ホーム > 活用事例 > 技法から活用事例を探す

知的財産マネジメント とは

知的財産は言うまでもなく、競争力確保のために重要な戦略的リソースであり、そのマネジメントは技術経営の中でも大きな位置を占めます。 実用新案、意匠、商標、著作権なども含みますが、ものづくりにおいては何といっても特許権が重要であり、先端技術の事業化、収益化にあたっては、この権利をどのように取れるか、使うかによって結果が全く違ってきます。 他社の利用が確認できない製法特許では、出願した上で公開前に取り消すといった秘匿化対応が有効な場合もあります。




ピクトグラムの著作物性 New!(2017-11-28)
「峠の釜飯」の釜の秘密とは (2017-09-28)
デザインによる知的資産経営:「ブランドづくり」(その4) (2016-09-14)
デザインによる知的資産経営:「ブランドづくり」(その3) (2016-09-13)
デザインによる知的資産経営:「ブランドづくり」(その2) (2016-09-12)
デザインによる知的資産経営:「ブランドづくり」(その1) (2016-09-08)
知的財産における三位一体の戦略について【食品業界の事例】 (2012-12-18)
特許出願及び権利化の戦略について -京都大学iPS細胞研究所の事例 (2012-10-15)
自社コア技術の他用途への展開 -㈱氷温の事例- (2012-07-28)
中小企業の特許技術導入について ―森田テックの事例― (2012-07-07)
特許侵害訴訟のリスク事例(サトウの切り餅) 後編 (2012-06-08)
特許侵害訴訟のリスク事例(サトウの切り餅) 前編 (2012-06-05)





月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら