ホーム > 技法解説 > 品質マネジメント > 工程能力の理解 その1.工程能力とは

品質マネジメント」の技法解説記事



工程能力の理解 その1.工程能力とは

 工程により作り出される”特性”の状態を評価するには平均値だけでは不十分で、ばらつきを考慮した分布の大きさを観る事が重要です。 この分布が、規格(スペック)幅の内側に十分収まるように管理を行う事が、品質保証に直結しコスト削減と顧客満足に繋がります。 特性値の規格に対する充足度を”工程能力”と言います。工程能力とは安定した工程における品質特性値の状態を、統計的に表す能力の事を言います。ここで言う安定した工程とは、簡単に言えば特性の異常なばらつきが無い状態と言えます。
 
 管理図で言えば管理限界内で点が、特異な傾向無く上下している様なケースになります。 設備の故障や人為的ミス、その他平常時とは異なるイベントによる異常を含まない状態です。
 
 チェーンレストランで同じ料理の味が、お店によって違っていたらどうでしょう? 行く度に塩加減が違っていたらどうでしょうか? 一見のお客さんなら問題ないかもしれませんが、味が一定していなければリピーター顧客を掴むのは難しいでしょう。
 
 味覚に数値的なスペックを引くことは出来ませんが、調理手順や調味料の量や入れるタイミングを標準化すれば、人の味覚では違いが気にならない程度にばらつきを抑える事は可能です。 同じレシピでも作り手によって味は変わりますから、チェーン店レストランではレシピだけで無く、調理器具や調理法も併せて込み同じ味を再現している事でしょう。
 
 ある料理を食べて美味しい、また食べたいと思えるのが平均点だとすると、再度来店した時に最初の食べた時の味と同じだと感じてもらえるのが、ばらつきと言う事になります。
 
         
LSL USL1
 
                                図1.LSLとUSL
 
 図1の様にスペックに余裕で収まる様なら工程能力が高いと言え、顧客に時々味が違うな?と思われて
しまうようなら不十分と言えます。次回は、工程能力の理解 その2.工程能力指数-Cp/Cpkです。
  


品質マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「眞名子 和義」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!




品質マネジメント」の他の技法解説記事

品質管理の7つの基本 New!(2017-02-09)
KI法(ケイアイ法)、結果が悪いのは工程が悪い・作業が悪い! (2013-09-16)
現場には、非常に多くの勘違い!品質問題における原因究明とは (2014-06-08)
トレーサビリティ、追跡可能性とは (2015-12-25)
慢性不良への対応(その1)原因は必ず複数ある (2014-07-30)
4M変化点(4M変動)管理 4つの重要ポイント (2016-06-03)
日本のものづくり品質を再確認しよう (2015-01-13)
不良原因解析2段階法の解説(その2) (2015-11-27)
多品種少量生産時代のQCDとは New!(2017-02-16)
慢性不良への対応 その2 偶然のばらつきでも因子を絞れば解析できる (2014-08-27)

月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら