必要は発明の母-万年筆とボールペンのアイデア発想事例

1.万年筆のアイデア発想

 

万年筆のアイデア発想
 万年筆の逸品として名高いウォーターマン。これを開発したのがアメリカ人の発明家にして製造業者のルイス・エドソン・ウォーターマンです。

 彼がセールスマンで、契約書に顧客のサインをもらう際、よく万年筆のインクが流れ出して、契約書を汚したりしました。そこで彼は、インクもれのない万年筆の開発を決心し、改良を重ねて生まれたのが、ウォーターマンの万年筆なのです。  
  

セミナー「創造力を強化し独創的アイディアを連発する思考技法『ユニークブレインラボ』」

10:00 ~ 17:00 

企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

41,040円

2.ボールペンのアイデア発想

 現在、ボールペンほどポピュラーな筆記具はないでしょう。ボールペンを発明したのは、ハンガリーのラディスラオ・ピロです。ピロはブダペストにある出版社の校正係で、仕事をする時、万年筆に何度もインクを補充するのが面倒でしかたがありませんでした。その不満から、なんとか途中でインクを補充しなくてすむ筆記具はできないだろうかと、いつも考えていました。

 彼は、弟と一緒に自宅で何度も実験・試作を繰り返しましたが、資金不足で中断を余儀なくされてしまいます。そして第2次世界大戦。1943年、ビロは戦火から逃れ、アルゼンチンに渡り、そこでヘンリー・マーチンというイギリス人にめぐり会いました。マーチンこそ、ビロの研究に興味を持ち、資金援助をするなどビロの賛同者となった人物です。マーチンの援助のおかげでビロは研究を完成、とうとうボールペンが誕生したのです。

 ビロとマーチンはイギリスに工場をつくり、ボールペンの製造を始めましたが、当初、このボールペンは、空中でもインクのもれない筆記具として、空軍で用いられたそうです。後にビロとマーチンがつくったイギリス工場は、フランスのビック社に接収され、安価な使い捨てのボールペンを大量生産する舞台となったのです。

出典:「ひらめきの法則」 髙橋誠著(日経ビジネス人文庫)


この記事の著者

髙橋 誠

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン