ホーム > 新着事例記事

新着事例記事

  • 伸びる金型メーカーの秘訣 (その4)中小企業に適した5S:前編

       今回取り上げる金型メーカーは、愛知県にあるS製作所です。同社は、主に自動車の燃料タンクやブレーキの油圧等で使用されるプラスチック製品の金型製造から量産成形まで行っています、従業員40名の射出成形金型メーカーです。今回は、ラベルシール・カード…


  • 人的資源マネジメント:リーダーを育てる製品開発(その1)

     前回は製品群(ラインナップ)を一括して開発する方法について紹介しましたが、今回は、テーマを技術者育成に戻したいと思います。    製造装置を開発しているあるメーカーで、約1年半の間、製品開発マネジメントの改善と合わせて、リーダーを育てる取…


  • 人的資源マネジメント:B to Bの請負型製品開発の改善(その2)

     BtoBの請負型製品開発の改善事例として、開発上流での取り組みや、全体最適となる取り組みについて解説しています。前回のその1に続いて解説します。   4. コア技術開発プロセスの効果  今回、取り組んだ改善では、まだ目に見える効果は出て…


  • 物流と自動化

    1. 安全が心配される業務  最近はどの産業でも自動化の技術が導入されつつあります。物流は自動化には比較的適した産業だと考えられます。皆さんの会社ではいかがでしょうか。たとえば、工程間運搬などはもうAGV(自動運搬車)でもよいのかもしれません…


  • 人的資源マネジメント:B to Bの請負型製品開発の改善(その1)

     今回は、B to Bの請負型製品開発の改善事例として、開発上流での取り組みや、全体最適となる取り組みについて解説します。   1. 開発の特徴と課題  B to B の請負型といっても様々な製品開発があるので、まずは今回の話がどのような…


  • 海外進出時に物流面で留意すべきこと

    ◆ 経済成長とともに海外物流の役割が変化  既に海外進出している企業も、これから海外進出する企業も、再度その役割に応じた機能が達成できているかを確認して進めた方が良いでしょう。経済動向に合わせてその役割が変わってきているのが現状です。最初にそ…


  • 人的資源マネジメント:技術者育成のパフォーマンス(その6)

     前回のその5に続いて解説します。   3. 個人と組織とのエンゲージメント  組織の価値観と個人の価値観の重なりである共有ゾーンを増やすにはどうしたらいいでしょうか。ここで質問です。    「仕事をする上で大切なこと、大事にしている…


  • 『坂の上の雲』に学ぶ先人の知恵(その22)

     『坂の上の雲』は司馬遼太郎が残した多くの作品の中で、最もビジネス関係者が愛読しているものの一つでしょう。これには企業がビジネスと言う戦場で勝利をおさめる為のヒントが豊富に隠されています。『坂の上の雲』に学ぶマネジメント、『学習する組織をめざせ』の…


  • 伸びる金型メーカーの秘訣 (その3)事業承継による変革

        今回、紹介する加工メーカーは、創立は大正15年から続く、老舗の溶接製缶メーカーのD社です。D社は、永年培った職人技術と、最新のレーザー切断やレーザー溶接などを駆使し、二百を超える多くの顧客の要望に応えるものづくりを行っています。   …


  • 購買部門と物流部門との関係とは

      1. 購入費低減と物流改善  会社の中には多くの部門があります。会社の規模が大きくなればなるほど部門が増え、部門間の壁も厚くなりがちです。すべての部門が同じ方向を向いて仕事ができればよいのですが、多少の軋轢はつきものです。そのような中で…


もっと見る



月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら