ホーム > 新着事例記事

新着事例記事

  • ミルクラン再考 (その1)

     今回のテーマである「ミルクラン」を物流用語集で調べてみると、「自動車会社の調達物流」の一環として行われているという書き方をしているケースを見かけることがあります。    ミルクランは何も自動車部品の物流に限って当てはまるものではないのです…


  • プロジェクト管理の仕組み (その35)システム設計3

     前回はシステム設計を、開発工程上はシステムエンジニアリングと、ハードやソフトなどのサブシステムのエンジニアリングの両方と定義しました。ここで、システムエンジニアリングとは、顧客の要望やニーズを整合性や一貫性を保証、あるいは、補完してハードウェアや…


  • スマートハウス :新環境経営 (その29)

     新環境経営への取組みについての話題を提供するに当たり、経済成長に邁進してきた中で発生した公害の歴史、CSRの取組の変遷、環境マネジメントシステム、有害物質管理の現状、エネルギーマネジメント、エコを経営に活かす、その後、省エネ、創エネ、畜エネについ…


  • 畜エネ2 :新環境経営 (その28)

     新環境経営への取組みについての話題を提供するに当たり、経済成長に邁進してきた中で発生した公害の歴史、CSRの取組の変遷、環境マネジメントシステム、有害物質管理の現状、エネルギーマネジメント、エコを経営に活かす、について解説してきました。その後省エ…


  • プロジェクト管理の仕組み (その34)システム設計2

     前回でシステム設計の位置づけが明確になったと思いますので、次に、多くの開発現場で起きているシステム設計の問題について考えてみたいと思います。次のようなことが典型的なものです。   1. 製品の企画や仕様がいつまでも決まらない  製品規模…


  • プロジェクト管理の仕組み (その33)システム設計1

     コンサルタントとして多くの開発現場に入ると、普段使っている単語、もしくは意味しているものが開発現場によって想像以上に違うことを実感します。たとえば、「レビュー」という基本的な単語ひとつとっても、開発工程ごとに完了確認を行うための公式な会議を意味す…


  • 畜エネ1 :新環境経営 (その27)

     新環境経営への取組みについての話題を提供するに当たり、経済成長に邁進してきた中で発生した公害の歴史、CSRの取組の変遷、環境マネジメントシステム、有害物質管理の現状、エネルギーマネジメント、エコを経営に活かす、について解説してきました。その後省エ…


  • メーカー物流の勘所 (その2)

     前回のその1に続いて解説します。   3. 容器モジュールの統一  サプライヤーごとに容器モジュールが異なることがありますので、これを統一しないまま取り組むとトラックに混載ができないことがあります。しかし、落ち着いて考えれば当然のことな…


  • プロジェクト管理の仕組み (その32)マトリクス体制での品質保証3

     前回のマトリクス体制での品質保証2に続いて解説します。    これまで説明してきたのは、プロジェクトごとに作成する品質計画(プロジェクト品質計画)、マトリクス体制では縦軸で作成する品質計画ですが、組織品質計画は、横軸の技術領域(職能)軸で作成…


  • プロジェクト管理の仕組み (その31)マトリクス体制での品質保証2

     前回のマトリクス体制での品質保証1に続いて解説します。品質計画は、製品開発に必要となる手順やリソースが誰によっていつ適用されるかを明確にした個別製品の開発計画そのものです。したがって、マトリクス体制の場合はプロジェクト軸で作成することになります。…






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら