気づいていない資産を活かすような現場改善活動とは

 
  
生産マネジメント
 
 今回は、従来からの慣習にとらわれることなく、作業を見直し、気づいていない資産を活かすような現場改善活動は、どのように進めればよいかを考えます。
 

1. 現状把握

(1) 顕在化をする

 数人の管理職で現場を巡回し、不用な物かどうかチェックし、自分たちに分かりやすい絵符(絵とか符号)を付けます。これにより、撤去可能な物がある程度見えて来ます。複数の人が見ると、見慣れたことによる見落としが防げます。出来れば第三者も入れたいです。普段見慣れたものの顕在化です。この時点では、撤去はしないことです。
 

(2) 作業者の動作を観察する

 移動距離が長いとか、重量物を手作業で運搬しているとか、戻りのある移動をしているなどを拾い出します。効率的な動きをしていればよいのですが、無駄な動作、行動、不安全な動作などが無いかどうかを見ます。
 

2. 現場改善

(1) 作業者と相談し、理解を得ながら、不用な物は撤去する

 作業者に理解してもらえないと、またすぐ元に戻ってしまいますので、良く話し込み、納得した上で整理・撤去しましょう。元の方がやりやすいですから、慣れるまでは、元に戻らないようしばらくはフォローを続けます。
 

(2) 動作、行動は、流れ矢線化する

 これは、矢が流れるように作業、物を移動させるレイアウトづくりです。戻りのある作業はロスと考えます。事故、災害の発生が予測出来そうな場合は、それも改善して行くことです。常に観察していて、労働災害の芽をつむ。労働災害がひとたび起きると、人的、及び費用的にも大きなロスになります。
 

(3) 原材料管理

 現場に物が多いと労働災害の元になりますから、必要な分を現場に持ち込むようにしましょう。また、物流を阻害する場合も有ります。必要な分しか持ち込めないようにするのです。例えば3日分であれば、3日分の現材料しか置けないようにするのです。これは3定管理の考え方です。(定められた品目を、定められた量だけ、定められた場所に置きます(定品、定量、定位置)
 
 現場の在庫が幾つになったら、外から幾つ持ち込むと言うルールを作りましょう。これがルール通りに出来るようになれば、外の在庫管理で、過剰在庫も持たず発注も正確になります。(バーコード管理などの手法も有りますがここでは、仕組みだけの話にします。これは情報の整理の部分です。
 

(4) 不用品の管理・保管

 絵符付けして、とりあえず不用とみなされたものは、倉庫、又は、区切られた場所できちんと保管しておきます。現在使用中のものが劣化、破損、あるいは増産の場合に、直ぐ購入するのではなく、その保管場所を確認し、それでもなかったら購入するようにします。
 

セミナー「会社の利益が上がる!顧客要望に応える生産管理」

10:00 ~ 17:00 

[東京・大井町] きゅりあん 4階 研修室 

46,440円

3. 情報の整理

 これは難しいことですが、情報、不満、愚痴なども同じ人に届くような仕組み作りです。内容を分類して、優先度を付け改善して行くことです。不満や愚痴には、やり難いなど改善点が潜んでいるのです。それらを顕在化させます。それらを改善できた場合には、作業者にフィードバックしたり、お陰で合理化出来たとねぎらうことも重要です。こんなことをしながら、相互に協力しながら、良い関係を構築し風通しの良い現場を作って行くことが肝要です。
 

この記事の著者

清水 英範

ゴミによる品質問題への対応(クリーン化活動)を中心に、安全、人財育成等も含め多面的、総合的なアドバイス。クリーンルームの有無に限らず現場中心に体質改善、強化のお手伝いをいたします。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「生産マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「清水 英範」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン