物流業センター長の役割(その3) 管理監督者向け教育とは

New

 
  
SCM
 

(1) 物流センター長を育成していくための教育訓練プログラム

 物流センター長は既にお話させていただきました3つの役割を果たさなければなりません。しかし現時点でこれらが十分にできていないセンター長がいる会社もあることでしょう。そこで会社として物流センター長を育成していくための教育訓練プログラムを構築して実践することが求められます。
 
 よく現場の長が頼りなくて・・・、という話をお聞きしますが、会社が期待値に応えられるような育て方をしてこなかったわけですからそれは当然です。ですから、日々の自職場の収支がわかるように、いろいろなケースで教育していかなければならないのです。
 
 部下を育成するスキルも同様です。そして改善スキルについてもしっかりと教育していくことが重要になってくるわけです。今まで管理監督者向けの教育をしっかりとやってこなかった会社は今後のことを考えてきちんと対応していくと良いと思います。
 
 時間もコストもかかるかもしれません。しかしこれは会社の将来のための「投資」です。そこをけちることなくやっていくことが重要なのです。
 

(2) 物流センター長はマネジメント力重視

 物流現場上がりのセンター長の場合、作業に興味があってもマネジメントに興味が無いという人もいます。何かというと理由を付けて現場作業に入りたがるようなタイプです。一方で現場を知らなくてもマネジメントはきちんとできる人がいます。どちらも一長一短ですが、やはりセンター長はマネジメント力重視でいくべきではないでしょうか。
 
 まったく現場に行かない管理者では困りますが、別に自分で実業務ができなくても良いのです。人を使って目標を達成することがマネージャーの役割だからです。むしろ現場に入りたがる人の方が要注意です。それによって管理の時間が取れないような人の場合、現場に戻した方が良いかもしれません。
 
 会社は複数センターがある場合はそれぞれのセンター長を評価してパフォーマンスに応じた賞与にするべきです。良くできた人とそうでもない人に差を付けないことは悪平等にすぎません。この点は十分に注意しましょう。
 

この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

「えっ!物流改善ってそんなに儲かるの?」と驚かれる方がいらっしゃいます。はい、物流を効率化することは会社の利益率に影響するほどの効果があります。 皆さんこんにちは!物流改革請負人の仙石惠一と申します。弊職は日本でも屈指のサプライチェーン…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン