物流業センター長の役割(その1) 会社収支の掌握と人財育成

 
  
SCM
 
 物流業に限らず現場の長の役割は非常に重要です。その長のマネジメント次第で現場のパフォーマンスそして会社の収益が全く違ったものになります。ただし残念ながら物流業界では現場の長たる物流センター長が満足に育っていないケースが見受けられます。ということで物流センター長の役割について再認識するとともに、現場をマネジメントできる人財をどのように育てていかなければならないかについて考えてみたいと思います。
 

(1) 会社収支の掌握

 第一に挙げられることはその現場の収益を向上させることではないでしょうか。各現場の集合体が会社になりますので、それぞれの現場がきちんと営業利益を確保しないと会社が儲かることはありません。そこでセンター長は自らの現場がどれくらいの売り上げを確保でき、その売り上げのためにいくら経費をかけたのかがわかっていなければなりません。
 
 当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、意外とこれができていない現場がたくさんあるのです。何となく仕事をしたら結果としてこれだけの利益が出た、というような場当たり的な現場があることは見過ごせません。
 
 まさにサラリーマン的な発想のセンター長が自分の配下の現場の収益を気にしない典型例です。本来であれば日々の収益がどれくらいなのかを把握したいところですが、月次でも場当たり的、成行きでの結果が出ている状態は望ましくありません。もしこのようなセンター長がいるのであれば改めて教育をし直さなければならないでしょう。これは会社の責任です。
 

セミナー「会社の利益が上がる!顧客要望に応える生産管理」

10:00 ~ 17:00 

[東京・大井町] きゅりあん 4階 研修室 

46,440円

(2) 人財育成

 第二の役割は人財育成でしょう。センター長に限らず管理者であれば誰しもやらなければならないのが部下の育成です。現場のパフォーマンスを最大限に発揮するためには良い人財を揃える必要がありますが、それは人財育成のプロセスを通して実施しなければなりません。
 
 物流センター長は自職場でどのようなスキルが必要かを整理し、今の部下の実力を把握します。そしてその部下への要求水準と比較し不足している部分を明確化する必要があるのです。この要求水準とのギャップについてどのように埋めていくのかが「教育・トレーニング計画」になるということです。
 
 次回に続きます。
 

この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

「えっ!物流改善ってそんなに儲かるの?」と驚かれる方がいらっしゃいます。はい、物流を効率化することは会社の利益率に影響するほどの効果があります。 皆さんこんにちは!物流改革請負人の仙石惠一と申します。弊職は日本でも屈指のサプライチェーン…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「サプライチェーンマネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン