しつこく繰り返して、発見や発明を生んだ事例2-サイクロトロン、嘘発見器-

1.物理学者の論文で使われた装置をヒントに、サイクロトロンを開発した、アメリカの物理学者、アーネスト・オルランド・ローレンス

                                  
buturi1
 サイクロトロンは、原子核の研究を大いに進歩させた粒子の加速器です。創案者ローレンスは、この複雑きわまりない装置の発明の糸口を、一編の論文に見いだしました。ローレンスの興味を引きつけたのは、論文の内容より、そこで使用されている装置です。長い真空管をつなぎ合わせて、荷電粒子の速度を増加させるというもので、ローレンスは、より多くの真空管をつなぎ合わせられれば、巨大な加速度をつくり出せるだろうと考えました。この着想をもとにサイクロトロンについての思考を練り上げたローレンスは、事実を単純な数学的関係にして仲間に示しました。
 
 彼らはローレンスの正しさを理論的に認めましたが、実際に機械を製作するのは不可能、とする者がほとんどでした。大方の予想どおり、製作にあたっては技術上の数々の難問が立ちふさがりました。ローレンスは自分の考えに固執することなく、他の方法についても検討しましたが、サイクロトロンほど有力なものは一つとしてない、と確信するにいたりました。
 
 結局、ローレンスの着想を現実のものにしたのは、彼自身の不屈の意志力とバイタリティでした。最初に即席の方法でサイクロトロンを試作したときに要した材料は、研究室にあった木製台所椅子、洋服掛け、それに長い針金というのが、主な内容でした。
 

セミナー「ユニークブレインラボ 「独創的アイディアを連発する思考技法と発想エクササイズ」」

10:00 ~ 17:00 

商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室

55,000円

2.嘘をつくと脈拍や血圧が上昇することを見つけ、嘘発見器を開発した、イタリアの犯罪学者 チェサーラ・ロンブローゾ

 
 嘘をつくと、手のひらに汗をかいたり、脈拍が速くなる、血圧が上がる、などということはよく知られています。また、口の中が乾くことも古くから知られており、裁きの際の判断材料にされたようです。
 
 例えば、アラビアのベドウィンでは、二人の申し立てが違った場合、熱した鉄をなめさせ、舌をやけどしたほうが嘘つきと判定されました。同じ考え方から、古代中国では容疑者にコメの粉を含ませ、すぐに吐き出させて、粉の湿り具合を見たという。そして、米が乾いていた者が犯人とされたそうです。
 
 このような現象はずいぶん昔から知られていたわけですが、それを実用化したのがイタリアの犯罪学者C・ロンブローゾ教授でした。彼は犯罪人類学の創始者としても知られています。彼は、生理的変化によって、嘘をついているかどうかがわかるという仮説に基づいて、1895年に、脈拍と血圧の増加を調べる機械を作りました。これが最初の嘘発見器です。
 
                   出典:「ひらめきの法則」 髙橋誠著(日経ビジネス人文庫)

この記事の著者

髙橋 誠

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。