専門家「石橋 良造」プロフィール

石橋 良造

組織のしくみと個人の意識を同時に改革・改善することで、パフォーマンス・エクセレンスを追求し、実現する開発組織に変えます!

石橋 良造

専門家専門家A いしばし りょうぞう / 東京都 / 株式会社 RDPi

対応エリア 全国
グローバル化の限界、現場技術者の犠牲とは

 電気や機械に代表される日本の製造業は 1980年代からグローバル化(国際化)を進めてきました。ただ、2000年頃を境にその中身は大きく変化しています。1...

 電気や機械に代表される日本の製造業は 1980年代からグローバル化(国際化)を進めてきました。ただ、2000年頃を境にその中身は大きく変化しています。1...

新製品設計に取りかかることができない技術者とは

 前回の「グローバル化の限界、現場技術者の犠牲とは」により、製造移管(工場引継)の実情は把握できたでしょうか? 具体的な声を収集すると実に様々な問題が起き...

 前回の「グローバル化の限界、現場技術者の犠牲とは」により、製造移管(工場引継)の実情は把握できたでしょうか? 具体的な声を収集すると実に様々な問題が起き...

スーパーマンではなくプロフェッショナルな技術者に(その1)

 日本の製品開発現場が抱えている問題を分析すると、次のように整理することができます。   (1) 設計部門は製造移管に伴う製造現場とのやりとりに、全体...

 日本の製品開発現場が抱えている問題を分析すると、次のように整理することができます。   (1) 設計部門は製造移管に伴う製造現場とのやりとりに、全体...

スーパーマンではなくプロフェッショナルな技術者に(その2)

 前回のその1に続いて解説します。プロフェッショナルによる製品開発がどのようなものなのかを解説します。紹介するのは一例です。それぞれの開発現場で製品開発業...

 前回のその1に続いて解説します。プロフェッショナルによる製品開発がどのようなものなのかを解説します。紹介するのは一例です。それぞれの開発現場で製品開発業...

スーパーマンではなくプロフェッショナルな技術者に(その3)

 前回のその2に続いて解説します。プロフェッショナル体制の実現はマネジメントの創造性と実行力の成果です。決めた体制を組織図にして一段落したいところで、もう...

 前回のその2に続いて解説します。プロフェッショナル体制の実現はマネジメントの創造性と実行力の成果です。決めた体制を組織図にして一段落したいところで、もう...

擦り合わせ型と組み合わせ型、目指すべき開発体制とは(その1)

 開発における様々な業務が設計技術者に集中して、本来業務である新製品の開発に時間を割けない状況があり、解決のためには、プロフェッショナル化という考え方で開...

 開発における様々な業務が設計技術者に集中して、本来業務である新製品の開発に時間を割けない状況があり、解決のためには、プロフェッショナル化という考え方で開...

擦り合わせ型と組み合わせ型、目指すべき開発体制とは(その2)

 前回のその1に続いて解説します。擦り合わせ型と組み合わせ型、皆さんが開発している製品はどちらのタイプでしょうか。家電を中心としたセットメーカーの方、マイ...

 前回のその1に続いて解説します。擦り合わせ型と組み合わせ型、皆さんが開発している製品はどちらのタイプでしょうか。家電を中心としたセットメーカーの方、マイ...

擦り合わせ型と組み合わせ型、目指すべき開発体制とは(その3)

 「組み合わせ型」と「擦り合わせ型」の製品開発におけるマネジメントがどのような特徴を持っているのかを考察しましょう。「組み合わせ型」の開発マネジメントはト...

 「組み合わせ型」と「擦り合わせ型」の製品開発におけるマネジメントがどのような特徴を持っているのかを考察しましょう。「組み合わせ型」の開発マネジメントはト...

擦り合わせ能力を活かすマネジメントとは(その1)

  前回は、「擦り合わせ型開発」と「組み合わせ型開発」のモデルを使って、開発体制について考察しました。擦り合わせ型開発と組み合わせ型開発それぞれの特徴を説...

  前回は、「擦り合わせ型開発」と「組み合わせ型開発」のモデルを使って、開発体制について考察しました。擦り合わせ型開発と組み合わせ型開発それぞれの特徴を説...

追求するのは擦り合わせ能力を活かすマネジメント(その2)

 前回のその1に続いて解説します。それでは、まず「調整」の仕組みについて考えたいと思います。最初に質問です。調整の仕組みが欠如した製品開発はどのような状態...

 前回のその1に続いて解説します。それでは、まず「調整」の仕組みについて考えたいと思います。最初に質問です。調整の仕組みが欠如した製品開発はどのような状態...

追求するのは擦り合わせ能力を活かすマネジメント(その3)

 前回のその2に続いて解説します。図15は製品開発(設計)における調整の仕組みを詳細化したものです。「可視化」「分析」「視点切り替え」3つの要素から成り立...

 前回のその2に続いて解説します。図15は製品開発(設計)における調整の仕組みを詳細化したものです。「可視化」「分析」「視点切り替え」3つの要素から成り立...

仕組み見直しとグローバル化(その1)

◆「気づき」能力向上のカギは製品開発経験の活用  前回は、日本の多くの開発現場で「組み合わせ型」アーキテクチャの製品を「擦り合わせ型」の仕組み(組織...

◆「気づき」能力向上のカギは製品開発経験の活用  前回は、日本の多くの開発現場で「組み合わせ型」アーキテクチャの製品を「擦り合わせ型」の仕組み(組織...