ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > 何を作ったら良いか分らない状態での新商品開発法とは(その2)

アイデア発想法」の技法解説記事



何を作ったら良いか分らない状態での新商品開発法とは(その2)

 何を作ったら良いか分らない状態の下で、新商品・新システムを考え出すための新商品開発法 (S2D)を 連載で解説しています。今回は、その2です。前回のその1に続いて解説します。

 

3.新商品開発を進めるための方法(S2D)

 その1に述べたような、「目標が漠然」としていて、単に「新商品を開発せよ」と言われるだけのような場合はターゲットを絞ることが困難で、どこから手をつけてよいか分らず、手をつけたとしてもそれが正しいことなのかどうか自信が持てないということになってしまいます。このような状況下でも新製品・新システムの企画ができるやり方を整理し説明します。新商品開発法 (S2D)の概観を図2に示します。
 
              
商品開発
                図2.新商品開発法(S2D法)の概観
 

(1)システム思考「上位目的とそのための手段の利用」

 自分たちが持っている技術を出発点にして商品のマップを捉え、パラダイムシフトを考えることで現在保有している技術や商品にこだわらない範囲への拡張、すなわち商品や技術の必要性つまり人間の顕在的および 潜在的な欲求を引き出します。とはいえ、全く「土地勘」のない領域をやみくもに探し回っても時間と労力の無駄遣いです。自分たちが持っている技術領域の周辺から探るのが良策であり、自分たちの力(時間・人手)に 応じてその領域を広げていけばよいのです。
 
 したがって、自分たちがよく知っている「現在のシステム」からスタートし、「現在のシステム」が社会から要求されている理由、つまり“何のためにこの現在のシステムがあるのか”を考えて「上位目的」を捉えます。 さらに現在のシステムおよび、上位目的を支える「Sub 目的」や、Sub目的を支える「手段」を列挙します。例として、バイクのサイドミラーから出発します(図3参照)
 
 
商品開発
                       図3.バイクの例
 
 ミラーはバイクを使う一部として存在しており、バイクを使うのは目的地に移動するためです。目的地への移動のためのSub目的として「楽に行く」「早く行く」「安全に行く」などがあります。安全に行くための手段の1つに後方カメラが考えられます。それをさらに発展させると「後方の映像を表示させるシステム」が考えられます。この例では「後方カメラ」やその「映像表示システム」、さらに「居眠り監視機構」や、全く別視点の「自動誘導システム」や「車輌共有システム」など、もはやミラーとは関係ないシステムなどが提案されます。新商品のタネはたくさんころがっているのです。これらの「Sub目的」や「手段」の中で自分たちが乗り出せそうな領域、すなわち自分たちの技術力、市場規模、競争力、などを考慮して絞り込み選択し、それを対 象システムとします。これを基にして、次の2つの方 法でさらにブラッシュアップします。
 

A)スーパーシステムへの移行の利用

 「対象システム」のブラッシュアップとして、まず 「9画面法」を用います。9画面法では対象システム を包含する「スーパーシステム」や対象システムを支える「サブシステム」を考えます。対象システムを「後方映像表示システム」とした場合、ゴーグルへの表示やさらには後方車の接近速度の超音波計測との併用で衝突危険信号を出すという未来の姿を描くことができます。
 

B)技術システム進化の法則の利用

 生物の進化と同様に技術システムは「進化」している と捉え、そのシステムの進化には一定のパターンがある という考え方です。対象システムの「後方映像表示システム」は、進化の1つである制御性向上の観点から、後方画像から後方の車との車間距離の縮まり方を計算し、危険領域に入る前から「予告の」警告を出させる というさらに望ましい形に発展させることが考えられます。
 
 次回、その3では、(2)10年後の未来素案の作成 からです。
 


アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「三原 祐治」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



技術開発/課題解決のための最も強力な手法であるTRIZにおいて、日本におけるTRIZの実施指導(コンサルティング)、普及指導(セミナー)、および教育を一貫して主導してきました。その実践法であるUSITを用いた実践指導には定評があります。 TRIZの黎明期からその普及に関わり、いろんな技術分野での… 続きを読む

アイデア発想法」の質問

ゴードン法 (2016-10-26 08:59:14)
アイデア出しの手法 (2015-11-17 16:04:04)
アイディア発想法について (2012-07-17 17:38:28)

アイデア発想法」の他の技法解説記事

問題解決の基本手順 (2014-10-23)
アイデア発想の基本とは (2013-08-07)
強烈な問題意識が創造のスタート、固定観念から抜け出せ! (2014-10-17)
集団創造の進め方とチームづくり (2014-12-24)
発散思考と収束思考の使い分け (2014-11-27)
何を作ったら良いか分らない状態での新商品開発法とは(その3) (2016-10-27)
創造思考、「1人の時」「他の事をしている」と「突然」に! (2014-11-07)
アイデアのヒントを探しに人はどこへ行く、ヒントを得る場所・人・媒体とは (2014-11-13)
阻害条件を排除して、創造性を伸ばすには (2014-12-17)
アイデア発想:入出法(インプット・アウトプット法) の進め方 (2014-07-18)

アイデア発想法」の活用事例

自然界をヒントにした発想事例1 -ベンゼン核、座標軸、万有引力- (2015-08-07)
失敗の繰り返しが発明を生んだ事例3-安全剃刀、テレビジョン- (2015-10-13)
偶然を生かしたセレンディピティのひらめき事例2.-列車のブレーキ‐ (2015-09-26)
失敗の繰り返しが発明を生んだ事例4 -ベッセマー製鋼法、セルロイド- (2015-10-15)
連想がアイデアを生んだ事例 -カラオケと害虫駆除- (2015-07-15)
発想力を考える:ひらめき派と理論派 (2016-03-01)
必要に迫られればアイデアが出る-紙と缶詰の場合 (2015-06-16)
ヒット商品をひらめく時-シャープペンシルと芳香剤 (2015-06-01)
災い転じてアイデアとなす -苦しい時こそ発想のチャンス- (2015-07-06)
しつこく繰り返して、発見や発明を生んだ事例1-噴射式復水器、蓄音機- (2015-09-28)

オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら