSEM、TEM観察、EDX、蛍光X線分析、X線回折、オージェ、ESCAなどの組成、構造...

革新のカベを超える技法“Switch”とは

 多くの企業が、「5Sをやればいいことは分っているがその暇がない」、「5Sをやっても成果が上がらない」、「小ロット短納期生産の中でコストを下げろと言われて...

 多くの企業が、「5Sをやればいいことは分っているがその暇がない」、「5Sをやっても成果が上がらない」、「小ロット短納期生産の中でコストを下げろと言われて...