これならできる!ミニデザインレビューの実践法

すぐに成果があがるデザインレビューの具体的進め方 
「身の丈に合った」DRの構築が必要
「充実化」よりも「継続性」を重視、
DRのダウンサイジング版を構築し、品質の安定や短期開発で
「勝つための設計力」を養います

セミナー講師

國井 良昌 氏
國井技術士設計事務所 所長
技術士 機械部門
1978年,横浜国立大学・工学部・機械工学科卒。
日立,及び,富士ゼロックスの高速レーザプリンタの設計に従事。富士ゼロックスでは,設計プロセス改革や設計審査長も務めた。
1999年より,國井技術士設計事務所として,設計コンサルタント,セミナー講師,大学非常勤講師としても活躍中。
(社)日本技術士会・機械部会幹事
・技術士(機械部門:機械設計/設計工学)
・横浜国立大学 大学院工学研究院 非常勤講師
・首都大学東京 大学院理工学研究科 非常勤講師

セミナー受講料

43,000円(消費税込・テキストおよび昼食を含みます)

セミナー趣旨

ISO9001でもデザインレビュー(DR)は、設計プロセス上の必須行為となっていますが、多くの企業で形骸化し、「技術説明会の場」と化しているのが実体です。
中小企業をはじめ一般企業では、大掛かりなデザインレビューのダウンサイジング版を図り、「ミニデザインレビュー(MDR)」または、「身の丈デザインレビュー(MDR)」の構築がお勧めです。
以下に本セミナーのポイントを示します。

1.中小企業に受入れやすいミニデザインレビューを実践指導
2.激化する短期開発サイクルに適したミニデザインレビューの導入を指導
3.トラブルの94%、コストの80%をミニデザインレビューで決定
4.誰のためでもない、「設計者のため」のミニデザインレビューを実践指導
5.技術教育の最高の場であるミニデザインレビューの継続のコツを伝授

セミナープログラム

1.デザインレビューの現状
1. 今,日本企業の開発現場が危ない!
2. デザインレビューは1回で終了せよ!
3. 大規模デザインレビューからミニデザインレビューへ

2.デザインレビュー設計書編
1. 設計書を審査するデザインレビューとは
2. 試作が一回不要となる「主要諸元の決定」
3. 簡易設計書(DQD)によるデザインレビューの実際

3.デザインレビューはここだけやればいい!
1. トラブル原因の98%がここにある
2. トラブル再発完全防止法を伝授
3. 設計変更は2種類しかない

4.デザインレビューFMEA編
1. FMEAを審査するデザインレビューとは
2. 最近の重大事故はこれで防げた!
3. FMEAによるデザインレビューの実際

5.ミニデザインレビューの超ノウハウマニュアル
1. クイックマニュアルでOK!
2. ここだけ審査すれば良い!
3. 却下した審査員は指導者となれ!

◎質疑応答