「人財教育」とは

人材教育の必要性はいつの時代も疑いの余地がありません。 人的資源は、経営理念-経営戦略-人事戦略という上位事項からのブレークダウンで管理され、人材採用、人材育成、人材活用、人材評価・処遇という4要素の中で、バランスとタイミング良く効果的に計画し、実施します。 企業内の教育形態はOJT、Off-JTと自己啓発に分類され、それぞれの特徴を活かし、一人一人の能力を高めることで企業の財産となります。

◆関連解説記事『ものづくり現場の体質改善から人財育成を考える(その1)』

◆関連セミナー紹介

◆関連教材紹介

 


「人財教育」のキーワード解説記事

もっと見る
クリーン化について(その84)人財育成について

  【この連載の前回へのリンク】 ここで、人財育成について触れます。クリーン化と人財育成、安全は密接な関係にあると考えています。クリーン...

  【この連載の前回へのリンク】 ここで、人財育成について触れます。クリーン化と人財育成、安全は密接な関係にあると考えています。クリーン...


アクティブラーニング、文科省が推進する理由をわかりやすく解説

  第4次産業革命が進行中の現代、AI・IoT・DX技術などの発達で、何を創るかのフロントランナーの時代へとパラダイムシフトしています。企...

  第4次産業革命が進行中の現代、AI・IoT・DX技術などの発達で、何を創るかのフロントランナーの時代へとパラダイムシフトしています。企...


技術者倫理とは?

  技術者倫理、倫理綱領は知っているが、何となく腑に落ちないというあなたに、技術者倫理の考え方とその必要性を解説します。 ◆関連解説『人...

  技術者倫理、倫理綱領は知っているが、何となく腑に落ちないというあなたに、技術者倫理の考え方とその必要性を解説します。 ◆関連解説『人...


「人財教育」の活用事例

もっと見る
部下の育成とは:物流管理者の育て方(その3)

  ◆ 部下の育成 皆さんの会社の物流管理者は部下の育成をしっかりとできていますでしょうか。自部門で必要なスキルを棚卸し、それを確実にで...

  ◆ 部下の育成 皆さんの会社の物流管理者は部下の育成をしっかりとできていますでしょうか。自部門で必要なスキルを棚卸し、それを確実にで...


自部門の数値把握:物流管理者の育て方(その2)

  ◆ 自部門の数値把握 現場に入りがちな管理者はそれが管理者として当たり前の仕事、かつ褒められてしかるべき行為だと考えている節があります。もし管...

  ◆ 自部門の数値把握 現場に入りがちな管理者はそれが管理者として当たり前の仕事、かつ褒められてしかるべき行為だと考えている節があります。もし管...


名選手、名監督にあらず:物流管理者の育て方(その1)

  ◆ 名選手、名監督にあらず 昔から「名選手、名監督にあらず」ということが言われています。プロ野球でもよくあることです。一流選手が監督...

  ◆ 名選手、名監督にあらず 昔から「名選手、名監督にあらず」ということが言われています。プロ野球でもよくあることです。一流選手が監督...