印刷する

ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > 空間型アイデア収束技法「クロス法 」、発想カードを出してスタート

アイデア発想法」の技法解説記事



空間型アイデア収束技法「クロス法 」、発想カードを出してスタート

1.クロス法とは

 クロス法は、発想データを項目別にまとめ、各データの評価まで一挙に行う技法で、アメリカのグレゴリーの7×7法から、(株)創造開発研究所の高橋誠がヒントを得て考案したものです。個人でも少人数でも利用が可能です。

 

 2.クロス法の進め方

 まず発散技法で発想カードを出してスタートし、以下次のように進めます。

 

  •  ① データ発想..………...データをカードに記入する・具体的なカードを出す
  •  ② データ広げ………….デスク上に全カードを並べる・全員で全カードをよく読む
  •  ③ 項目別に分類………内容の同一性で集める・5~10項目程度(10枚以内)
  •  ④ 項目名の決定………別カードに赤字で書く・中のカードが分かる名前に
  •  ⑤ 項目順の決定…..…..項目の順位を決める・項目内カードを順位ごとに用紙に移す
  •  ⑥ 項目内順位の決定…用紙に順位ごと上から下へカードはり・不要カードは捨てる

 

 以上がクロス法のステップです。あとは結果をOHPシートにまとめて発表したりします。このように発散データを項目としてまとめ、全データを一挙に評価までもっていくのがこの技法の特徴です。用紙の左側に近くかつ上位のカードほど重要なデータとなります。

 実例を下図1に示しますので、参考にしてください。

クロス法の図1.クロス法の実施例



アイデア発想法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「髙橋 誠」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



「創造」はグローバル社会を生き抜くために日本、そして日本人にとって不可欠な要件です。ここまでに築いてきた創造性関連者とのネットワークと共に、日本を創造人を大切にする「創造主義の国」にするべく邁進していきます。 続きを読む

アイデア発想法」の質問

ゴードン法 (2016-10-26 08:59:14)
アイデア出しの手法 (2015-11-17 16:04:04)
アイディア発想法について (2012-07-17 17:38:28)

アイデア発想法」の他の技法解説記事

創造的な可能性とは (2014-10-10)
アイデア発想法、シネクティクス法の進め方 (2014-07-31)
プレゼンは「さしすせそ」! (2015-01-30)
集団創造の進め方とチームづくり (2014-12-24)
集団での問題解決ふたつのアプローチ (2014-10-30)
問題解決の基本手順 (2014-10-23)
技術者・研究者のための「前に進む発想法」 (2016-08-26)
系列型収束アイデア発想―因果分析法の進め方 (2014-09-08)
強烈な問題意識が創造のスタート、固定観念から抜け出せ! (2014-10-17)
大量の発想データを整理するには「ブロック法」を活用しよう! (2014-08-29)

アイデア発想法」の活用事例

自然界をヒントにした発想事例1 -ベンゼン核、座標軸、万有引力- (2015-08-07)
ヒット商品をひらめく時-シャープペンシルと芳香剤 (2015-06-01)
必要は発明の母-万年筆とボールペンのアイデア発想事例 (2015-04-20)
家族のひと言や行動が刺激になってひらめいた事例1.-編み機 、味の素 - (2015-09-09)
必要に迫られればアイデアが出る-紙と缶詰の場合 (2015-06-16)
連想がアイデアを生んだ事例 -カラオケと害虫駆除- (2015-07-15)
化学分野でのアイデア発想事例(元素と発酵) (2015-05-20)
自然界をヒントにした発想事例2 -砂漠鉄道、ダイナマイト、複式紡績機- (2015-08-17)
発想力を考える:ひらめき派と理論派 (2016-03-01)
失敗の繰り返しが発明を生んだ事例2-ナイロン、炭化タングステン- (2015-10-09)


オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)

月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。

MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス