ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > 空間型アイデア収束技法「クロス法 」、発想カードを出してスタート

アイデア発想法」の技法解説記事



空間型アイデア収束技法「クロス法 」、発想カードを出してスタート

1.クロス法とは

 クロス法は、発想データを項目別にまとめ、各データの評価まで一挙に行う技法で、アメリカのグレゴリーの7×7法から、(株)創造開発研究所の高橋誠がヒントを得て考案したものです。個人でも少人数でも利用が可能です。

 

 2.クロス法の進め方

 まず発散技法で発想カードを出してスタートし、以下次のように進めます。

 

  •  ① データ発想..………...データをカードに記入する・具体的なカードを出す
  •  ② データ広げ………….デスク上に全カードを並べる・全員で全カードをよく読む
  •  ③ 項目別に分類………内容の同一性で集める・5~10項目程度(10枚以内)
  •  ④ 項目名の決定………別カードに赤字で書く・中のカードが分かる名前に
  •  ⑤ 項目順の決定…..…..項目の順位を決める・項目内カードを順位ごとに用紙に移す
  •  ⑥ 項目内順位の決定…用紙に順位ごと上から下へカードはり・不要カードは捨てる

 

 以上がクロス法のステップです。あとは結果をOHPシートにまとめて発表したりします。このように発散データを項目としてまとめ、全データを一挙に評価までもっていくのがこの技法の特徴です。用紙の左側に近くかつ上位のカードほど重要なデータとなります。

 実例を下図1に示しますので、参考にしてください。

クロス法の
図1.クロス法の実施例



アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(たかはし まこと) / 専門家A / 株式会社創造開発研究所

企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし、社員の創造性開発を促進し、新商品の開発を支援します!
「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。 続きを読む

アイデア発想法」の他の技法解説記事
  • 創造性検査とは

    1.創造的人材の特徴とは  創造的人材を考えるために、まず創造性とは何かをはっきりさせておくことが必要です。私は創造性を次のように定義しています。  「創造性とは、情報と情報の統合により新しい価値を生み出す態度や能力をいう」  創造的人材とは…

  • 創造力を育てる5ヶ条とは

     ノーベル賞受賞者の江崎玲於奈氏は、創造力を育てる5ヶ条(ノーベル賞をとるためにしてはいけないこと)を次のように言っています。これは世界的に、江崎の黄金律と呼ばれています。  図1 江崎の黄金律 1. 今までの行き掛かりにとらわれてはいけません…

  • 問題解決の基本手順

    1.問題解決で個人と集団プロセスの相違  下表1に問題解決の手順を6種類のせました。この順番は、時代順でもありますが、単にステップが複雑になっているだけの問題ではなさそうです。  ポイントを絞ると、(1)と(2)は完全な個人発想のプロセス論、(…

  • 強烈な問題意識が創造のスタート、固定観念から抜け出せ!

    1.ビジネスマンに必要な感性  ビジネスマンは、すべからく企画マンであるべき時代です。企画マンにとって最も大切なものは鋭敏な感受性であり、別な言葉で言えば「感性」といえましょう。アメリカの著名な心理学者ギルフォードは「創造力のある人」の素質として…

セルフアセスメント
アイデア発想法」の活用事例
  • しつこく繰り返して、発見や発明を生んだ事例1-噴射式復水器、蓄音機-

    1.蒸気の性質を科学的に調べ続け、実用に耐える蒸気機関を完成させた、イギリスの科学者ジェームズ・ワット    産業革命を推進する原動力となった蒸気機関。その実用化に成功したのは、イギリスの技術者ジェームズ・ワットです。蒸気の力を利用したポンプと…

  • 連想ゲームで発想した事例 -電池と振り子時計-

    1.ガルバーニの研究を受け継いで、最初の電池を考案したイタリアの物理学者アレッサンドロ・ボルタ  最初に電池を考案したのは、イタリアのアレッサンドロ・ボルタという物理学者で、1800年のことです。これは18世紀最大の発明ともいわれ、以後電気の利用…

  • 失敗の繰り返しが発明を生んだ事例4 -ベッセマー製鋼法、セルロイド-

    1.反射炉の運転でミスをしたことから、新しい製鋼法を発見した、イギリスの発明家 ヘンリー・ベッセマー  製鋼法で画期的な発明を成し遂げたのが、イギリスの発明家・企業家です。ヘンリー・ベッセマーは、父親の活版工場で、切手印刷機、活字鋳造機、植字…

  • 発明事例-実験で出たガスの臭いから未知の生成物を直観、合成ゴム発明の物語

     アセチレンの研究に没頭していたアメリカの化学者ジュリアス・オーサー・ニューランドは、ある時アセチレンを銅とアルカリ金属の塩化物の溶液に通すと奇妙なにおいがすることに気づきました。このにおいのほかに、これといって激しい反応があるわけではありませんで…


オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら