ヒット商品をひらめく時-シャープペンシルと芳香剤

1.繰り出し鉛筆の金具の細工を依頼されて、シャープペンシルを考案

 大正4年当時、錺【かざり】職人だった早川徳次(早川電機=現シャープ創業者)は、万年筆のクリップや金具に唐草模様などを彫り込むことを思いつき、万年筆メーカーからの仕事を請け負っていました。

 ある時、、得意先の万年筆メーカーが、万年筆ではなく繰り出し鉛筆の金具の細工を依頼してきたのですが、その繰り出し鉛筆は、セルロイドとブリキでできた、いかにも壊れやすそうな代物でした。

シャープペンシルのアイデア
 アイデアマンの早川は、繰り出し鉛筆を全面的につくり直して、使い勝手のよい耐久性のあるものにしようと思い立ち、仕掛けや素材の研究に取り組みます。そしてついに完成したのが「スクリューペンシル」。ニッケル製の軸を回すと芯が繰り出されることからの命名でした。

 発売後も問屋からは細かい改良の注文が相次ぎましたが、早川はいやな顔ひとつせずに注文に応えて改良を重ね、次第にスクリューペンシルは人気を呼び、大量に輸出されるようになったのです。早川はその後も改良の手をゆるめず、芯をより細くしたのをきっかけに「シャープペンシル」と改称しました。現在のシャープペンシルの普及ぶりはご承知のとおりです。
  

セミナー「創造力を強化し独創的アイディアを連発する思考技法『ユニークブレインラボ』」

10:00 ~ 17:00 

企業研究会セミナールーム(東京:麹町)

41,040円

2.タクシーの中で芳香剤が香るのを体験し、大ヒット商品「サワデー」をひらめく

芳香剤のアイデア発想
 大ヒットを飛ばし続けている小林製薬の会長小林一雅が、ひらめきを得た瞬間がありました。それは出張先の広島でタクシーに乗った時です。何かいい香りがするので、タクシーの運転手さんに聞いてみると、奥さんがスーパーで買ってきたという芳香剤のようなものを見せてくれたのです。その瞬間トイレに芳香のある消臭剤を開発しようと思いついたといいます。

 当時、日本には「トイレボール」という100円の商品がありましたが、強烈な臭いがします。早速、開発にかかりましたが、役員会では大反対に合います。何とか発売にこぎつけると「トイレにサワデー さわやかサワデー」のCMが大ヒット。380円なのに発売目標の年間30万個を、3ヶ月で70万個とあっという間にクリアーしたのでした。

  

出典:「ひらめきの法則」 髙橋誠著(日経ビジネス人文庫)



この記事の著者

髙橋 誠

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!

「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン