「アイデア発想法」とは

アイデア発想法は、多様な技法群の中で最も種類が豊富で、主なもので100種類を超えます。それだけ世の中で需要があると言えるでしょう。ある程度ケースに対応する類型もありますが、慣れた方法を使う人が多いようです。 ひとつの方法だけだと同じような発想になってしまいますから、いくつかのアイデア発想法を並行して使って、発想を拡げるようにしましょう。


「アイデア発想法」のキーワード解説記事

もっと見る
アイディア発想法について

   今回は、次のような事例から、新製品開発につなげるアイデア発想法について解説します。   1. 課題:樹脂に関するアイデア発想のアプローチ…

   今回は、次のような事例から、新製品開発につなげるアイデア発想法について解説します。   1. 課題:樹脂に関するアイデア発想のアプローチ…


創造的な可能性とは

1.創造の定義  私たちが取り組む問題の多くは、解答が一つしかないものではなく幾つもある、つまり創造的な問題です。定型化された問題をいくらスピーディーに解決…

1.創造の定義  私たちが取り組む問題の多くは、解答が一つしかないものではなく幾つもある、つまり創造的な問題です。定型化された問題をいくらスピーディーに解決…


アイデア発想:入出法(インプット・アウトプット法) の進め方

1.入出法の特徴  入出法(インプットアウトプット法)はGE社がオートマチックシステムの設計アイデアを求めるために考案したやり方です。日本では「入出法(いり…

1.入出法の特徴  入出法(インプットアウトプット法)はGE社がオートマチックシステムの設計アイデアを求めるために考案したやり方です。日本では「入出法(いり…

「アイデア発想法」の活用事例

もっと見る
価値創造の鍵を握るアナログ知

1.アナログ知を高めるとは  最近公文式教室のCMをテレビで見かけます。公文式教室は50年以上の歴史があり、現在は日本にとどまらず48の国・地域で学習指…

1.アナログ知を高めるとは  最近公文式教室のCMをテレビで見かけます。公文式教室は50年以上の歴史があり、現在は日本にとどまらず48の国・地域で学習指…


発想力を考える:ひらめき派と理論派

 東京五輪のロゴの模倣問題を発端に担当デザイナーの他の作品にも次々と模倣疑惑が広がりましたが、作品そのものだけでなく、身内に官僚がいるので出来レースだったとか…

 東京五輪のロゴの模倣問題を発端に担当デザイナーの他の作品にも次々と模倣疑惑が広がりましたが、作品そのものだけでなく、身内に官僚がいるので出来レースだったとか…


失敗の繰り返しが発明を生んだ (その4)  -ベッセマー製鋼法、セルロイド-

1.反射炉の運転でミスをしたことから、新しい製鋼法を発見した、イギリスの発明家 ヘンリー・ベッセマー  製鋼法で画期的な発明を成し遂げたのが、イギリスの…

1.反射炉の運転でミスをしたことから、新しい製鋼法を発見した、イギリスの発明家 ヘンリー・ベッセマー  製鋼法で画期的な発明を成し遂げたのが、イギリスの…