革新的なアイデア発想法ゴードン法とは

1. ゴードン法の概要

 ゴードン法は、アメリカの製品開発専門家ウィリアム・ゴードンが開発した技法です。

 ゴードン法では、本当の課題(テーマ)はリーダーだけが知っていて、メンバーには明かさずに、抜本的なアイデアを求めようとするものです。参加メンバーは自分の持っている知識を自由に提供できるので、この方式は発想時の参加者にとっては自由連想法といえます。

  

2. ゴードン法のステップ

 ゴードン法は、参加メンバーによってその効果を大きく左右されますが、特にリーダーは討議の進行役と同時に、メンバーから出た論点を真の課題に結びつける必要があるため、多大の想像力・洞察力を要求され、他の技法以上の力量と手腕を要求されます。

 ここでは新しいごみ箱のアイデアを考える、という例で説明します。

(1)討論テーマの決定(真のテーマ「ごみ箱」、討論テーマ「さまざまな入れ方」)

(2)第一次会議

  •    ①リーダーがテーマを提示(テーマは物であれば機能となる。ここでは「入れ方」)
  •    ②メンバー(5~10人が望ましい)が発想、リーダーは多角度な発想を援助する。
  •     (例えば、「バスケットボールを投げて入れる」 が発想された)
  •    ③会議の最後に、真のテーマを提示する。

(3)第二次会議で真のテーマに、第一次会議で出たアイデアを結合し、解決策を考える。

   (例えば、「バスケットボールのバスケット」という発想からバスケット型ゴミ箱が考えられた)

このように固定観念の打破を目指して発想しようとする技法です。

ゴードン法の事例 革新的アイデア発送

ゴードン法の手順 革新的アイデア
  

セミナー「ネーミング創出の理論と効果的なネーミングテクニック」

14:00 ~ 17:00 

[東京・大井町]きゅりあん6階中会議室 

41,040円

3. ゴードン法の応用

 この技法は、特に新製品の開発、それもこれまでとはまったく異なった発想・方式の製品を開発するときに、著しい効果を発揮すると考えられています。

 あるいは、マーケティングの分野にも応用可能でしょう。例えば「イベント」を考えるとき、「人を興奮させるもの」といったテーマで考えてみるとか、「スポーツカーのネーミング」に際して「飛ぶ」「鋭い」「熱情」といった言葉からイメージするものをあげていく、という具合です。


この記事の著者

髙橋 誠

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「ゴードン法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン